世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000028575

膵臓癌 − 2029年までの疫学予測

GlobalData

Pancreatic Cancer - Epidemiology Forecast to 2029

発刊日 2020/11/30

言語英語

体裁PDF/46ページ

「PDF」版46ページ

0000028575

膵臓癌 − 2029年までの疫学予測
Pancreatic Cancer - Epidemiology Forecast to 2029

3,995 USD

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

レポート概要

膵臓癌(国際疾病統計分類、第10版[ICD-10]コード= C25)は、世界で7番目に多い癌による死亡原因です。膵臓癌は、膵臓の細胞がDNAに変異を生じ、制御不能に増殖したときに発生します。これらの蓄積細胞は腫瘍を形成します。未治療の膵臓癌は、近くの臓器や血管に転移します。PDAC(膵管腺癌)または膵臓外分泌癌は最も一般的なタイプの膵臓癌であり、膵臓の管に並ぶ細胞から発生します。PDACは攻撃的な形態の膵臓癌であり、患者の約60〜80%がすでに発症時に遠隔転移を起こします。

GlobalData社の疫学者は、年齢と発生率の有意な関係を考慮して、年齢別および性別の診断された発生率と有病率を使用して、診断された発生率と有病率を予測しました。GobalData社の疫学者は、可能な限り、各国の膵臓癌の発生率を各国の人口に適用して、診断された発生率の推定症例数を取得しました。

世界のPDAC(膵管腺癌)は、2019年、8ヵ国の主要市場(8MM:アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、中国都市部)において診断された症例が17万8,128例となりました。2.62%の年間成長率(AGR)で増加し、2029年には22万4,769例に増加すると予測されています。この増加は、それぞれの市場の根本的な人口動態の変化と組み合わされた、8MMでの発生率の緩やかな上昇傾向に部分的に起因しています。8MMでは、5年間に診断されたPDACの有病率は2019年の11万3,292例から2029年には14万914例に増加し、AGRは2.44%になります。特に高齢患者のための早期診断とより効果的な治療法の開発は、PDACからの生存率を改善するでしょう。

■ 調査範囲

  • 8主要市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本、中国の都市部)におけるPDAC(膵管腺癌)の危険因子と世界的な傾向の概要を示しています。
  • 本このレポートには、8MM全体の以下のセグメンテーションの10年間の疫学的予測が含まれています;膵臓癌およびPDACの診断された発生症例;性別および年齢別(18〜29歳、30〜39歳、40〜49歳、50〜59歳、60〜69歳、70〜79歳、および80歳以上)のPDAC;5年間の診断されたPDACの有症症例;癌の病期分類別の診断されたPDACの発生症例;バイオマーカー別の診断されたPDACの発生症例。
  • 本レポートは、修士および博士レベルの疫学者によって作成および作成されています。
  • 本レポートは、詳細、高品質、透明性、市場主導型であり、8主要市場の疾患傾向の専門家による分析を提供します。

レポート詳細

目次

Table of Contents

1 Table of Contents
1.1 List of Tables
1.2 List of Figures

2 Pancreatic Cancer: Executive Summary
2.1 Catalyst
2.2 Related Reports
2.3 Upcoming Reports

3 Epidemiology
3.1 Disease Background
3.2 Risk Factors and Comorbidities
3.3 Global and Historical Trends
3.4 Forecast Methodology
3.4.1 Sources
3.4.2 Forecast Assumptions and Methods
3.4.3 Diagnosed Incident Cases of Pancreatic Cancer and PDAC
3.4.4 Diagnosed Incident Cases of PDAC by Stages
3.4.5 Diagnosed Incident Cases of PDAC by Familial PDAC by Germline Mutation
3.4.6 Diagnosed Incident Cases of PDAC by KRAS and NTRK Gene Fusion Mutation
3.4.7 Diagnosed Incident Cases of PDAC by PD-L1 Expression
3.4.8 Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of PDAC
3.5 Epidemiological Forecast for Pancreatic Cancer, 2019-2029
3.5.1 Diagnosed Incident Cases of Pancreatic Cancer
3.5.2 Diagnosed Incident Cases of PDAC
3.5.3 Sex-Specific Diagnosed Incident Cases of PDAC
3.5.4 Age-Specific Diagnosed Incident Cases of PDAC
3.5.5 Diagnosed Incident Cases of PDAC by Stage at Diagnosis
3.5.6 Diagnosed Incident Cases of Familial PDAC by Germline Mutations
3.5.7 Diagnosed Incident Cases of PDAC by KRAS and NTRK Gene Mutations
3.5.8 Diagnosed Incident Cases of PDAC by PD-L1 Expression
3.5.9 Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of PDAC
3.6 Discussion
3.6.1 Epidemiological Forecast Insight
3.6.2 COVID-19 Impact
3.6.3 Limitations of the Analysis
3.6.4 Strengths of the Analysis

4 Appendix
4.1 Bibliography
4.2 About the Authors
4.2.1 Epidemiologist
4.2.2 Reviewers
4.2.3 Global Director of Therapy Analysis and Epidemiology
4.2.4 Global Head and EVP of Healthcare Operations and Strategy
4.3 About GlobalData
4.4 Contact Us
4.5 Disclaimer

List of Tables
Table 1: Summary of Newly Added Data Types and Countries
Table 2: Summary of Updated Data Types
Table 3: Risk Factors and Comorbidities for PDAC

List of Figures
Figure 1: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC, Both Sexes, Ages ≥18 Years, N, 2019 and 2029
Figure 2: 8MM, Diagnosed Incidence of PDAC, Men, Ages ≥18 Years, 2009-2029, Cases Per 100,000 Population
Figure 3: 8MM, Diagnosed Incidence of PDAC, Women, Ages ≥18 Years, 2009-2029, Cases Per 100,000 Population
Figure 4: 8MM, Sources Used and Not Used to Forecast the Diagnosed Incident Cases of Pancreatic Cancer and PDAC
Figure 5: 8MM, Sources Used to Forecast the Diagnosed Incident Cases of PDAC by Stage at Diagnosis
Figure 6: 8MM, Sources Used to Forecast the Diagnosed Incident Cases of Familial PDAC by Germline Mutation
Figure 7: 8MM, Sources Used to Forecast of PDAC by KRAS and NTRK Gene Fusion Mutation
Figure 8: 8MM, Sources Used to Forecast the PD-L1 Expression of PDAC
Figure 9: 8MM, Sources Used to Forecast Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of PDAC
Figure 10: 8MM, Diagnosed Incident Cases of Pancreatic Cancer, Both Sexes, Ages ≥18 Years, N, 2019
Figure 11: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC, Both Sexes, Ages ≥18 Years, N, 2019
Figure 12: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC, by Sex, Ages ≥18 Years, N, 2019
Figure 13: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC by Age, Both Sexes, N, 2019
Figure 14: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC by Stage at Diagnosis, Ages ≥18 Years, Both Sexes, N, 2019
Figure 15: 8MM, Diagnosed Incident Cases of Familial PDAC by Germline Mutations, Ages ≥18 Years, Both Sexes, N, 2019
Figure 16: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC by KRAS and NTRK Gene Fusion Mutations, Ages ≥18 Years, Both Sexes, N, 2019
Figure 17: 8MM, Diagnosed Incident Cases of PDAC by PD-L1 Expression, Ages ≥18 Years, Both Sexes, N, 2019
Figure 18: 8MM, Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of PDAC, Ages ≥18 Years, Both Sexes, N, 2019

この商品のレポートナンバー

0000028575

TOP