世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000030229

医療診断向けAIの世界市場:コンポーネント別・用途別・エンドユーザー別・地域別 - 2019年〜2020年の市場規模、シェア、トレンドのグローバル分析と2030年までの予測

Fatpos Global

AI in Medical Diagnostics Market : Segmented by Component (Software, Services); by Application (In Vivo Diagnostics, In Vitro Diagnostics); By End-User (Hospitals, Diagnostic Imaging centers, Diagnostic Laboratories, Others) and Region - Global Analysis of Market Size, Share & Trends for 2019-2020 and Forecasts to 2030

発刊日 2021/06/01

言語英語

体裁Word-PDF/107ページ

ライセンス/価格107ページ

0000030229

Single
Enterprise
Corporate

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※本レポートは、英文です。Word-PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

レポート概要

製品の概要

これまでの医療における最も重要な科学的進歩の一つが、ヘルスケアにおける人工知能です。この分野の成長に貢献している重要な要素は、AIを活用した画像診断製品の開発に数多くのスタートアップ企業が関わっていることです。画像のキャプチャ、処理、報告書作成支援、フォローアップ、データ保存、データマイニングなどの人工知能アプリケーションが揃っています。機械学習は、コンピュータモデルやアルゴリズムと人工ニューラルネットワークを融合させ、脳の有機的なニューラルネットワークアーキテクチャ(ANN)を模倣したものです。ディープラーニングは、従来の機械学習に比べて、アウトプットの成功率が高い。

市場のハイライト

  • 2030年に44.58%の顕著なCAGRが予測される医療診断向けAIの世界市場

AIの導入拡大に向けた政府の取り組み、医療分野におけるAIツールの需要拡大、放射線科医の作業負担軽減への関心の高まり、大規模で複雑なデータセットの流入、AIベースのスタートアップ企業への資金提供の増加、業界を超えたパートナーシップやコラボレーションの増加などが、この市場の成長を後押ししています。また、COVID-19のワクチンや医薬品の開発を加速させるために、世界中の多くの製薬会社やバイオテクノロジー企業がこの技術を利用していることも、市場拡大の大きな要因となっています。

医療診断向けAI市場:セグメント

  • 2020年から2030年に最も高いCAGRで成長するソフトウェアセグメント

世界の医療診断向けAI市場は、コンポーネント別にソフトウェアとサービスに分けられます。このうち、ソフトウェアは予測期間中に最も高い成長が見込まれています。医療機関では、人手不足や画像処理量の増加などの制約がありますが、ソフトウェアソリューションを利用することで、競争力を高めることができます。これがソフトウェア市場拡大の主な要因となっています。多くの企業が様々なヘルスケアアプリケーション用のソフトウェアソリューションを開発しており、これがソフトウェア分野の成長の重要な要因となっています。サービスカテゴリーは、病院やその他のヘルスケアサービスプロバイダーがAIを活用したヘルスケアインフォマティクスソリューションやヘルスケアオペレーショナルサポートを導入することで、予測期間の後半に増加することが予想されます。

  • 2020年から2030年に最も高いCAGRで成長する病院セグメント

世界の医療診断向けAIは、エンドユーザー別に、病院、画像診断センター、診断ラボ、その他に分けられます。このうち、2019年は病院が64.1%と最大のシェアを占めた。病院で行われる画像診断業務が増加していることが、このセグメントの高いシェアにつながっていると考えられます。これに加えて、病院では患者のワークフローの自動化やデジタル化への関心が高まっていること、患者ケアの質を高めるために低侵襲治療を行う病院が増えていること、ワークフローの効率を高めるために高度な画像処理機器を使用する病院が増えていることなども、この分野の成長の要因となっています。

医療診断向けAIの世界市場:市場のダイナミクス

  • 推進要因
    ➣ 異業種間のパートナーシップやコラボレーションの増加

ヘルスケア業界でのAIの商品とサービスの使用の増加は、AIの手法とその幅広い応用分野によってもたらされるメリットについての知識が高まっているためです。ヘルスケア分野の企業は、AI技術を提供する企業との提携や協力関係を構築し、AIを活用したヘルスケアソリューションの開発に取り組んでいます。このような戦略により、これらの市場のプレーヤーは、消費者に改善されたソリューションを提供するとともに、このペースの速い市場での地位を強化することができます。

  • 抑制要因
    ➣ 医療専門家のAIを使った技術への消極性

デジタルヘルスの急速な普及により、医療従事者は革新的な治療技術で患者を助けることができるようになりました。AI技術は、医師が患者の診断や治療をより効率的に行うためのツールを提供します。一方、医師は新しいテクノロジーの導入には消極的な姿勢を見せています。例えば、医療専門家の間では、いずれAIが医師に取って代わるだろうという考えが広まっています。医師や放射線技師は、共感や説得といった資質は人間の能力であり、技術の進歩によって医師の必要性を完全になくすことはできないと考えています。また、これらの技術に頼りすぎて、患者が重要な治療を放棄してしまい、医師と患者の長期的な関係が損なわれることが懸念されます。

世界の医療診断向けAI市場:主要企業

  • Microsoft Corporation
    ➣ 会社概要
    ➣ ビジネス戦略
    ➣ 主要な製品の提供
    ➣ 財務実績
    ➣ 主要業績評価指標
    ➣ リスク分析
    ➣ 最近の開発
    ➣ 地域での存在感
    ➣ SWOT分析
  • NVIDIA
  • IBM
  • Intel
  • Siemens Healthineers
  • GE Healthcare
  • Digital Diagnostics
  • Xilinx
  • InformAI
  • Enlitic
  • Day Zero Diagnostics
  • Aidence
  • Butterfly Network, Inc.
  • Prognos
  • Zebra Medical Vision

医療診断向けAIの世界市場:地域

世界の医療診断向けAI市場は、地域別に、北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域(APAC)、および中東・アフリカの5つの主要な地域に分割されています。

2019年の世界の医療診断向けAIは、北アメリカが最大の市場シェアを占めました。しかし、APAC市場は、新興の市場成長戦略、医療診断インフラの改善、人口の高齢化、癌罹患率の上昇、医療におけるAIに対する政府の好意的な取り組み、COVID-19陽性患者の増加などにより、予測期間中に最も速い速度で成長すると予想されています。

医療診断向けAI市場は、さらに地域別に以下のように分類されます。

  • 北アメリカ市場の規模、シェア、動向、機会、前年比成長率、CAGR - アメリカ、カナダ
  • ラテンアメリカ市場の規模、シェア、動向、機会、前年比成長率、CAGR -メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、その他のラテンアメリカ地域
  • ヨーロッパ市場の規模、シェア、動向、機会、前年比成長率、CAGR - イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギー、ハンガリー、ルクセンブルグ、オランダ、ポーランド、スカンジナビア諸国、ロシア、トルコ、その他のヨーロッパ諸国
  • アジア太平洋地域市場の規模、シェア、トレンド、機会、前年比成長率、CAGR - インド、中国、韓国、日本、マレーシア、インドネシア、ニュージーランド、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域
  • 中東・アフリカ市場の規模、シェア、トレンド、機会、前年比成長率、CAGR - 北アフリカ、イスラエル、GCC、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域

市場セグメント

  • コンポーネント別
    ➣ ソフトウェア
    ➣ サービス
  • 用途別
    ➣ 体内診断
    ➣ 体外診断
  • エンドユーザー別
    ➣ 病院
    ➣ 診断画像センター
    ➣ 診断ラボ
    ➣ その他

さらに、世界の医療診断向けAI市場に関する以下の分析も行っています。

  • 医療診断向けAI市場のダイナミクス
  • 医療診断向けAIの市場規模
  • 需要と供給
  • 市場の最新動向/課題/挑戦
  • 競合他社と市場参入企業
  • 市場のバリューチェーン
  • 市場の推進要因と抑制要因

レポート詳細

目次

Contents
1. Executive Summary
2. Global AI in Medical Diagnostics Market
1. Product Overview
2. Market Definition
3. Segmentation
4. Assumptions and Acronyms
3. Research Methodology
1. Research Objectives
2. Primary Research
3. Secondary Research
4. Forecast Model
5. Market Size Estimation
4. Average Pricing Analysis
5. Macro-Economic Indicators
6. Market Dynamics
1. Growth Drivers
2. Restraints
3. Opportunity
4. Trends
7. Correlation & Regression Analysis
1. Correlation Matrix
2. Regression Matrix
8. Recent Development, Policies & Regulatory Landscape
9. Risk Analysis
1. Demand Risk Analysis
2. Supply Risk Analysis
10. Global AI in Medical Diagnostics Market Analysis
1. Porters Five Forces
1. Threat of New Entrants
2. Bargaining Power of Suppliers
3. Threat of Substitutes
4. Rivalry
2. PEST Analysis
1. Political
2. Economic
3. Social
4. Technological
11. Global AI in Medical Diagnostics Market
1. Market Size & forecast, 2020A-2030F
1. By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. By Volume (Million Units) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
12. Global AI in Medical Diagnostics Market: Market Segmentation
1. By Regions
1. North America:(U.S. and Canada),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Europe: (Germany, UK, France, Italy, Spain, and Rest of Europe),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. Asia-Pacific: (China, India, Japan, Australia and Rest of Asia Pacific),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
4. Latin America: (Brazil, Mexico, Rest of Latin America),By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
5. Middle East and Africa,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. By Component: Market Share (2020-2030F)
1. Software, By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Service, By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. By Application: Market Share (2020-2030F)
1. In Vivo Diagnostics,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. In-Vitro Diagnostics,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
4. By End-User: Market Share (2020-2030F)
1. Hospitals,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
2. Diagnostic imaging centers,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
3. Diagnostic Laboratories,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F
4. Others,By Value (USD Million) 2020-2030F; Y-o-Y Growth (%) 2021-2030F

Company Profile
1. Microsoft Corporation
1. Company Overview
2. Company Total Revenue (Financials)
3. Market Potential
4. Global Presence
5. Key Performance Indicators
6. SWOT Analysis
7. Product Launch
2. NVIDIA
3. IBM
4. Intel
5. Siemens Healthineers
6. GE Healthcare
7. Digital Diagnostics
8. Xilinx
9. InformAI
10. Enlitic
11. Day Zero Diagnostics
12. Aidence
13. Butterfly Network, Inc.
14. Prognos
15. Zebra Medical Vision
Consultant Recommendation
**The above-given segmentations and companies could be subjected to further modification based on in-depth feasibility studies conducted for the final deliverable.

この商品のレポートナンバー

0000030229

TOP