サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


将来展望シリーズ 〜 Renewable Energy編 

2015年版 再生可能エネルギー市場の実態と将来展望

− 太陽j光・風力・バイオマス・中小水力・地熱・海洋 各発電最新動向/実態 −

レポート概要

東日本大震災を受けて、エネルギー政策の方向性として、再生可能エネルギーへの重点シフトが打ち出されています。政府は、2030年に太陽光や風力など再生可能エネルギーが国内発電量に占める割合が21%に達する見通しと発表しました。その際、エネルギー需給においても、需要家自らが重要な役割を担うことになります。国民一人一人がエネルギーの需要家であると同時に、エネルギーの生産者として再生可能エネルギーや蓄電システムを駆使することによって、従来の集権型エネルギーから、分散型エネルギーに転換していきます。
政府は、2015年4月からの再生可能エネルギーの買い取り価格で、太陽光発電は33〜35円など、3年連続の引き下げとなりました。今後の太陽光発電の導入ペースに影響が出るものとされています。2015年3月には電力9社の発送電を分離し、分社化するよう義務付ける電気事業法などの改正案が国会で成立予定です。
電力市場に異業種が参入しやすくなり、地域独占が続いた約8兆円の家庭向け市場の開放は総仕上げに入ります。料金の引き上げやサービスの多様化を促す狙いです。改正案の柱は、電力とガスの分社化義務付けです。電力の小売りに参入自由化は2000年から段階的に進んできましたが、16年4月から全面自由化することが決まっています。

レポート詳細

目次

序章 再生可能エネルギーに係わる最新動向
 1. 再生可能エネルギー関連の最新動向
  (1)再生可能エネルギーの導入の見通し
  (2)固定価格買取制度の価格案予測
  (3)再生可能エネルギーの概要と大別
  (4)再生可能エネルギー別世界市場推移/予測
  (5)電力自由化と発電事業について
  (2)新電力参入事業者数推移/シェア

第Ⅰ章 太陽光発電市場の動向と展望
 1. 太陽光発電世界市場の動向と実態
  (1)太陽光発電世界市場の概況と動向
    ①太陽光発電世界市場推移・予測(累計・新設)
    ②太陽電池世界メーカーシェア(2013〜14年度)
    ③太陽光発電地域別シェア(2013〜14年度
 2. 太陽光発電国内市場の動向と実態
  (1)太陽光発電国内市場の概況と動向
  (2)太陽光発電国内市場の業界構造
    ①太陽電池国内出荷量推移・予測(2008〜20年度)
    ②太陽電池用途別出荷量推移・予測(2002〜15年度)
    ③太陽電池用途別出荷量シェア(2012〜13年度)
    ④太陽電池国内向け生産推移・予測(2004〜15年度
    ⑤太陽電池輸入量推移・予測(2004〜15年度)
    ⑥太陽電池輸出量推移・予測(2004〜15年度)
    ⑦太陽電池国内総出荷量推移・予測(2004〜15年度)
    ⑧太陽電池国内総出荷量推移・予測(個別・〜15年度)
    ⑨太陽電池種類別出荷量推移・予測(2004〜15年度)
    ⑩太陽電池種類別出荷量構成比率(2012〜13年度)
  (3)太陽電池セル(モジュール)国内メーカー出荷量推移予測/シェア
    ①太陽電池セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ②太陽電池セル国内メーカーシェア(2012〜13年度)
    ③太陽電池単結晶セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ④太陽電池単結晶セル国内メーカーシェア(2013〜14年度)
    ⑤太陽電池多結晶セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ⑥太陽電池多結晶セル国内メーカーシェア(2013〜14年度)
    ⑦太陽電池薄膜型セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ⑧太陽電池薄膜型セル国内メーカーシェア(2013〜14年度)
    ⑨太陽電池ハイブリッドセル国内メーカー出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ⑩太陽電池ハイブリッドセル国内メーカーシェア(2013〜14年度)
  (4)国内メーカー別太陽電池セル出荷量推移・予測
    ①メーカー別単結晶セル出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ②メーカー別多結晶セル出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ③メーカー別薄膜型セル出荷量推移・予測(2007〜17年度)
    ④メーカー別ハイブリッドセル出荷量推移・予測(2007〜17年度)
 3. 海外の太陽光発電システムの動向
   ・地域別太陽光発電導入量推移・予測(2008〜17年度)
 4. 太陽光発電ロ−ドマップ(PV2030)
 5. 国内の太陽光発電システムの動向と展望
  (1)システム導入促進への取り組み
  (2)太陽光発電システムの導入と事例
  (太陽光発電システム別国内市場推移予測(出荷量)/
   システム別国内市場推移予測(金額・全体/個別)/ 国内構成比率)
 6. 太陽光発電システムの背景と取り組み
  (1)エネルギー政策場の位置付け
  (2)新エネルギー買い取り制度について
 6. 住宅用太陽光発電市場の動向と実態
  (1)住宅用太陽光発電市場の概況と動向
  (住宅用太陽光発電システム(件数・出荷量・金額)/システム平均価格/
   新設住宅着工戸数(国土交通省)
  以上 各市場推移・予測)

第Ⅱ章 風力発電市場の動向と展望
 1. 洋上風力発電世界市場の動向と実態
  (1)洋上風力発電世界市場概況と動向
  (2)洋上風力発電市場最新動向(欧州の動向 / 買い取り制度)
  (3)洋上風力発電の技術概要と動向
  (4)洋上風力発電の潜在性(ポテンシャル)
   ・洋上風力発電世界市場推移/シェア(2012〜13年)
   ・洋上風力発電世界市場長期推移・予測(2001〜2030年)
  (5)着床式洋上風力発電の技術開発動向
  ( 欧州/米国/中国/日本)
  【参 考】浮体式洋上風力発電の実証試験
 2. 洋上風力発電国内市場の動向と実態
  (1)着床式洋上風力発電システム実証研究
  【参 考】洋上風力発電等実証研究の概要
  (2)洋上風力発電国内市場の動向と展望
   ・洋上風力発電国内市場推移/シェア(2012〜13年)
   ・洋上風力発電国内市場長期予測(2005〜2050年)
 3.陸上風力発電世界市場の動向と実態
  (1)世界風力発電市場概況と動向
  (2)風力発電市場最新動向(世界 / 国内)
  (3)風力発電市場業界図(世界 / 国内)
   ・風力発電世界導入量推移予測(年別・累計)
   ・風力発電世界導入量長期推移予測(2001〜2030年)
  (4)国・地域別の導入規模と目標値
  (5)風力発電機メーカーシェア(世界)
   ・風力発電機メーカー世界シェア(2012〜13年)
 4.風力発電国内市場の動向と実態
  (1)国内風力発電市場概況と動向
  (2)国内風力発電市場推移・予測(グラフ)
   ・大型/中型/小型/マイクロ/ハイブリッド 各容量・基数推移予測
   ・国内風力発電市場長期推移予測(2001〜2030年度)
  (3)風力発電機メーカーシェア(国内)
   ・大型〜小型風力発電機メーカー国内シェア(2012〜13年度)
   ・大型〜小型風力発電事業者国内シェア(2012〜13年度)

第Ⅲ章 有力再生可能エネルギーの動向と展望
 1. バイオマス発電の動向と展望
  (1)バイオマス発電の概況と背景
  (2)海外の木質バオマスの動向
  (3)国内の木質バイオマスの事例
  (4)バイオマス発電世界市場推移・予測(金額)
  (5)関連企業・メーカーの動向
  (IHI(株) / 出光興産(株) / エア・ウォーター(株) / 王子HD(株) / 大阪ガス(株) /
   (株)大原鉄工所 / JFEエンジニアリング(株) / ZEエナジー / 昭和シェル石油(株) /
   住友林業(株) / (株)タクマ / 中部電力(株) / (株)東 芝 / ナカバヤシ(株) /
   日本ファーネス(株) / ファーストエスコ(株) / リナジェン(株))
 2. 地熱発電の動向と展望
  (1)地熱発電の概況と動向
  (2)地熱発電の現状について
  (3)地熱エネルギーの今後
  (4)地熱発電企業・メーカーの動向
  (出光興産(株) / JFEエンジニアリング(株) / 新日本科学(株) / 富士電機(株) /
    丸 紅(株) / 三井石油開発(株) / 三菱商事(株))
 3.中小水力発電市場の動向と展望
  (1)水力発電の概況と動向
  (2)国内外の水力発電の動向
  (3)国内の小水力発電の事例
  (4)中小水力発電関連企業・メーカーの動向
  (王子HD(株) / 川崎重工業(株) / (株)スマートエナジー / 丸 紅(株))
 4.海洋エネルギー発電の動向と実態
  (1)海洋エネルギー発電の動向
  (2)日本の海洋エネルギー発電

第Ⅳ章 再生可能エネルギー関連デバイスの動向
 1. リチウムイオン電池市場の動向と展望
 2. 産業用キャパシタ市場の動向と展望
 3. パワーデバイス市場の動向と展望
 4. 電解コンデンサ市場の動向と展望
 5. EMC・ノイズ対策市場の動向と展望
 6. 固定抵抗器市場の動向と展望
  ※各項目: 市場・技術概要/世界市場/シェア/メーカー動向

第Ⅴ章 再生可能エネルギーメーカーの動向と展望
 1. 国内太陽光発電関連メーカーの動向と展望(個票)
  (1)株式会社 カネカ
  (2)京セラ 株式会社
  (3)シャープ 株式会社
  (4)ソーラーフロンティア 株式会社
  (5)株式会社 東 芝
  (6)パナソニック 株式会社
  (7)富士電機 株式会社
  (8)三菱電機 株式会社
 2. 国内風力発電関連企業の動向と展望
  ※調査項目:企業概要、出荷実績・金額、事業・生産動向 等
  (1)エコ・パワー 株式会社
  (2)JX日鉱日石エネルギー 株式会社
  (3)電源開発 株式会社(J-POWER)
  (4)株式会社 酉島製作所
  (5)株式会社 日本製鋼所
  (6)日本風力開発 株式会社
  (7)株式会社 日立製作所
  (8)三菱重工業 株式会社
  (9)株式会社 ユーラスエナジーHD

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
2015年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望 
75,600 円 2015/01/30
2014年版 風力発電市場・技術の実態と将来展望 
− 洋上風力・陸上風力発電市場実態/予測・関連技術 −
75,600 円 2014/08/29

発刊日

2015/03/27

体裁

B5 / 220ページ

販売価格

75,600 円
(本体70,000円 消費税5,600円)

発行

株式会社日本エコノミックセンター

備考

※上記価格は「書籍版」か「CDタイプ(PDF)」単独の値段になります。
※書籍版+CDタイプ:90,000円 / 書籍版+プレミアムCD(PDF+Excel):110,000円 / プレミアムCD:90,000円
備考欄に記載された価格は全て税抜き価格です。消費税を加えた金額での販売となります。

関連カテゴリ

太陽光 / 電池・EV / エネルギー・環境(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE