世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000031937

デジタル教材市場の拡大の可能性に関する調査

株式会社シード・プランニング

発刊日 2022/05/10

言語日本語

体裁A4/40ページ

ライセンス/価格40ページ

0000031937

書籍版
PDF(CD-ROM)版
書籍+PDF(CD-ROM)セット版
PDF(CD-ROM)コーポレート版
書籍+PDFコーポレート版(CD-ROM)

※レポートは片面印刷になります
PDF(CD-ROM)版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷およびネットワーク上での共有はできません。
PDF(CD-ROM)コーポレート版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷が可能です。1法人内でのネットワーク共有が可能です。書籍版とのセット販売も可能です。ご注文時にお申し付けください。
※詳しい利用範囲とご利用条件等はお問合せください。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

ポイント

デジタル教科書とデジタル補助教材の市場予測
デジタル教科書普及のための課題
デジタル教科書導入にむけての動き

レポート概要

学校教育で使用される教科書や関連の補助教材は、これまで紙を基本としてきました。この「紙の世界」にデジタル化の波が押し寄せています。文部科学省が2019年12月に発表した「GIGAスクール構想」(Global and Innovation Gateway for All)は、小中学校の児童生徒に1人1台の端末を配布し、学校関係の施設に高速大容量の通信ネットワークを整備することを通じて、「最適かつ創造的な教育機会」を全国すべての児童生徒に提供しようというものです。

こうしたハード面の整備と同時に、「教科書や教材のデジタル化」というソフト面での開発の動きが活発になっています。これらの動きは、授業を行う教師の指導体制の充実を求める動きにもつながり、デジタル教材関連市場の拡大の可能性を示しています。

今回の調査では、デジタル教科書をめぐる動向を文部科学省等の公表データをもとに俯瞰的に整理を行い、潜在的な市場規模を予測することにより、今後の教育市場の動向を推定しました。

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

https://www.seedplanning.co.jp/press/2022/2022052401.html

掲載情報

・デジタル教科書をめぐる動向

・デジタル教科書普及のための今後の課題

・デジタル教科書、デジタル補助教材の市場予測

・諸外国の状況

調査方法

弊社既存情報の整理、文部科学省等の公開情報の収集・整理、弊社アナリストによる分析

目次

調査概要

Ⅰ.デジタル教科書をめぐる動向
 1.デジタル教科書導入が求められる背景
 2.GIGA スクール構想とデジタル教材
 3.デジタル教科書導入に向けてのこれまでの動き
  (1)紙の教科書とデジタル教科書
  (2)紙の教科書無償給与制度
 4.2018 年度の著作権法改正―授業目的公衆送信補償金制度の創設

Ⅱ.デジタル教科書普及のための今後の課題
 1.デジタル教科書の機能と仕様の共通化
 2.デジタル教科書の使用による効果・影響の検証
 3.教師の指導力の向上
  (1)教員の指導力向上のための方策
  (2)教員のICT 活用指導力に関する調査
 4.ICT 環境及び教材の整備
  (1)GIGA スクール構想による環境整備
  (2)教材整備計画
 5.教科書検定における課題

Ⅲ.デジタル教科書、デジタル補助教材の市場予測
 1.デジタル教科書の市場規模
 2.デジタル補助教材の市場規模
 3.学校におけるICT 活用拡大の可能性

Ⅳ.諸外国の状況
 1.諸外国の教科書、無償・有償制度
 2.諸外国におけるデジタル教科書の状況

参考資料
 付表1 我が国の「教育の情報化」の進展(文部科学省関係)
 付表2 教育の情報化に関する最近の政府全体としての主な政策・提言等
 【参考】諸外国の教科書制度一覧表

この商品のレポートナンバー

0000031937

このカテゴリのレポート

2021 教育ICTの最新市場動向

〜GIGAスクールによる教育ICTの普及と教育委員会の現状〜

発刊日2021/08/18 価格 176,000 円(税込)

TOP