世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000028736

中国の遺伝子組み換えヒトトロンボポエチン市場の調査レポート、2021−2025

China Research and Intelligence Co., Ltd.

Investigation Report on China’s Recombinant Human Thrombopoietin Market, 2021-2025

発刊日 2021/01/15

言語英語

体裁PDF/30ページ

「PDF」版30ページ

0000028736

中国の遺伝子組み換えヒトトロンボポエチン市場の調査レポート、2021−2025
Investigation Report on China’s Recombinant Human Thrombopoietin Market, 2021-2025

2,400 USD

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

レポート概要

近年、中国における血小板減少症の発症率は上昇し続けています。血小板減少症は、一次性免疫性血小板減少症、白血病、再生不良性貧血などの血液疾患や、膠原病、肝疾患、がん化学療法において多く発症しますが、先天性または薬物誘発によるものもあります。一次性免疫性血小板減少症は臨床的に起こり易い血液疾患であり、血液疾患全体の3分の1を占めています。一次性免疫性血小板減少症の年間発症率は5/100,000から10/100,000です。中国における血小板減少症患者は毎年10万人以上ずつ増えています。

調査によると、。化学療法を受けている患者の20%~30%は明らかな血小板減少症に罹患していることが判明しています。その発症率はカルボプラチン単剤療法で81.80%、カルボプラチン併用療法で58.20%、ゲムシタビンで64.40%、パクリタキセルで59.30%となっています。遺伝子組み換えヒトトロンボポエチンのようなトロンボポエチンを使用することは血小板減少症の治療法の一つです。2005年に、Shenyang Sunshine Pharmaceutical Co., Ltd. が製造した遺伝子組み換えヒトトロンボポエチン(商品名:TPIAO)が中国における販売承認を取得しました。2020年末までは、Shenyang Sunshine Pharmaceutical Co., Ltd.が唯一、中国市場における遺伝子組み換えヒトトロンボポエチンの販売を承認されています。

中国では、遺伝子組み換えヒトトロンボポエチンは医師がそれを必要と認めた場合に、固形癌の化学療法に起因した血小板減少症(血小板数< 50×109/L)患者の治療に適用されます。血小板数が20×109/L以下で、糖質コルチコイドが無効の特発性血小板減少性紫斑病患者の治療にも使用されます。それは、血小板減少症の患者と、出血リスクが高まっている患者に限って適用されます。CRIの調査によると、遺伝子組み換えヒトトロンボポエチンが中国で発売されてから、売上は継続的に増加しています。2019年には12億5,700万CNYに達し、2015-2019年におけるCAGRは40.9%でした。

2020年におけるCOVID-19のアウトブレイクによって、中国の多くの病院で通常の業務ができなくなり、この製品の売上もマイナスの影響を受けました。したがって、CRIの推定によれば2020年における売上の伸び率は約2%で、売上は12億8,200万CNY、数量ベースでは約3%増、130万6,000バイアルとなっています。2021-2025年には増加率が徐々に回復し、2025年までには34億6500万CNY、2021-2025年のCAGRは20%、数量ベースでは353万バイアル、2021-2025年のCAGRは22%に達する見込みです。

レポート詳細

目次

Table of Contents

1 Relevant Concepts of Recombinant Human Thrombopoietin
1.1 Indications for Recombinant Human Thrombopoietin
1.2 Development of Recombinant Human Thrombopoietin in China
1.3 Patents and Government Approval on Recombinant Human Thrombopoietin in China
1.4 The impact of COVID-19 on Recombinant Human Thrombopoietin Market

2 Sales of Recombinant Human Thrombopoietin in China, 2015-2019
2.1 Sales Value of Recombinant Human Thrombopoietin
2.1.1 Overall Sales Value
2.1.2 Sales Value by Region
2.2 Sales Volume of Recombinant Human Thrombopoietin
2.2.1 Overall Sales Volume
2.2.2 Sales Volume by Region
2.3 Sales of Recombinant Human Thrombopoietin by Dosage Form in China, 2015-2019
2.3.1 Injections
2.3.2 Development Trend of Dosage Forms

3 Analysis on Major Manufacturer of Recombinant Human Thrombopoietin in China, 2015-2019
3.1 Market Share of Major Manufacturer of Recombinant Human Thrombopoietin
3.1.1 Market Share by Sales Value
3.1.2 Market Share by Sales Volume
3.2 Shenyang Sunshine Pharmaceutical Co., Ltd.
3.2.1 Enterprise Profile
3.2.2 Sales of Recombinant Human Thrombopoietin by Shenyang Sunshine Pharmaceutical Co., Ltd. in China

4 Prices of Recombinant Human Thrombopoietin in China, 2019-2020
4.1 Shenyang Sunshine Pharmaceutical Co., Ltd. (TPIAO)
4.2 Price Trend of Recombinant Human Thrombopoietin

5 Prospect of China’s Recombinant Human Thrombopoietin Market, 2019-2023
5.1 Factors Influencing Development of China’s Recombinant Human Thrombopoietin Market
5.1.1 Driving Forces and Market Opportunities
5.1.2 Threats and Challenges
5.2 Forecast on Market Size
5.3 Forecast on Market Trend

この商品のレポートナンバー

0000028736

TOP