サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


2015年版 水素社会実現に向けた自治体の戦略と取り組み

- 全国47都道府県の水素エネルギー利活用の取り組み -

レポート概要

ポイント
全国47都道府県と先進的な市町村の取り組みを網羅!
自治体の取り組みの動向と、今後の方向性を分析!

東日本大震災を契機として、再生可能エネルギーの導入拡大や地産地消型エネルギーのサプライチェーン構築の重要性がより一層高まっています。また、国際社会から要請される二酸化炭素の排出量削減が、依然、日本の大きな課題となっています。

これら状況の解決策として期待されているのが水素エネルギーです。水素エネルギーは水素を酸素と反応させたときに生じる電気と熱を指し、エネルギー利用時に水しか排出しないため究極のクリーンエネルギーと見られています。

また、水素は水の電気分解や、バイオマスから生じるガスの改質によって製造できるため、日本のいたる地域が水素エネルギーの潜在的な供給源となります。さらに、国内には工業工程で副次的に水素が発生している工業地域がいくつか存在しています。
日本のあらゆる地域で製造されうる水素を普及させるためには、各々の地域でその特性に沿った供給インフラを整備することが必要です。また、水素エネルギーの普及初期段階は、市場原理だけで十分な需要が見込めないため、政策的に需要を作り出すことが重要になります。

地域特性に沿った供給インフラと、それに対応しうる需要を同時に立ちあげるために、潜在的な関係者を巻き込み、供給側と需要側が戦略を共有して活動するよう調整する役割が、地方自治体に求められています。

本レポートは、全国47都道府県庁および市町村の水素エネルギーに関する取り組みの動向や今後の方向性を把握することで、地域ごとの水素社会の集合体として現れる、日本の水素社会の現状と今後の展望を考察するためのデータを提供するものです。

サンプルを見る

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2015/2015121001.html

目次

Ⅰ. 総括編
 1. 水素エネルギーの概要
   (1) 水素エネルギーとは
   (2) 水素の製造方法
   (3) 水素の輸送・貯蔵方法
   (4) 水素エネルギーの用途
 2. 水素エネルギーに関する国の取り組み
   (1) ロードマップ
     <フェーズ1期(2014年?)>
     <フェーズ2期(2020年代半ば?)>
     <フェーズ3期(2040年頃?)>
   (2) 水素エネルギーに関する国家予算
     <経済産業省>
     <環境省>
     <国土交通省>
     <内閣府>
 3. 水素エネルギーに関する自治体の取り組み
   (1) 自治体に期待される役割
   (2) 自治体の取り組み状況
     1) 自治体の取り組みの類型
     <FCVおよび水素ステーションの導入促進型>
     <副生水素の利活用促進型>
     <下水汚泥由来水素の利活用型>
     <木質バイオマス由来水素の利活用型>
     <離島におけるエネルギーマネジメント型>
     <大規模・大量の水素サプライチェーン構築型>
     2) 自治体による形態別の取り組み状況
     <自治体が主催する協議会・研究会>
     <事業可能性調査>
     <実証事業>
     <実用段階の事業>
     <研究開発支援および事業化支援>
     <商用水素ステーションの整備促進事業>
     <燃料電池車およびエネファームの導入に関する補助金>
     ①燃料電池車の導入に関する補助金
     ②エネファームの導入に関する補助金
   (3) 各エリアの水素エネルギー利活用の概況
   (4) 都道府県の水素エネルギーに関する予算
 4. 水素エネルギーの国内市場規模
   (1) 市場規模・概算
   (2) 水素社会の到来のシナリオ

Ⅱ.自治体個票編(47都道府県)
  自治体個票編の調査項目
  ■ 都道府県
  (1) 概要
  (2) 水素エネルギー関連事業の担当部署
  (3) 水素エネルギーに関する取り組み
  (4) 水素エネルギーに関する予算
  (5) 地域における水素の供給源
  ■ 市区町村

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
植物工場の事例・データおよび分析 - 完全人工光型・人工光併用型編 - 
129,600 円 2015/07/22
スマートホーム市場の動向と展望 
- 電力自由化とIoTで進化するHEMSを中心としたホームネットワークビジネス -
194,400 円 2015/06/16
再生可能エネルギー発電施設遠隔監視システム及びO&Mサービス市場の動向と展望 
129,600 円 2015/03/02
2017年版 地方自治体における再生可能エネルギー政策の現状と分析 
〜持続可能なスマートシティ実現に向けた取り組み〜
129,600 円 2017/01/06

発刊日

2015/11/16

体裁

A4 / 251ページ

販売価格

129,600 円
(本体120,000円 消費税9,600円)

発行

株式会社シード・プランニング

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版(CD-ROM)」単独での価格です。
※書籍版・PDF版同時購入の場合 販売価格:150,000円+消費税

関連カテゴリ

バイオ燃料(バイオディーゼル・バイオエタノール) / スマートグリッド・スマートシティ / 電池・EV / 環境 / エネルギー・環境(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE