世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000029484

2021年版 スポーツICT活用の現状と将来展望

株式会社シード・プランニング

発刊日 2021/06/08

言語日本語

体裁A4/188ページ

ライセンス/価格188ページ

0000029484

書籍版
PDF(CD-ROM)版
書籍+PDF(CD-ROM)セット版
PDF(CD-ROM)コーポレート版

PDF(CD-ROM)版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷およびネットワーク上での共有はできません。
PDF(CD-ROM)コーポレート版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷が可能です。1法人内でのネットワーク共有が可能です。書籍版とのセット販売も可能です。ご注文時にお申し付けください。
※詳しい利用範囲とご利用条件等はお問合せください。

無料サンプル

レポート概要

• リモート観戦、スマートスタジアム、体調・コンディション管理ツール、VR・AR、センサーデバイス等、スポーツICTの最新動向調査

• 「する」「観る」「支える」の分野から9社ヒアリング、計60社の調査によって市場を概観

• スポーツICT市場は約2700億円規模の市場へ

東京オリンピック・パラリンピック、ワールドマスターズゲームズという大きなイベントを控え、スポーツビジネスの機運が高まっています。プロアスリートの競技力向上、趣味や健康のための国民へのスポーツ普及、観戦スタジアム・アリーナの整備等、様々な展開が見込まれます。

一方で、2020年に発生したCOVID-19の世界的流行によって、世界各国で外出自粛や人との接触を極力避けることが推奨され、人々の生活や世界経済に大きな影響を与えました。日本においても2020年に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックが延期となり、2020年4月初めからおおよそ1ヶ月半の間、緊急事態宣言が発令されました。

COVID-19はスポーツ界にも大きな影響を与えました。日本のプロ野球では、通常の3ヶ月遅れの2020年6月19日にレギュラーシーズンの開幕となり、開幕試合も無観客で行われました。7月10日より観客動員が開始されたものの、入場者数の上限や感染拡大を防ぐためのガイドラインを策定するなどの対策が講じられています。COVID-19への対策を考えつつ、競技や観戦をどのように推進していくかが課題となるでしょう。

このような状況の中で、ICT技術が様々な場面で活用されるようになっています。ビジネスシーンでは出勤や打ち合わせといった活動が、VPNを利用した在宅ワークやWeb会議システムに切り替わっています。ICT技術の活用という流れは今後も加速していくと思われます。

本レポートでは、2018年に発刊した『2018年版 スポーツICT活用の現状と将来展望 ~AI・IoT・データ分析・VR 最新技術動向~』を発展させ、スポーツ界におけるICT活用、デジタル化の現状・将来展望と、Withコロナ、Afterコロナを見据えたスポーツICTの新たな動きを調査します。2017年4月にスポーツ庁が公表した「第2期スポーツ基本計画」における国民のスポーツ参画の方法である「する」、「観る」、「支える」の3分類をもとに、各分類でICTを活用した製品、サービス、ソリューションに焦点を当てたレポートとなります。

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

https://www.seedplanning.co.jp/press/2021/2021060801.html

調査範囲および方法

◆調査対象:「する」、「観る」、「支える」の3分類でスポーツICTを展開する企業

 (対象企業)

アクロディア オンサイドワールド ミズノ アートレイ アサップシステム
アシックス ACES(電通/GAORA/共同通信デジタル) Q'sfix スポーツセンシング ソニーグループ
超人スポーツ協会 電通国際情報サービス no new folk studio ブリヂストンスポーツ meleap
NTTテクノクロス ベイスターズ ヤマハ アイ・オー・データ機器 運動通信社
NTT NTTSportict Oceans ookami 鹿島アントラーズFC
キヤノン グラッドキューブ KDDI ジャングルX Juwwa
スポーニア スポスタ SpoLive Interactive スポヲタ ソフトバンク
ダイナミックプラス 電通 パナソニック ピープルソフトウェア Fand!
playground ventus エムティーアイ SPLYZA データスタジアム
エンゲート NEC オンキヨースポーツ Qoncept スポチュニティ
SOLTILO Knows ダートフィッシュ・ジャパン ネクストベース バスケプラス フェンリル
富士通 ユーフォリア ライブリッツ RUN.EDGE Link Sports

調査方法

ヒアリング調査(9社)、文献調査(51社)

ヒアリング調査項目

1)企業概要    2)製品・サービスの概要  3)開始時期  4)開発経緯・着眼点
5)ターゲット   6)特徴・メリット     7)価格体系  8)規模・実績
9)プロモーション 10)顧客動向   11)課題と今後の展開  12)市場動向、市場展望

目次概要

第1章調査結果の要約
 1.総括
 2.調査対象と調査範囲
 3.スポーツICTに関連した行政・社会動向
 4.関連製品・サービスの動向
 5.ヒアリング調査結果の要約
 6.事例研究(文献調査)の結果一覧
 7.スポーツICT市場規模

第2章事例研究(ヒアリング調査の結果)
 【する分野】
 【観る分野】
 【支える分野】

第3章事例研究(文献調査の結果)
 【する分野】
 【観る分野】
 【支える分野】

この商品のレポートナンバー

0000029484

このカテゴリのレポート

2018年版 世界のウェアラブル市場の普及と展望

発刊日2018/04/26 価格 132,000 円(税込)

2018年版 スポーツICT活用の現状と将来展望

AI・IoT・データ分析・VR 最新技術動向

発刊日2018/09/30 価格 132,000 円(税込)

TOP