サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


Global Virus Like Particles Market & Clinical Trial Insight 2023

世界のウイルス様粒子市場&治験分析2023

レポート概要

ワクチン接種は、人体および動物の両分野において、病原体をコントロールし、病気を予防する最も費用効率の良い方法と考えられています。ウイルス様粒子を基本としたワクチンは、内因性の免疫原性性質と高い安全性プロファイルにより、最も魅力的かつ費用効率の良い1つの方法とされています。ウイルス様粒子はまた、新たなウイルスに対していくつかの利点をもたらし、これらは生ウイルスではないため、製造プロセスは安全な環境をもたらします。

ワクチン開発の現代のアプローチは、ウイルスの役割を模倣し得る対象として、異なる有機体からの分子侵入の識別に焦点が当てられています。このアプローチは、確実に安全で、ワクチン接種後の副作用は少ないか、まったくなくなります。ウイルス様粒子は、最も有望な結果をもたらすそのような候補の1つであり、現在様々な疾患の治療に関わっています。

ウイルス様粒子は、感染症ウイルスの特性を模倣するが、ウイルスゲノムが欠如したウイルス蛋白質を構成する特徴から成ります。したがって、ウイルス様粒子は、ウイルス様の存在、しかしそれ自身は非感染特性であるため、非常に素晴らしくかつ有望なワクチンの候補となりました。ワクチンに基づいたウイルス様粒子は、ワクチン開発の潜在的に安全な候補です。さらに、ワクチンに基づいたウイルス様粒子は、ヒトにおける先天性および適応免疫反応の両方を誘導することができます。大腸菌から得られるワクチンに基づいたほとんどのウイルス様粒子は、安価な培養、高い発現レベル、容易な大量生産など、多くの利点があります。それ故、このような利点はすべて、より費用効率の良いワクチンの開発につながります。

本レポートは、以下について取り上げます。

  • ワクチン接種としてのウイルス様粒子における進展
  • ワクチンに基づいたウイルス様粒子の製造プロセス
  • ウイルス様粒子ワクチンの市場分析
  • 世界のウイルス様粒子ワクチン臨床:60ワクチン
  • 既存のウイルス様粒子ワクチン:5ワクチン
  • ウイルス様粒子ワクチンの将来見通し

ワクチンに基づいたウイルス様粒子は、B型肝炎ウイルスやヒトパピローマウイルスに対して、商業的に使用可能です。いくつかの他のウイルスに対するワクチンに基づいたウイルス様粒子は、臨床開発中です。治験中のワクチン候補は、ターゲット抗原を示し、免疫系に外来抗原を示すために使われています。C型肝炎、エボラ、ラッサウイルス、ハンタウイルス、チクングニヤウイルスに対するウイルス様粒子ワクチンの開発が進められています。現在、60のウイルス様粒子ワクチンが治験中であり、5つのウイルス様粒子ワクチンは商業的に使用可能です。

GlaxoSmithKline社やMerck社などなどの大手製薬企業は、将来有望なウイルス様粒子ワクチンを認め、そのようなワクチンの製造を幅広く支持しています。費用効率の良いワクチンの開発は、政府当局、ならびに学術機関や製薬企業により幅広く支持されています。

複数の好ましい要因の存在や課題が少ないため、ウイルス様粒子ワクチンの将来は明るいです。低価格かつ高い有効性の組み合わせは、勢いのあるウイルス様粒子ワクチン市場に貢献するでしょう。このようなワクチンは、拡大している市場規模により、消費者は入手しやすいでしょう。途上国においても将来は楽観的であり、安価は消費者や需要の増加にとって、好ましい指標となるでしょう。全体的に、ワクチンに基づいたウイルス様粒子は非常に明るく、製薬業界にとっての高い収益であるため、完全ヒトワクチン市場に置き換わる結果となるかもしれません。

サンプルを見る

レポート詳細

目次

1. Virus like Particles - New Generation of Vaccines
1.1 Introduction
1.2 Requirements for Virus like Particles Assembly

2. Virus Candidates for Development of Virus like Particle Vaccines
2.1 Animal Virus-like Particles as Vaccine Immunogens
2.2 Plant Virus based Virus like Particles

3. Current Advances in Virus like Particles as a Vaccination Approach against Infectious Diseases
3.1 HIV-1 Virus like Particles
3.2 Hepatitis C Virus
3.3 Malaria
3.4 Newcastle Disease
3.5 Filoviruses
3.6 Norovirus

4. Production Process of Virus like Particle based Vaccines
4.1 Expression Systems
4.2 Downstream Processing of Virus like Particle Based Vaccines

5. Market Analysis of Virus like Particles Vaccines
5.1 Introduction
5.2 Market of Virus like Particle Vaccines

6. Global Virus Like Particle Vaccines Clinical Pipeline Overview

7. Global Virus like Particle Vaccines Market Dynamics
7.1 Favorable Parameters
7.2 Commercialization Challenges

8. Future Perspective of Virus like Particles Vaccines

9. Global Virus Like Particle Vaccines Clinical Pipeline by Company, Indication &am; Phase
9.1 Research
9.2 Preclinical
9.3 Phase-I
9.4 Phase-I/II
9.5 Phase-II
9.6 Phase-II/III
9.7 Phase-III

10. Marketed Virus Like Particle Vaccines Clinical Insight
10.1 Human papillomavirus vaccine recombinant quadrivalent (Gardasil & Silgard)
10.2 Human papillomavirus vaccine recombinant bivalent (Cervarix)
10.3 Human Papillomavirus Vaccine Recombinant Nonavalent (GARDASIL9)
10.4 Influenza Virus Vaccine Trivalent (CadiFlu-S)
10.5 Influenza A Virus H1N1 Vaccine (CadiFlu)

11. Competitive Landscape
11.1 Agilvax
11.2 Allergy Therapeutics
11.3 ANGANY Genetics
11.4 CPL Biologicals
11.5 Cytos Biotechnology
11.6 GeoVax Labs
11.7 GlaxoSmithKline
11.8 Medicago
11.9 MedImmune
11.10 Merck
11.11 Novavax
11.12 Serum Institute of India
11.13 Takeda
11.14 TechnoVax
11.15 Xiamen Innovax Biotech

Figure 1-1: Non-Enveloped Virus like Particle Production through Pathogen Component & Fusion to a Vaccine Target Antigen
Figure 1-2: Diagram of Enveloped Virus like Particle Production
Figure 1-3: Requirements for the Assembly of Virus like Particles
Figure 2-1: Types of Plant Virus for Virus like Particles Development
Figure 3-1: Modification of HIV-1 Envelope Trimers for Virus like Particle Vaccine
Figure 3-2: Virus like Particle Vaccine Strategy against Hepatitis C virus
Figure 3-3: New Castle Virus for Virus like Particle Vaccine Development
Figure 3-4: Production of Ebola Virus like Particles from Plasmids
Figure 4-1: Downstream Process Strategy for Virus like Particle Purification
Figure 5-1: Global - Market Growth Potential of Vaccine Industry (US$, Billion), 2017-2023
Figure 6-1: Global - Virus Like Particle Vaccines Pipeline by Phase (%), 2017 till 2023
Figure 6 2: Global -Virus Like Particle Vaccines Pipeline by Phase (Number), 2017 till 2023
Figure 6-3: Global - Virus Like Particle Vaccines Pipeline by Phase (%),2017 till 2023
Figure 6-4: Global - Virus Like Particle Vaccines Pipeline by Phase (Number), 2017 till 2023
Figure 7-1: Favorable Market Parameters for Vaccine Development
Figure 7-2: Challenges to the Market Growth of Vaccines
Figure 8-1: Future Scientific Innovations and Challenges for Vaccine Development

Table 3-1: Development Status of Virus like Particle Vaccine Candidates
Table 4-1: Properties of Various Expression Systems for Production of Virus like Particle

発刊日

2017/09/01

体裁

PDF / 180ページ

販売価格

1,800USD

発行

Kuick Research

備考

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

関連カテゴリ

疾病別治療・領域別治療

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE