サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


Global Radioimmunotherapy Market, Dosage, Price & Clinical Pipeline Outlook 2022

世界の放射免疫治療薬市場、用量、価格&臨床パイプライン展望2022

レポート概要

本レポートは、以下について取り上げます。

  • 放射免疫治療薬の必要性&有効性
  • 放射免疫治療薬の要素
  • さまざまな癌治療における放射免疫治療薬の臨床状況
  • 放射免疫治療薬セグメントにおける新たなビジネスチャンス
  • 特許、用量&価格分析
  • 放射免疫治療における抗体
  • 臨床パイプライン:68剤
  • フェーズ別の臨床パイプライン分析

癌治療は、世界的に最も集中的な研究分野の1つです。癌に伴う重症度と罹患により、癌は世界で最も恐ろしい病気の一つとなっています。世界保健機関や疾病管理センターなどの様々な国際機関が実施した調査によると、今後数十年間に世界的な医療セクターに大きな負担となる癌の世界的な有病率の上昇が予測されています。これにより、高い有効性で毒性の少ない癌治療の需要が高まっています。

研究されている全ての既存の癌治療のうち、現代の癌治療の最も有望で実行可能なものとして免疫療法が期待されています。癌免疫療法は、癌を治療するために身体の免疫系を使用します。数年にわたる研究により、免疫系は適切な合図を与えることによって身体から特定の細胞を同定し、排除するように訓練することができる、ということが証明されています。免疫系のこの特性は、免疫応答を調節することによって疾患を治療するために広く利用されています。

しかし、従来の放射線療法と併用すると、癌治療の有効性が著しく改善されることが観察され、したがって癌放射免疫治療として知られている癌治療の新たなクラスがもたらされました。 免疫療法と放射線療法の合併は、以前は治療不可能な癌として考えられていた非ホジキンリンパ腫のような癌において、顕著な結果を伴う画期的な癌治療であることが判明しました。以前は非治療可能な癌であると考えられていた。

Ibritumomab tiuxetanおよびIodine(131I)tositumomabは、2002年および2003年にそれぞれFDA承認を受けた2つの最も一般的な放射免疫療治療薬です。現在のところ、これらの2種類の免疫治療薬は、Zevalin(Ibriumomab tiuxetan)およびBexxar(Tositumomab)のブランド名で非ホジキンリンパ腫の治療に世界的に販売されています。

過去および現在の研究において癌放射免疫治療で得られた優れた結果は、世界中の医薬品および医療分野からの注目度が高まっている臨床および商業的側面の両方で急速に進展しています。非ホジキンリンパ腫および濾胞性リンパ腫に対する標準治療として既に承認されていますが、他の癌種での臨床的有効性はまだ証明されていません。

放射免疫治療に関連するすべての癌種の臨床的パイプラインおよび現在の状況についての洞察は、有効性におけるその改善に関して、楽観的なイメージを示します。科学技術の進歩に伴い、放射免疫治療分野は急速に発展し、将来の有望な癌治療薬となっています。

サンプルを見る

レポート詳細

目次

1. Cancer Radioimmunotherapy - Amalgamation Therapy for Elevated Efficacy
1.1 Prologue to Cancer Radioimmunotherapy
1.2 History & Evolution of Cancer Radioimmunotherapy

2. Radioimmunotherapy - An insight into its Need & Efficacy
2.1 High Unmet Medical Needs & Failure of Conventional Cancer Therapeutics
2.2 Targeted Therapy for Higher Efficacy
2.3 Superiority of Radioimmunotherapy over Other Cancer Therapeutics

3. Features of Radioimmunotherapy
3.1 Approved Benefits Associated with Radioimmunotherapy
3.2 Radioimmunotherapy using Monoclonal Antibodies

4. Components of Radioimmunotherapy
4.1 Tumor Antigens - Potential Targets for Monoclonal Antibodies
4.2 Radionuclides
4.3 Antibodies - Key Components in Radioimmunotherapy

5. Radioimmunotherapy - Principle & Action

6. Clinical Status of Radioimmunotherapy in Various Cancer Therapy
6.1 Non Hodgkin Lymphoma (NHL)
6.2 Follicular Lymphoma
6.3 Solid Tumors
6.4 Breast Cancer
6.5 Ovarian Cancer
6.6 Osteosarcoma
6.7 Neuroblastoma
6.8 Prostate Cancer

7. Emerging Opportunities & Avenues in the Radioimmunotherapy Segment
7.1 Immune Checkpoint Inhibitors & Radioactive Iodine in Cancer Radioimmunotherapy
7.2 Nanotechnologically Created Radiotracer: For Efficient Delivery of Radioactivity in Tumor Cells

8. Radioimmunotherapy Market - Dosage & Price Analysis of Monoclonal Antibodies involved
8.1 Ibritumomab tiuxetan (Zevalin) & Rituxan- Dosage & Price Analysis in Follicular B-cell Non-Hodgkin Lymphoma
8.2 Zevalin & Rituxan: Therapy Cost Analysis
8.3 Comparative Cost Analysis of Radioimmunotherapy with Traditional Cancer therapy Methods
8.4 Tositumomab and iodine I 131 Tositumomab (Bexxar)

9. Market Performance & Trends in Radioimmunotherapeutics Segment
9.1 Better Safety & Efficacy but Limited Growth Opportunity
9.2 Decreasing Sales of Zevalin Threatening the Radioimmunotherapy Market
9.3 Involvement of Blockbuster Therapeutics in Radioimmunotherapy to Ensure Stability in the Future
9.4 Emerging Pattern of Radioimmunotherapy Drug Referrals

10. Radioimmunotherapy Monoclonal Antibodies Currently Under Development & Their Market Potential
10.1 Epratuzumab
10.2 Lintuzumab
10.3 Labetuzumab
10.4 Trastuzumab (Herceptin)

11. Antibodies in Radioimmunotherapy - Patent Analysis

12. Regional Analysis of the Radioimmunotherapy Market
12.1 North America
12.1.1 United States (US)
12.1.2 Canada
12.2 Europe
12.2.1 Germany
12.2.2 France
12.2.3 United Kingdom (UK)
12.2.4 Rest of Europe
12.3 Asia - Pacific
12.3.1 China & India
12.3.2 Japan
12.3.3 Australia
12.4 Rest of the World

13. Global Radioimmunotherapy Market Driving Parameters

14. Radioimmunotherapy - Overcoming the Challenges & Shortcomings

15. Future Forecast & Perspective Regarding the Immunotherapy Segment
15.1 Global Approval of Radioimmunotherapy to Enhance Market Growth in Future
15.2 Radiopharmaceutical Market & its Impact on the Radioimmunotherapy market growth
15.3 Other Market Propelling Factors

16. Global Radioimmunotherapy Clinical Pipeline by Company, Indication & Phase
16.1 Global Radiopharmaceuticals Pipeline Overview
16.2 Unknown
16.3 Research
16.4 Preclinical
16.5 Clinical
16.6 Phase-0
16.7 Phase-I
16.8 Phase-I/II
16.9 Phase-II
16.10 Phase-III
16.11 Preregistration
16.12 Registered

17. Competitive Landscape
17.1 Bayer Healthcare Pharmaceuticals
17.2 BioSynthema
17.3 Clarity Pharmaceuticals
17.4 Curasight
17.5 Endocyte
17.6 Immunomedics
17.7 Molecular Insight Pharmaceuticals
17.8 Nordic Nanovector
17.9 PDL Biopharma
17.10 Philogen
17.11 RadioMedix
17.12 Stella Pharma
17.13 Telix Pharmaceuticals

Figure 1-1: Evolution of Radiopharmaceuticals & Radioimmunotherapy
Figure 2-1: Need for Radioimmunotherapy
Figure 4-1: Components or Radioimmunotherapy
Figure 4-2: Monoclonal Antibodies - Vital Target Sites in Immunotherapy
Figure 4-3: Antigen Target & Their Therapy Antibodies in Radioimmunotherapy
Figure 4-4: Development of a Radionuclide
Figure 4-5: Half Life of Various Radioimmunotherapy Nuclides
Figure 4-6: Tissue Penetration of Key Radionuclides Used in Immunotherapy (mm)
Figure 4-7: Monoclonal Antibody in Radioimmunotherapy
Figure 5-1: Fundamental Working Mechanism of Radioimmunotherapy
Figure 6-1: Global - Non Hodgkin Lymphoma Incidence & Mortality by Numbers, 2018
Figure 6-2: Clinical Efficacy- Rituximab v/s Zevalin Standalone Therapy (%)
Figure 6-3: Global - Ovarian Cancer Incidence (per 100,000 Females), 2018
Figure 7-1: Humanized Antibodies - High Efficacy due to decreased Immunogenecity
Figure 8-1: Zevalin - Overview of Dosage Schedule
Figure 8-2: Zevalin- Dosage (milliCurie/kg)
Figure 8-3: Zevalin - Cost Analysis (US$/ml), 2018
Figure 8-4: Rituxan - Dosage (mg/m2)
Figure 8-5: Rituxan - Cost Analysis (US$/ml), 2018
Figure 8-6: Dosage - Median Radiation Dosimetry(Y-90 Zevalin cGy /mCi)
Figure 8-7: Zevalin & Rituxan: Average Therapy Cost Analysis (US$), 2018
Figure 8-8: Comparative Cost Analysis: Radioimmunotherapy v/s Traditional Cancer Therapeutics
Figure 8-9: Overview - Ositumab Dosing Schedule in Non-Hodgkin Lymphoma
Figure 8-10: Tositumab & I 131 Tositumab- Dosage (mg/Session)
Figure 8-11: Radiation dosimetry in Bexaar Therapy
Figure 9-1: Global - Zevalin Sales by Year (US$ Million), 2013-2016
Figure 9-2: Global - Rituxan Market Size (%), 2018
Figure 9-3: Global- Rituxan Sales (US$ Billion), 2015 & 2016
Figure 9-4: Global - Tositumomab Referral Trend Analysis by Practice (%), 2018
Figure 11-1: Patent Status - Monoclonal Antibody in Radioimmunotherapy, 2018
Figure 12-1: Canada - Comparative Price Analysis, RIT v/s Non-RIT treatment Modality (US$), 2018
Figure 13-1: Driving Factors of the Radioimmunotherapy Segment
Figure 14-1: Challenging Aspects of the Radioimmunotherapy Market
Figure 15-1: Zevalin - Sales Future Forecast (US$ Million), 2016-2022
Figure 15-2:Rituxan - Future Sales Forecast (US$ Billion), 2016-2022
Figure 15-3: Probability of Radioimmunotherapy Market Growth (%), 2018
Figure 15-4: Global - Radioimmunotherapy Market Size by End User (%), 2018
Figure 16-1: Global - Radiopharmaceuticals Clinical Pipeline by Phase (%), 2018 till 2022
Figure 16-2: Global - Radiopharmaceuticals Clinical Pipeline by Phase (Number), 2018 till 2022

発刊日

2018/03/01

体裁

PDF / 200ページ

販売価格

2,400USD

発行

Kuick Research

備考

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

関連カテゴリ

疾病別治療・領域別治療

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE