世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000030639

2022年版 空き家・空きスペース関連市場の最新動向調査レポート

株式会社シード・プランニング

発刊日 2021/11/30

言語日本語

体裁A4/73ページ

ライセンス/価格73ページ

0000030639

書籍版
PDF(CD-ROM)版
書籍+PDF(CD-ROM)セット版
PDF(CD-ROM)コーポレート版

PDF(CD-ROM)版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷およびネットワーク上での共有はできません。
PDF(CD-ROM)コーポレート版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷が可能です。1法人内でのネットワーク共有が可能です。書籍版とのセット販売も可能です。ご注文時にお申し付けください。
※詳しい利用範囲とご利用条件等はお問合せください。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

レポート概要

総務省「住宅・土地統計調査」では、2018年における我が国の総住宅数6242万戸の内、空き家数は846万戸となり、空き家率が過去最高の13.6%となったことが報告されています。管理・利活用されず老朽化した空き家が増え社会問題化する中、平成26年11月に空家対策の推進に関する特別措置法が制定されました。これにより自治体による立ち入り調査や空き家所有者等に対する修繕・除却に関する助言、指導、勧告、命令、行政代執行や空き家バンク等による空き家の活用の取組みが進められています。また、民間事業者やNPO法人などでも空き家に関する活用事業が広がりつつあります。

この調査は、空き家・空きスペースに関する現代社会での自治体・企業の取り組みや制度などの市場状況について整理し、また社会が求める技術や市場課題、今後の展望などを考察しました。

レポート詳細

目次

はじめに

調査概要

第1章 市場環境について
 1.空き家の状況について
  (1)住宅の状況について
  (2)新設住宅着工数推移
  (3)空き家について
  (4)空き家数及び空き家率の推移
  (5)空き家の種類別の推移
  (6)空き家の課題
  (7)全国(都道府県別) の空き家率
  (8)空き家率が高い上位10市区町村
 2.空家等対策の推進に関する特別措置法
 3.空き家対策について
  (1)空家等対策計画策定の推移
  (2)法定協議会の取り組みについて
  (3)特定空家等に対する措置の実績

第2章 空き家関連市場について
 1.空き家関連市場
 2.空き家管理市場
 3.空き家関連アプリ市場
 4.解体市場

第3章 事例研究
 【No.01】 株式会社 フクブル
 【No.02】 空き家活用株式会社
 【No.03】 特定非営利活動法人 空家・空地管理センター
 【No.04】 株式会社タウンキッチン
 【No.05】 株式会社アドレス
 【No.06】 株式会社 カチタス
 【No.07】 株式会社クラッソーネ
 【No.08】 フジ住宅株式会社
 【No.09】 株式会社 さくら事務所

この商品のレポートナンバー

0000030639

TOP