サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


高精細映像ビジネスの最新動向と将来展望

〜業務用(4K・8K)ビジネス〜

レポート概要

ポイント
東京五輪開催決定で拍車がかかる高精細映像ビジネスの現状と今後
撮影から送出までの業務用高精細映像機器の参入事業者と機器の概要
2020年 五輪イヤーの業務用高精細映像機器市場予測

2013年6月に総務省から「放送サービスの高度化に関する検討会 検討結果取りまとめ」が公表されました。

2020年に開催が予定されている東京五輪では、高精細映像を活用したスポーツの臨場感あふれる映像や来場者へのサイネージでの活用など、様々な用途が考えられています。

現状では、高精細な映像は、映画やゲームといった分野では定着しつつあります。また、普及への期待感から4Kコンテンツ制作は増加傾向にあります。

高精細映像ビジネスでは、エンターテイメント向けの映像だけでなく、医療やサイネージ、映像コミュニケーションなどといった業務分野での活用も有望です。

参入企業の多くはグローバルに展開しています。国内市場の活性化はグローバル市場の活性化にもつながっています。

4Kだけでなく、さらなる高精細の8Kも視聴体験の機会が増えてきており、その圧倒的な高画質が高い評価をうけています。 

現状では、業務用の高精細ビジネスは普及の緒についたばかりですが、機器が出そろい、新しい取組も増加傾向にあります。高精細映像ビジネスは着実に進展しています。 

本資料は、業務用高精細映像の市場の現状と最新分野動向をハード・ソリューション・コンテンツの多方面から分析しています。

サンプルを見る

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2014/2014081501.html

目次

Ⅰ.総括
  業務用高精細映像ビジネスの現状と今後

Ⅱ.高精細映像ビジネスについて
 1.高精細映像とは
 2.高精細映像ビジネス関連製品の対象範囲
 3.撮影から出力、保存までの流れ
 4.高精細映像関連製品動向
   (1) 参入企業の対応製品
   (2) 今回のレポートの調査範囲
   (3) 製品と参入企業
   (4) カメラ
   (5) プロジェクター
   (6) 収録関連機器・レコーダー
   (7) 伝送・送出・エンコーダ/デコーダ
   (8) 加工・編集装置
   (9) ディスプレイ
   (10) ソリューション
   (11) アーカイブ
   (12) ワークステーション
   (13) AV監視・テスト機器
 5.高精細映像の主な事例
 6.業界別の高精細映像ビジネスの動向
   (1) 国内の高精細映像ビジネスの動向
   (2) 国内の高精細映像機器の市場規模推計
 7.分野別市場規模
   (1) 放送・映画等コンテンツ制作関連機器
   (2) 上映・展示用映像
   (3) デジタルサイネージ
   (4) 医療関連機器
   (5) 教育分野
   (6) 映像コミュニケーション
   (7) 監視・セキュリティ
 8.北米・欧州・アジアの高精細映像動向

Ⅲ.参入企業各社について
 1.取材個票一覧
 2.各企業の取組分野
 3.取材先企業個票のコメント一覧
   (1) 製品・サービス
   (2) 製品・サービスの強みと現状の課題、事業の今後の展開
   (3) 製品・サービスの対象業種、利用用途、活用事例
   (4) 海外展開について
   (5) 高精細映像ビジネス市場について(現状と今後)
 4.各社の個票
   (1) アストロデザイン
   (2) アドビ システムズ
   (3) NTTビズリンク
   (4) オートデスク
   (5) クォンテル
   (6) ブラックマジックデザイン
   (7) アイティ・ニュース
   (8) エーディエス
   (9) 松竹マルチプレックスシアターズ
   (10) ティ・ジョイ
   (11) 日本電気
   (12) ブロードメディア

Ⅳ.資料
 1.高精細映像ビジネス関連団体
 2.ビデオ&オーディオコミュニケーションの最新動向
 3.教育ICTの最新動向
 4.プロジェクションマッピング参考事例

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
2014年版 テレビのニーズ調査 
〜2020年東京五輪開催決定。生活者が望むテレビやサービスの在り方と方向性を探る〜
172,800 円 2014/03/20
高精細映像ビジネス(2K、4K)の最新動向と将来展望 
〜 デジタルシネマ・業務用・ODS 〜
205,200 円 2012/07/10
東京五輪に向けたデジタルサイネージ市場の展望 
129,600 円 2015/06/19

発刊日

2014/08/04

体裁

A4 / 188ページ

販売価格

194,400 円
(本体180,000円 消費税14,400円)

発行

株式会社シード・プランニング

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版(CD-ROM)」単独での価格です。
※書籍版・PDF版同時購入の場合 販売価格:210,000円+消費税

関連カテゴリ

デジタル放送・CATV / インターネット通信インフラeビジネス / ホームネットワーク情報家電AV / 大型映像・ディスプレイ / デジタルコンテンツ・エンターテインメント

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE