サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


人工知能白書2016年版 〜機械学習から自律型ロボットまで〜 PDF版

レポート概要

人工知能/機械学習を使った先進・先端技術およびそのソリューションは、ほとんどあらゆる領域の産業・業界に及び、多様な用途に実装を果たしている。
政府は、人工知能、ロボット、ビッグデータおよびIoT型スマート工場などに軸足を置く姿勢を鮮明にして一層の成長市場の創出・拡大に力を入れている。
本白書は、IoT、機械学習、ビッグデータなど、各種スマートテクノロジーや次世代先進技術と人工知能との結合・融合・実装形態を巡る動向など、人工知能利活用のあらゆる可能性に焦点を当て、包括的に解説を加えたものである。
応用分野別、ソリューション別の最新動向・市場動向、領域別の課題点、今後の進展予測まで、人工知能先進ソリューションが関係するあらゆる領域を体系的・包括的に取り上げた調査報告書である。

レポート詳細

監修

IoT/スマートテック推進フォーラム

内容編成(目次)

第1章 人工知能/機械学習の技術・産業別動向、市場動向

 1-1 概況・近況

 1-2 人工知能の技術動向・進展予測
  [1] 進展予測に関する各種調査報告より

 1-3 産業構造への影響
  [1] 総務省情報通信政策研究所 人工知能活用でもたらされる経済効果に関する調査報告書
  [2] 就業構造への影響
  [3] 生産性向上・業務効率化への影響

第2章 パターン認識とディープラーニング

 2-1 概説

 2-2 パターン認識の識別器別概説

 2-3 ニューラルネットワーク
  [1] 脳・神経ネットワークのモデル化とニューラルネットワーク

 2-4 ベイズ分類

 2-5 SVM(サポートベクターマシン)

 2-6 k近傍識別器

第3章 画像認識技術

 3-1 IoT/次世代ロボットの進展と画像認識
  [1] IoTの進展、クラウド化/AIプラットフォーム化の影響

 3-2 画像認識参入企業、サービス/アプリケーションを巡る動向
  [1] 画像認識技術の高度化に伴う多様化
  [2] 市場傾向・市場規模
  [3] 参入企業/ベンチャー企業動向
    -Pittsburg Pattern Recognition
    -Conway
    -他

 3-3 医療診断・病理診断向け先進画像処理
  [1] デジタルパソロジー(デジタル画像を用いた病理診断)の新潮流
  [2] 遠隔病理診断(テレパソロジー)の新潮流
  [3] 連携病理診断

 3-4 画像認識の企業向けアプリケーション動向
  [1] 顔認証
  [2] セキュリティ
  [3] 対象物認識
  [4] 防犯・公安
  [5] 不正検出/不良品検知
  [6] その他

 3-5 モバイル向け各種画像検索サービスの動向
  [1] Google
  [2] Amazon

 3-6 消費者向けオンライン画像サービスの動向
  [1] Flickr168 (Yahoo!)
  [2] Apple

第4章 音声認識と人工知能

 4-1 ディープラーニング進展とともに利用・研究が進む音声認識
  [1] 言語モデルと統計的手法による認識技術
  [2] ビッグデータ/IoT化の進展と音声認識処理への影響
  [3] 先進音声認識技術

 4-2 先進音声認識の参入企業、アプリケーション動向
  [1] 概況
  [2] 参入企業別動向概説
    -Genesys
    -Voxeo
    -Voxify
    -Google
    -IBM
    -Honeywell
    -advanced media
    -AT&T
    -eScrption
    -Philips Speech Recognition Systems
    -Nuance Communication
    -eScription
    -NTTアイティ
    -NEC
    -シーネット
    -他

 4-3 音声認識向け主要アプリケーション動向
  [1] 参入企業別動向概説
    -eScrption65 「AutoScript66(自動診断報告書作成ソフトウェア) 」
    -Philips Speech Recognition Systems 「Speech Magic68」
    -Nuance 「Dragon NatuallySpeaking」

 4-4 モバイルアプリケーションを巡る動き
  [1] モバイル系の音声認識アプリケーション
    -Nuance Communications
    -Google
    -Microsoft
    -Vlingo
    -VoiceBox Technologies
    -Fonix Speech
    -Shazam Entertainment

第5章 次世代プラットフォームと音声認識ソリューション

 5-1 スマートハウス/スマートホームにおける音声認識技術導入・活用

 5-2 家庭向け音声アシスタント端末
  [1] Amazon E
  [2] Google
  [3] ヤマハ

 5-3 企業向け音声データ利活用ソリューション/サービス
  [1] ニュアンス・コミュニケーションズ
  [2] 日立製作所
  [3] IBM
  [4] アドバンスト・メディア
  [5] AmiVoice
  [6] ES2008(エムシーツー)
  [7] AmiVoice SP
  [8] AmiVoice SP2
  [9] AmiVoice Ex7
  [10] AmiVoice CLx
  [11] NEC
  [12] VisualVoice
  [13] VoiceGraphy
  [14] WebOTX Speech Recognition
  [15] ハネウェル(Honeywell)
  [16] Vocollect
  [17] NTTアイティ
  [18] ADVICE
  [19] FutureVoice EX
  [20] SpeechRec
  [21] VoiceMail
  [22] シーネット

 5-4 物流業務向け音声認識ソリューション
  [1] ci.Himalayas/voiceシリーズ(voice/ex) 
  [2] ci.Himalayas/voiceシリーズ(ボイデジ)
  [3] フリー/オープンソースの音声認識ソフト
  [4] Julius

第6章 手書き文字認識と人工知能

 6-1 概況

 6-2 大量文書処理向け手書き文字認識ソリューション

 6-3 ニューラルネットワークを使った手書き文字認識

 6-4 手書き文字認識製品・ソリューション
  [1] マイクロソフト 「Windows Mobile」
  [2] マイクロソフト 「Windows XP Tablet PC Edition」
  [3] Anotoが開発した手書き文字認識システム
  [4] マイクロソフト 「CalliGrapher」
  [5] EverNote 「riteScript」
  [6] VisionObjects 「MyScript Builder」

第7章 エキスパートシステム/プロダクションシステム

 7-1 概況・近況

 7-2 エキスパートシステム/プロダクションシステムの応用例

 7-3 医療におけるエキスパートシステムの応用
  [1] 電子カルテと臨床決断支援システムの結合
  [2] 医療ナレッジベースシステムとしての電子カルテ
  [3] 医療データウェアハウス/BIとの統合に伴う諸課題

 7-4 金融業におけるエキスパートシステム応用

 7-5 コンピュータゲームにおけるエキスパートシステム応用

 7-6 その他先進エキスパートシステム事例
  [1] Microsoft 「Azure Machine Learnin」に基づいたエキスパートシステム
  [2] IoTセンサーデータ処理ルールの負荷軽減を実現するエキスパートシステム
  [3] 「Dendral」を用いた応用例
  [4] 「Mycin」を用いた応用例
  [5] 「CLIPS、Jess」を用いた応用例
  [6] 「Prolog」を用いた応用例

第8章 第章 次世代データセンター向け人工知能ソリューション

 8-1 次世代データセンターを支えるコンピュータ・アーキテクチャ

 8-2 先進分散処理技術/エッジコンピューティングと人工知能

第9章 次世代人工知能向け専用チップ

 9-1 機械学習の高速化専用チップ

 9-2 「関係性」を理解する専用チップ開発

 9-3 GPUの並列処理技術とディープラーニングの結合

第10章 量子アニーリング/量子コンピュータを援用した人工知能開発

 10-1 量子コンピュータと人工知能の接近

 10-2 日本人の研究者が発見した理論に基づく量子アニーリング

 10-3 量子人工知能の現状「と展開予測
  [1] NASA/グーグル 「量子人工知能研究所」の設立

第11章 自己組織化/複雑適応系と人工知能応用

 11-1 自己組織化/複雑適応系と人工知能応用 概説

 11-2 群知能と人工知能

第12章 エージェントモデル/知的エージェントと人工知能応用

 12-1 エージェント・ベース・モデル概説

 12-2 エージェント・ベースド・モデルの応用
  [1] 分散コンピューティング
  [2] ロジスティクス/サプライチェーン最適化
  [3] アセットマネジメント
  [4] 医療診断支援
  [5] ワークフォース・マネジメント
  [6] 消費行動のモデル化

第13章 バイオインフォマティクス、自己免疫系と人工知能

 13-1 バイオインフォマティクス、遺伝的アルゴリズムと人工知能
  [1] 遺伝子解析技術を生かした新たな産業創出
  [2] 個人向け遺伝子検査サービス(DTC)の活発化

 13-2 自己免疫系と人工知能

第14章 インフォマティクス/次世代検索技術と人工知能

 14-1 次世代検索技術

 14-2 ソーシャル・サーチ、コンテクストサーチ
  [1] 企業活動の深部に浸透する次世代ウェブの活用
  [2] ソーシャル・サーチの可能性

 14-3 インフォマティクスと人工知能
  [1] 機械翻訳システム
  [2] 次世代ロボットと人工知能
  [3] 次世代ロボットの倫理問題と人工知能

 14-4 自然言語処理
  [1] 意思決定支援・質問応答システム/自然言語生成
  [2] 自然言語処理技術を用いた人工知能応用事例
  [3] 自然言語処理を行う対話ロボット/コミュニケーション・ロボット
  [4] 確率推論アルゴリズム

 14-5 FacebookやLINEなどが仕掛けるチャットボット構想

第15章 セマンティックWeb/オントロジー工学と人工知能

 15-1 セマンティックWeb概説
  [1] セマンティックWebは何をもたらすか
  [2] 次世代Web技術としてのセマンティックWeb
  [3] セマンティックWebの想定範囲
  [4] セマンティックWeb 発展の段階
  [5] セマンティックWebの構造
  [6] セマンティックWebのアプリケーション

 15-2 知識/情報の幾何学とセマンティックWeb
  [1] 概説
  [2] ダイナミックに発展しつつあるオントロジー工学の世界

 15-3 オントロジー工学の進展
  [1] 概念、オントロジー、ルール(の関係)
  [2] “概念の用語集”としてのオントロジー
  [3] 工学、コンピュータ・サイエンスにおけるオントロジー定義の変遷
  [4] 人工知能の立場から見たオントロジーの定義
  [5] 知識ベースの立場から見たオントロジーの定義

 15-4 オントロジー研究の概況
  [1] オントロジー根本原理の哲学的根拠
  [2] 人工知能のパラダイムシフトとオントロジー
  [3] 現代記号学の礎石とオントロジー学の確立

 15-5 言語学とオントロジー工学の発展
  [1] ヤコブソン
  [2] オーステイン/ヴィトゲンシュタイン
  [3] バンヴェニスト
  [4] サール
  [6] グライス

 15-6 セマンティックWeb/オントロジー工学における戦略的な次元
  [1] 求められる戦略的な次元での発想
  [2] 複数のオントロジーの整合性を企図する動きに関する展開シナリオ
  [3] 省庁間の情報交換促進による展開シナリオ
  [4] 電子政府の汎用シソーラスによる展開シナリオ
  [5] 大学・教育機関ポータルのワンストップ化によるセマンティックWeb展開シナリオ
  [6] 電子商取引分野におけるセマンティックWebのプレゼンス強化に関する展開シナリオ
  [7] オントロジーに基づく次世代デジタルエンタープライズ構築

第16章 質問応答システム・意思決定支援システム

 16-1 IBM ワトソン(Watson)

 16-2 人工知能ビジネスの中核を担うWatson Group

第17章 IoTと人工知能

 17-1 IoTと人工知能の結合

 17-2 次世代工場・次世代製造プラットフォームと人工知能
  [1] 産業機械の稼働最適化・サイバー攻撃防御システム
  [2] インダストリー4.0課題と人工知能による解決

 17-3 IoTと人工知能の結合で実現するハイテク製品
  [1] IoT対応・人工知能搭載型携帯電話

第18章 次世代ロボットと人工知能

 18-1 概況・近況

 18-2 スマートロボティックスと人工知能

 18-3 自律型代理行動ロボットとIoT適応の可能性
  [1]  代理行動ロボットと人工知能
  [2]  自律型代理行動ロボットの開発・製品化最新動向

 18-4 次世代ドローンと人工知能

 18-5 次世代産業ロボットの開発を牽引する分散機械学習モデル

 18-6 “個性派“が続々と登場する人工知能搭載ヒト型ロボット
  [1] ソフトバンク 人工知能(AI)志向のヒト型ロボ「ペッパー」
  [2] Pepper(ヒト型ロボット)とWatson(機械学習対話システム)の連携

第19章 医療診断支援/次世代医療技術/創薬と人工知能[1] 

 19-1 本格化する第4次医療革命「Medicine 4.0」に向けた動き

 19-2 医療への人工知能で促進するHealth 2.0

 19-3 人工知能を使った診断支援・治療支援
  [1] 患者検査データ、診療記録のビッグデータ解析
  [2] 医療ライフログ分析とビッグデータ活用

 19-4 予測型医療へのパラダイム変換を促進する人工知能

 19-5 人工知能を活用した迅速病理診断支援システム

 19-6 人工知能を使った症状のメカニズム解明

 19-7 人工知能を活用した類似症例検索システム

第20章 医療診断支援/次世代医療技術/創薬と人工知能[2] 

 20-1 機械学習を活用した手術支援システム最適化

 20-2 バイタルデータのビッグデータ解析

 20-3 DPC(Diagnosis Procedure Combination)と人工知能によるデータ解析

 20-4 人工知能およびビッグデータ解析と予防医療

 20-5 次世代医療技術での活用が有望視される人工知能
  [1] 医療器具世界最大手、米メドトロニックが取り組む人工知能搭載次世代医療技術

 20-6 ディープラーニングがもたらす医療画像認識技術の顕著な発展

 20-7 3D遠隔診療を促進する人工知能

 20-8 医療向けAR(augmented reality:拡張現実感)

 20-9 ゲノム・オミックス医療を支える医療ビッグデータ

 29-10 循環器疾患の予防・制圧に向けビッグデータ解析・活用

 29-11 脳信号・神経細胞を制御する人工知能搭載型装置

 29-12 メンタルヘルスの定量化を実現する人工知能
  [1] 機械学習を活用したメンタルヘルスのシステム化
  [2] ストレスチェック支援クラウド

 29-13 人工知能解析による創薬
  [1]  ビッグデータ活用による医薬品開発に乗り出す製薬大手

第21章 メディカルロボットと人工知能

 21-1 ロボットによる医療行為・医療作業代行の可能性

 21-2 医療・介護ロボットの国際規格整備動向

 21-3 手術支援ロボットの発展と課題
  [1]  技術改良・市場拡大が進む手術支援ロボット
  [2]  微細手術ロボットへの期待
  [3]  内視鏡ロボットアームの開発・製品化事例

 21-4 スマートヘルスケア・ロボット/症候発生予防ロボット

 21-5 ロボットセラピーが促す患者の症状改善

 21-6 メディカルロボットの品質マネジメント認証

 21-7 メディカルロボット/スマートヘルスケア・ロボット参入企業動向
  [1] フィリップス・レスピロニクス
  [2] 他

第22章 脳波・神経ネットワーク活用技術/先進バイタルセンシング技術

 22-1 活発化するスマート脳波/バイタルサインセンシングの技術開発
  [1] バイタルサインセンシング技術概説
  [2] バイタルサインセンシングの日本公開特許および先端技術動向

 22-2 インテリジェントセンサーによるバイタルデータ活用ソリューション

 22-3 スマート脳波センサー技術

 22-4 バイタルサインを取込んだ次世代電子カルテ

 22-5 ウェアラブルな生体アクティビティーモニター

 22-6 ウェアラブル心拍センサ

 22-7 ウェアラブル脈波センサーモジュール

 22-8 生体ガス成分測定の見える化

 22-9 バイタルせーたを活用した遠隔・生涯ヘルスケアサポート

 22-10 医療系生体センサーネットワークの事例

第23章 次世代シーケンサーによる網羅的遺伝子(ゲノム)解析

 23-1 遺伝子解析データを生かした新たな産業創出

 23-2 個人向け遺伝子検査サービス(DTC)の活発化

 23-3 医療情報と遺伝情報を集積させたバイオバンク

 23-4 ゲノム医療と消費者向け(DTC)遺伝子検査ビジネスを巡る議論

第24章 次世代自動車と人工知能

 24-1 次世代自動車における人工知能活用
  [1] 概説
  [2] 次世代プラットフォーム市場の核となるビッグデータ
  [3] 交通クラウドプラットフォームの一端を担う人工知能
  [4] クロスボーダーで進む次世代自動車と人工知能活用
  [5] 自動運転における自動化のレベルと人工知能のスキーム
  [6] 運転支援や安全制御システムと人工知能活用
  [7] 新サービスの創出に乗り出す自動車関連業界

 24-2 人工知能によって実用・応用可能なレベルに達しつつある自動運転システム

 24-3 Google Carの自動運転技術と人工知能/IoT/次世代ロボティクス

 24-4 人工知能と次世代自動車の結合に積極的に取り組むトヨタ自動車

 24-5 自動運転トラックによる欧州横断実証実験

 24-6 自動運転バスの実証実験が活発化

 24-7 自動運転タクシーと人工知能

第25章 次世代クラウド/次世代データセンターと人工知能

 25-1 クラウドのアーキテクチャ・フレームワークとビッグデータ

 25-2 ビッグデータを活用するためのクラウド・テクノロジー

 25-3 AWSが展開するビッグデータ向けサービス群

 25-4 データウェアハウス(DWH)とビッグデータ・クラウド

 25-5 プラットフォーム仮想化とビッグデータ
  [1] 仮想化導入に立ちはだかる障壁
  [2] クラウド時代にふさわしい仮想化管理・運用管理手法
  [3] 仮想化技術によるスケーラブルな管理の実現
  [4] プロバイダ間の相互運用性
  [5] IaaSによるビッグデータ系データ解析サービス

 25-6 先進医療クラウド
  [1] 医療症例データ収集用クラウドサービス
  [2] 医用画像の分散保管クラウド・サービス

 25-7 人工知能型クラウド会計
  [1] 自動仕訳に関する人工知能

25-8 バーチャリゼーション(仮想化)/ネットワーク運用保守の自動化
  [1]  クラウド・サービス間を結ぶ次世代基盤技術

第26章 スマートグリッド/エネルギー効率管理と人工知能

 26-1 ビッグデータを活用したスマートエネルギー創造
  [1] 人工知能を活用した新たなスマートシティ・サービス創造
  [2] ビッグデータ専用アプリケーション活用によるスマートシティサービス

 26-2 人工知能使た次世代電力網の需要予測

 26-3 再生可能エネルギーの発電量・生産量予測
  [1] 大気質監視、気象衛星、光センサー経由のリアルタイム・データ解析
  [2] 太陽光発電量の予測

 26-4 風力・波力発電/風況・波況解析
  [1] 解析力が威力を発揮する風力発電

 26-5 農産物生育予測/不作リスク診断(移動検討)
  [1] ビジネス革新をもたらす農業ビッグデータ

第27章 人工知能搭載家電/スマートホーム

 27-1 人工知能を搭載したIoT志向の“つながる家電”

 27-2 人工知能によるユーザー嗜好の学習・レコメンド機能搭載家電

 27-3 続々スマートホームに名乗りをあげる大手ベンダー
  [1] アマゾン
  [2] グーグル
  [3] アップル
  [4] ソフトバンク

 27-4 スマートホームのインテリジェント化を促進する人工知能

第28章 フィンテック/金融工学と人工知能

 28-1 景気予測
  [1] 景気判断・景気予測の精度向上に寄与するビッグデータ

 28-2 金融機関向けデータ分析
  [1] ビッグデータ分析に接近する金融機関のマーケティング活動

 28-3 金融資産分析/商機発掘
  [1] 銀行業界で広がるフィンテック/人工知能活用

 28-4 リアルタイムビッディング(RTB)
  [1] 電子取引市場のリアルタイム・オークション28-5 ロボット・アドバイザ

第29章 ブレイン・マシン・インターフェース/脳波活用機能・機器と人工知能

 29-1 ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)

 29-2 ウェアラブル脳波計と人工知能

第30章 バーチャルリアリティ/拡張現実と人工知能

 30-1 バーチャルリアリティ/拡張現実と人工知能 概況・近況

 30-2 医療現場での複合ARシステムの有用性

 30-3  医療向けAR(augmented reality:拡張現実感)

第31章 次世代広告(アドテック)/次世代マーケティングと人工知能

 31-1 顧客分析・商品開発
  [1]  マーケティング連携と顧客行動の可視化
  [2]  アスクル/ヤフーが展開するビッグデータ活用型ネット通販「ロハコ」

 31-2 販促向上・広告戦略支援
  [1]  購入履歴のビッグデータ活用

 31-3 広告分析/広告効果測定
  [1]  ビッグデータ解析を使った顧客の性格分析

 31-4 レコメンドサービスと人工知能活用

 31-5 来店客の画像解析・行動予測

第32章 ソーシャルメディアと人工知能

 32-1 ソーシャルメディアと人工知能 概説

 32-2 ソーシャル・クラウドと人工知能の密接な関係

 32-3 人工知能による口コミ分析

 32-4 人工知能)を使った顧客対応自動化/対話アプリ

 32-5 深層学習を使ったプロフィール理解、投稿理解

 32-6 機械学習を活用したソーシャル志向マッチングビジネス

 32-7 人工知能を活用したアクセシビリティ改善

第33章 社会インフラの維持・保守管理と人工知能

 33-1 社会インフラの維持・保守管理と人工知能 概説

 33-2 老朽化設備の点検効率化、故障予測

 33-3 ビル/オフィスのエネルギー管理

 33-4 渋滞緩和/交通事故防止

 33-5 車両の運行管理/道路の維持管理

 33-6 事故予測/事故防止支援

第34章 人工知能によるネットワーク品質向上

 34-1 人工知能によるネットワーク品質向上 概況・近況

 34-2 ネットワーク品質/モバイル通信分析
  [1] 人工知能・ビッグデータ活用による回線品質向上

第35章 アドテック(IT活用型広告)と人工知能

 35-1 ユーザーエクスペリエンスを活用した「関心度合い」に基づく広告

 35-2 各種実証実験
  [1] 人工知能を活用した屋外広告の実験

第36章 人工知能を活用した情報セキュリティ・システム

 36-1 情報セキュリティーモニタリング支援
  [1] セキュリティ情報のリアルタイム相関分析・異常検知

 36-2 人工知能を使ったウイルスの特徴分析・特定・排除サービス

 36-3 人工知能を活用した企業向けサイバー攻撃対策サービス

 36-4 人工知能によるホームセキュリティ監視
  [1] 監視カメラでとらえた膨大な蓄積データを分析・処理

第37章 行政の業務管理・行政サービスと人工知能活用

 37-1 概説
  [1] 書類のデジタル化と文字認識サービス
  [2] 活発化する公共情報をオープンデータとして整備・公開する動き
  [3] ビッグデータ解析を活用した地方活性化支援事業
  [4] ビッグデータ活用による滞納分析・滞納対策

 37-2 政策立案、財政の改善支援
  [1]  財政改善、医療費抑制など諸課題の解決策に乗り出す産学官連携組織

 37-3 市民の健康課題分析/健康指導支援
  [1]  住民向け健康調査分析にビッグデータ導入

第38章 人材評価・人材選考と人工知能

 38-1 人的パフォーマンス評価・改善分析
  [1]  ピープル・アナリティクス/人材活用
  [2]  人工知能で個人に幸福感を高める業務アドバイス

 38-2 人の動きを把握する位置情報のデータ解析

 38-3 社会保険労務手続き自動化支援と人工知能

 38-4 人工知能を活用した新卒採用支援サービス

第39章 特許調査分析/文献自動調査分析と人工知能

 39-1 特許調査分析/文献自動調査分析と人工知能 概況・近況

 39-2 ビッグデータ解析による特許調査分析

第40章 不動産テックと人工知能

 40-1 不動産テックと人工知能 概況・近況

第41章 EdTec(エドテック)/eラーニングと人工知能

 41-1 米国:公的サービスを改善するためのオープンガバメント施策

 41-2 「GSVlabs」(GSVキャピタル傘下) 「EdTechイノベーションラボ」の設置

 41-3 ビッグデータと機械学習/ディープラーニング教育の密接な関係
  [1] 人工知能と結合する筆使い学習ロボット

第42章 販売予測/サプライチェーン/物流最適化と人工知能

 42-1 人工知能を使った販売予測・在庫管理

 42-2 ドローンを使った配送サービス

第43章 ディープラーニングを活用した各種ツール/アプリ

 43-1 文法チェックツール
 43-2 サイバーセキュリティ対策ツール

第44章 人工知能開発者向けツール

 44-1 機械学習/ディープラーニング開発者向けツールの整備
  [1] 人工知能関連各種開発言語/APIツール
  [2] Artificial Intelligence Markup Language
  [3] TensorFlow
  [4] Deep Scalable Sparse Tensor Network Engine(DSSTNE:デスティニー)
  [5] Microsoft Cognitive Services
  [6] Microsoft Computational Network Toolkit(CNTK)

第45章 人工知能/機械学習/ディープラーニング向けクラウド・サービス

 45-1 クラウド型機械学習サービス導入にあたっての検討事項

 45-2 機械学習エンジンを搭載した クラウド型プラットフォーム

 45-3 クラウド型リアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム

 45-4 クラウド型ビッグデータ解析/レコメンドサービス

付録 参考サイト、参考文献・資料 他

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
機械学習/ディープラーニング白書2016年版 PDF版 
92,880 円 2016/09/01

発刊日

2016/09

体裁

A4 / 約600ページ

販売価格

92,880 円
(本体86,000円 消費税6,880円)

発行

一般社団法人次世代社会システム研究開発機構

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「PDF版」の価格です。
※バインダー製本版 92,000円 (税別)もあります。
※バインダー製本版をご希望の場合には、ご購入時の通信欄に「バインダー製本版希望」とご記入ください。
※バインダー製本版とPDF版では編集上の違いによりページ数が若干異なります。

関連カテゴリ

インターネット通信インフラeビジネス / デジタルコンテンツ・エンターテインメント / エレクトロニクス・IT(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE