世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000030237

製薬ロボットの世界市場:製品別・用途別・エンドユーザー別・地域別 - 2019年〜2020年の市場規模、シェア、トレンドのグローバル分析と2030年までの予測

Fatpos Global

Pharmaceutical Robot Market : Segmented by Product Outlook (Traditional Robots, Collective Robots); by Application (Picking and packaging, Inspection of Pharmaceutical drugs, Laboratory Applications); By End-User (Pharmaceutical companies and Research Laboratories) and Region - Global Analysis of Market Size, share & Trends for 2019-2020 and Forecasts to 2030

発刊日 2021/03/01

言語英語

体裁Word-PDF/94ページ

ライセンス/価格94ページ

0000030237

Single
Enterprise
Corporate

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※本レポートは、英文です。Word-PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

レポート概要

製品の概要

製薬ロボットとは、製薬業界で使用されるロボットのことです。マニピュレーター、センシングデバイス、ロボットツールなどが含まれます。製薬分野でロボットを使用することには多くの利点があります。ロボットは人間の3〜4倍効率的で、24時間365日働くことができます。医薬品の需要が高まるにつれ、多くの製薬会社がスピード、精度、自動化を求めているため、ロボットは医薬品の製造に重要な役割を果たしています。これらのロボットは、包装、充填、検査など、さまざまな作業に使用されます。ロボット工学のもう一つの利点は、医薬品の開発プロセスをスピードアップできることです。ロボットは、注射針、吸入器、点滴バッグ、糖尿病検査キットなどの機器の製造にも使用されています。製薬会社ではロボットシステムの導入が進んでおり、医薬品分野でのロボットシステムの利用は大きな可能性を秘めています。

市場のハイライト

  • 2030年に12.06%の顕著なCAGRが予測される製薬ロボットの世界市場

世界の医薬品ロボットは、2020年の1億112万USドルから、2030年には3億1,571万USドルを超え、今後数年間(2021年から2030年)に12.06%のCAGRで推移する見込みです。臨床試験、医薬品研究、研究所でのオペレーションを自動化するためのロボットの必要性が高まっていることに加えて、製造現場での自動化の必要性や、創薬にかかるコストが高いことが背景にあります。さらに、大手企業が技術的に優れたロボット機器を開発しており、市場の爆発的な拡大を促進しています。さらに、COVID-19の流行により、COVID-19後の世界的なサプライチェーンへの懸念を軽減するために、労働力不足に対処し、生産コストを削減し、外注ではなく自動化による自社製造を促進するために、医薬品ロボットの使用が加速しています。

製薬ロボット市場:セグメント

  • 2020年から2030年に最も高いCAGRで成長する皮膚科セグメント

世界の製薬ロボット市場は、製品別に従来型ロボットと協働型ロボットに分けられます。調剤、仕分け、キット組立、軽作業などの用途に加え、包装などの従来型の用途でもロボットの使用が増加していることから、予測期間中は従来型ロボットカテゴリーが市場シェアを独占すると予想されます。

  • 2020年から2030年に最も高いCAGRで成長する研究所セグメント

世界の医薬品ロボット市場は、用途別にピッキング・パッケージング、医薬品検査、研究所用途に分けられます。これらのうち研究所用途が最大の成長を示すと予想されます。医薬品製造段階への人間の関与が減少しているため、研究所での用途は、予測期間中に最も高い市場シェアを占めているとされています。 キャッピング、キャッピング解除、および手動ピペットは、ロボット工学が支援できる反復タスクのほんの一部です。

市場のダイナミクス

  • 推進要因
    ➣ 製造業におけるロボットシステムの認知度の高まり

ロボットシステムの認知度を高めるために、世界中でいくつかの会議、ワークショップ、展示会が開催されています。これらの会議は、自動化やロボット工学の分野で働く専門家、産業界、学生の間で、先端技術に対する認識を高め、知識を共有することを目的としています。これらのコースでは、ロボットが製薬分野でどのように使用される可能性があるか、それに伴う利点や危険性についても紹介しています。その結果、会議やセミナー、展示会の増加により、製薬ロボットの市場は予測期間中に上昇することが予想されます。

 ➣ 新興国で増加するメディカルツーリズム

研究開発(R&D)は、企業経営の重要な要素の一つです。製薬会社やバイオテクノロジー企業は、医療上および経済上最も高い可能性を秘めたさまざまな治療用途のための新規分子を生み出すために、研究開発(R&D)に多大な資源を投入しています。製薬企業は、高品質で革新的な製品を市場に提供するために、研究開発に多くの資金を投入しています。その結果、創薬プロセスを改善しながら費用と時間を節約するために、製薬会社やバイオテクノロジー企業の研究開発費が増加していることが、予測期間中、製薬ロボット市場の推進力となるでしょう。

  • 抑制要因
    ➣ 熟練した人材の不足

市場拡大の大きな障害となっているのが、優秀な人材の不足です。産業用ロボットは多様な分野であり、熟練した従業員を見つけ、維持することが大きな課題となっています。電気工学、組み込み工学、ソフトウェア工学、機械工学など、産業用ロボットの分野を専門とする人材が不足しています。また、特定の学歴や能力を持つ高学歴の人材も不足しており、特に高度な技術を取り入れた高付加価値のロボットを製造するために必要な人材が不足しています。インド、タイ、ブラジルなどの成長国では、産業用ロボットを操作できる人材が不足しています。これは、この分野の専門家には4〜5つの工学分野の知識が必要であり、教員不足が大きな問題となっているためです。

世界の製薬ロボット市場:主要企業

  • ABB Ltd.
    ➣ 会社概要
    ➣ ビジネス戦略
    ➣ 主要な製品の提供
    ➣ 財務実績
    ➣ 主要業績評価指標
    ➣ リスク分析
    ➣ 最近の開発
    ➣ 地域での存在感
    ➣ SWOT分析
  • Universal Robots A/S
  • 川崎重工業(Kawasaki Heavy Industries Ltd.)
  • 安川電機(Yaskawa Electric Corporation)
  • ファナック(FANUC America Corporation)
  • Marchesini Group S.p.A
  • セイコーエプソン(Seiko Epson Corporation)
  • デンソー(Denso Wave, Inc.)

製薬ロボットの世界市場:地域

世界の製薬ロボット市場は、地域別に、北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域(APAC)、および中東・アフリカの5つの主要な地域に分割されています。

アジア太平洋地域における世界の製薬ロボットは、2020年には41.9%の最大の市場シェアを占め、2021年から2030年の間にはより速いペースで成長すると予想されています。これは、日本のような国では、製薬企業の数が多いことが理由として挙げられます。さらに、国際ロボット連盟(IFR)によると、2019年の産業用ロボットの最大市場は中国でした。2020年10月に「Robotics & Automation」に掲載されたレポートによると、世界の産業用ロボットの設置台数のうち、中国が最も高い割合(140,500台)を占めました。これは、主に中国での売上が大きく伸びたことによるものです。そのため、これらの国に大規模な生産拠点を持つ著名な製薬企業が、この地域の市場を牽引することになるでしょう。

製薬ロボット市場は、さらに地域別に以下のように分類されます。

  • 北アメリカ市場の規模、シェア、動向、機会、前年比成長率、CAGR - アメリカ、カナダ
  • ラテンアメリカ市場の規模、シェア、動向、機会、前年比成長率、CAGR -メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、その他のラテンアメリカ地域
  • ヨーロッパ市場の規模、シェア、動向、機会、前年比成長率、CAGR - イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギー、ハンガリー、ルクセンブルグ、オランダ、ポーランド、スカンジナビア諸国、ロシア、トルコ、その他のヨーロッパ諸国
  • アジア太平洋地域市場の規模、シェア、トレンド、機会、前年比成長率、CAGR - インド、中国、韓国、日本、マレーシア、インドネシア、ニュージーランド、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域
  • 中東・アフリカ市場の規模、シェア、トレンド、機会、前年比成長率、CAGR - 北アフリカ、イスラエル、GCC、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域

市場セグメント
➣ 製品別
  ◇ 従来型ロボット
  ◇ 多関節ロボット
  ◇ スカラロボット
  ◇ デルタ/パラレルロボット
  ◇ 直角座標ロボット
  ◇ デュアルアームロボット
  ◇ 協働型ロボット
➣ 用途別
  ◇ ピッキング・パッケージング
  ◇ 医薬品検査
  ◇ 研究所用途
➣ エンドユーザー別
  ◇ 製薬企業
  ◇ 研究所

さらに、世界の製薬ロボット市場に関する以下の分析も行っています。

  • 製薬ロボット市場のダイナミクス
  • 製薬ロボットの市場規模
  • 需要と供給
  • 市場の最新動向/課題/挑戦
  • 競合他社と市場参入企業
  • 市場のバリューチェーン
  • 市場の推進要因と抑制要因

レポート詳細

目次

Contents
1. Executive Summary
2. Global Pharmaceutical Robot Market
1. Product Overview
2. Market Definition
3. Segmentation
4. Assumptions and Acronyms
3. Research Methodology
1. Research Objectives
2. Primary Research
3. Secondary Research
4. Forecast Model
5. Market Size Estimation
4. Average Pricing Analysis
5. Macro-Economic Indicators
6. Market Dynamics
1. Growth Drivers
2. Restraints
3. Opportunity
4. Trends
7. Correlation & Regression Analysis
1. Correlation Matrix
2. Regression Matrix
8. Recent Development, Policies & Regulatory Landscape
9. Risk Analysis
1. Demand Risk Analysis
2. Supply Risk Analysis
10. Global Pharmaceutical Robot Market Analysis
1. Porters Five Forces
1. Threat of New Entrants
2. Bargaining Power of Suppliers
3. Threat of Substitutes
4. Rivalry
2. PEST Analysis
1. Political
2. Economic
3. Social
4. Technological
11. Global Pharmaceutical Robot Market
1. Market Size & forecast, 2020A-2030F
1. By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. By Volume (Million Units) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
12. Global Pharmaceutical Robot Market: Market Segmentation
1. By Regions
1. North America:(U.S. and Canada),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Europe: (Germany, UK, France, Italy, Spain, and Rest of Europe),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. Asia-Pacific: (China, India, Japan, Australia and Rest of Asia Pacific),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
4. Latin America: (Brazil, Mexico, Rest of Latin America),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
5. Middle East and Africa, (South Africa and rest of MEA),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. By Product Outlook: Market Share (2020-2030F)
1. Traditional Robots, By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Articulated Robots,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. SCARA Robots,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
4. Delta/Parallel Robots,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
5. Cartesian Robots,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
6. Dual-arm Robots,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
7. Collaborative Pharmaceutical Robots,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. By Application: Market Share (2020-2030F)
1. Picking and Packaging,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Inspection of Pharmaceutical Drugs,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. Laboratory Applications,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
4. By End-User: Market Share (2020-2030F)
1. Pharmaceutical Companies,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Research Laboratories,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F

Company Profile
1. ABB Ltd.
1. Company Overview
2. Company Total Revenue (Financials)
3. Market Potential
4. Global Presence
5. Key Performance Indicators
6. SWOT Analysis
7. Product Launch
2. Universal Robots A/S
3. Kawasaki Heavy Industries Ltd.
4. Yaskawa Electric Corporation
5. FANUC America Corporation
6. Marchesini Group S.p.A
7. Seiko Epson Corporation
8. Denso Wave, Inc.
Consultant Recommendation
**The above-given segmentations and companies could be subjected to further modification based on in-depth feasibility studies conducted for the final deliverable.

この商品のレポートナンバー

0000030237

TOP