サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


日経バイオ年鑑2017

− 研究開発と市場・産業動向 −

レポート概要

ポイント
成長分野の“いま”、そして未来像を提示!
製薬企業/医薬品のデータ・ランキングから、各製品分野の実用化状況まで、バイオの「今」を一挙網羅

主要分野の成長性を製品別に詳説。R&D戦略のこれからが見える。

市場規模、研究開発の方向性、実用化・製品化などを、項目別に詳しく解説。将来の事業展開に役立つバックデータとして、ご活用いただけます。

レポート詳細

「日経バイオ年鑑2017」ONLINE版 アクセス権

本書内容をオンラインでもご利用いただけます。

・全文検索はもちろん、組織名・対象物質名・開発段階・研究開発成果や製品概要などからも必要情報を一発検索できます。(アクセス権は2017年末まで有効)

※本サイトでご購入の場合、本書同封の「愛読者ハガキ」をご利用ください。

2017年版の特長

特長1. バイオ企業の業績データを分析、その実力を可視化

バイオテクノロジーを支える国内外の製薬企業と医薬品について、売上高などの業績ランキングを独自に調査・分析。最新のバイオ産業と市場を、数字に基づくデータから俯瞰できます。競合各社の業績分析、注目される医薬品の市場占有の規模など、実力を見える化します。

特長2. 注目領域の未来像を提示、10年先までを見通す

癌医療、ゲノム医療、再生医療、機能性食品。いずれも将来の市場拡大が、期待されているバイオの代表的な領域です。この注目の4領域における、10年後の2027年までの市場と研究開発の成長性をロードマップ化。マーケットの進展と共に、求められる技術や、将来の新製品・サービスの姿を未来予測・解説します。

特長3. 話題のトピックを追求した、トレンド・リポートが充実

バイオの現在と未来を見通す、数々のトピックを詳説します。腸内菌叢、エクソソーム、癌クリニカルシーケンスなど、注目テーマの実用化をはじめ、将来展望の方向性を提示します。先端の研究開発が、どのように発展していくかを明確化します。

目次

第1部
総括 バイオ関連市場と動向

2016年の国内のバイオ関連市場を振り返り、トピックスを中心に解説。バイオ製品・サービスの市場規模を、独自の調査・分析によって提示します。研究開発の動向、アカデミアの研究成果もまとめ、バイオ全体の市場・動向をコンパクトに把握できます。


第2部
医薬品・バイオ業界データ集

主な製薬企業の決算情報などに基づいて、各社業績や医薬品売上高をランキング化。売上収益が高い企業の成長原動力はどこにあるのか、領域別やどのブロックバスターが市場を先導しているのかなどを把握できます。

  ・ 世界の製薬企業TOP100社
  ・ 欧米大手製薬企業 2015年決算
  ・ 欧米大手製薬企業 2016年第2四半期決算
  ・ 日本の製薬企業 2015年度業績ランキング
  ・ 世界の医薬品売上高ランキング
  ・ 世界のバイオ医薬品売上高ランキング
  ・ 日本市場における、医薬品売上高ランキング
  ・ 世界の製薬・ベンチャー500社のパイプライン
  ・ 国内上場バイオベンチャーの業績と株価
  ・ 創薬ベンチャーの導出契約
  ・ 2017年度 バイオ関連予算、概算要求
  ・ 日本のバイオファンド調査


第3部
特別リポート・業界トレンド

注目領域の現状と今後を詳細にまとめました。2016年に話題となった研究開発が、この先どのように進展していくのか。特に将来有望な領域について、深く掘り下げます。

  ・ 腸内菌叢を標的とする創薬、治療法開発
  ・ 動き出したエクソソーム創薬
  ・ ゲノム時代の天然物創薬
  ・ ドラッグリポジショニング
  ・ バイオ後続品
  ・ 蛋白質医薬の製造受託
  ・ ワクチンと血液製剤事業の課題
  ・ 他家再生医療
  ・ 体性幹細胞移植
  ・ 細胞加工受託ビジネス
  ・ 遺伝子検査実用化の課題
  ・ 癌クリニカルシーケンス
  ・ ゲノムシーケンス新時代
  ・ バイオバンク
  ・ コグニティブコンピューティング
  ・ 医療ビッグデータとデジタルヘルス
  ・ バイオインフォマティクス
  ・ ゲノム編集育種
  ・ 機能性食品
  ・ 遺伝子組み換え作物を巡る、世界各地の動き
  ・ 遺伝子組み換え作物・食品を巡る、国内の動き
  ・ バイオ知財の動向と知的財産立国への基盤整備
  ・ インドにおける、新薬メーカーとジェネリックメーカーの特許訴訟


第4部
今年のバイオが分かる 注目バイオ企業インタビュー

バイオ業界で話題となった企業のキーパソンから、事業展開の背景や今後の展望などを探り出します。

  ・ 田辺三菱製薬
  ・ 協和発酵キリン
  ・ 中外製薬
  ・ 島津製作所
  ・ 日本医療研究開発機構 (AMED)
  ・ 日本たばこ産業
  ・ 明治製菓ファルマ
  ・ GE Healthcare社
  ・ そーせい
  ・ ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング (J-TEC)
  ・ アキュセラ


第5部
注目領域の将来展望

注目4領域(癌医療/ゲノム医療/再生医療/機能性食品)の今後10年、市場や開発動向はどう推移していくのか。その未来を予測します。

  ・ 癌医療のロードマップ
  ・ ゲノム医療のロードマップ
  ・ 再生医療のロードマップ
  ・ 機能性食品のロードマップ


第6部
分野別各論

製品別に、研究開発の最新動向を分析・解説。[現有市場と成長性]として、当該製品・サービスの市場の現状と今後を解説。[研究開発動向と実用化状況]においては、基礎研究から応用までの最新動向を詳説します。
また、「医薬・診断・医療機器」の各疾患領域では、パイプラインや製品別の売上動向、医薬品開発動向をまとめた解説などの情報も盛り込んでいます。

医薬・診断・医療機器
  ・ 概論
  ・ インターフェロン(IFN)α/β/γ/インターロイキン
  ・ 肺癌治療薬
  ・ 乳癌関連治療薬
  ・ 胃癌治療薬
  ・ 膵臓癌治療薬
  ・ 頭頸部癌治療薬
  ・ 肝臓癌治療薬
  ・ 前立腺癌治療薬
  ・ 腎臓癌治療薬
  ・ 大腸癌治療薬
  ・ 膀胱癌治療薬
  ・ 白血病治療薬
  ・ 悪性リンパ腫治療薬
  ・ 制吐薬
  ・ 疼痛治療薬
  ・ EPO/G-CSF/GM-CSF
  ・ ヒト成長ホルモン/成長因子(FGF/HGF/KGFなど)
  ・ 糖尿病性網膜症治療薬
  ・ 糖尿病性神経障害治療薬
  ・ 糖尿病性腎症治療薬
  ・ 糖尿病治療薬
  ・ 抗肥満薬
  ・ 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療薬
  ・ 骨代謝異常治療薬
  ・ ワクチン
  ・ アルツハイマー型認知症治療薬
  ・ パーキンソン病治療薬
  ・ 抗うつ薬
  ・ てんかん治療薬
  ・ 統合失調症治療薬
  ・ 睡眠障害治療薬
  ・ 多発性硬化症治療薬
  ・ 免疫抑制薬
  ・ 遺伝子治療
  ・ 核酸医薬
  ・ 再生医療
  ・ 細胞医薬
  ・ 多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞、Muse細胞)
  ・ 治療用抗体/受容体蛋白質医薬
  ・ 治療用酵素
  ・ 乾癬治療薬
  ・ 関節リウマチ治療薬(生物学的製剤)
  ・ 関節リウマチ治療薬(低分子化合物)
  ・ ウイルス感染症治療薬(肝炎ウイルス感染症治療薬)
  ・ 抗ウイルス薬(抗HIV薬)
  ・ 抗菌薬
  ・ 抗血栓薬(抗血小板薬・抗凝固薬・血栓溶解薬)
  ・ 血液凝固異常症治療薬
  ・ アルブミン/輸血・代替血液関連技術
  ・ 生殖関連医薬
  ・ 眼科疾患治療薬
  ・ 過活動膀胱治療薬
  ・ 痛風・高尿酸血症治療薬
  ・ 呼吸器系疾患治療薬
  ・ 高血圧治療薬・肺高血圧症治療薬
  ・ 脂質異常症治療薬
  ・ 炎症性腸疾患治療薬
  ・ アトピー性皮膚炎治療薬
  ・ 診断用の細胞・蛋白質・代謝物・核酸解析装置・試薬・サービス
  ・ イメージング(画像診断装置を含む)
  ・ 体内埋め込み型医療機器/医療用センサー
  ・ ヒアルロン酸

化成品・環境
  ・ 概論
  ・ アミノ酸
  ・ 産業用酵素
  ・ バイオマスプラスチック/バイオマスエネルギー/バイオレメディエーション
  ・ 機能性化粧品

食品・農業・畜産・水産
  ・ 概論
  ・ 保健機能食品
  ・ 機能性脂質
  ・ ポリフェノール
  ・ カロテノイド
  ・ プロバイオティクス
  ・ 機能性ペプチド
  ・ 機能性アミノ酸
  ・ 大豆食品
  ・ プレバイオティクス
  ・ βグルカン
  ・ 食品検査薬/サービス
  ・ 農作物
  ・ 樹木/芝/花
  ・ 藻類
  ・ 分子農業(農畜水産物による蛋白質生産)
  ・ 動物用医薬品

バイオサービス・装置・システム
  ・ 概論
  ・ 研究用の細胞・蛋白質・代謝物・核酸解析装置・試薬・サービス
  ・ DNA解析装置(シーケンサー)
  ・ 薬物動態試験受託サービス
  ・ 蛋白質/ペプチド/核酸の受託生産
  ・ 遺伝子導入装置/試薬

(※内容は、一部変更になる場合があります。)

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
日経バイオ年鑑2016 
− 研究開発と市場・産業動向 −
98,000 円 2015/12/16

発刊日

2016/12/16

体裁

B5 / 約1100ページ

販売価格

98,000 円
(本体90,741円 消費税7,259円)

発行

日経BP社

関連カテゴリ

バイオ・ゲノム・再生医療 / 健康・健康食品・特定保健用食品 / その他

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE