世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000032974

世界のドラッグデリバリー技術総覧

株式会社シード・プランニング

-さらに進化したDDS -

発刊日 2022/09/06

言語日本語

体裁A4/165ページ

ライセンス/価格165ページ

0000032974

書籍版
PDF(CD-ROM)版
書籍+PDF(CD-ROM)セット版
PDF(CD-ROM)コーポレート版
書籍+PDFコーポレート版(CD-ROM)

書籍版は部数限定のため、なくなり次第販売終了となります。お早めにお申し込みください。
PDF(CD-ROM)版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷およびネットワーク上での共有はできません。
PDF(CD-ROM)コーポレート版:書籍と同じ内容のPDFファイルをCD-Rで提供します。ファイルの印刷が可能です。1法人内でのネットワーク共有が可能です。書籍版とのセット販売も可能です。ご注文時にお申し付けください。
※詳しい利用範囲とご利用条件等はお問合せください。

無料サンプル

ポイント

バイオ医薬品の経口投与製剤が多数開発されている。
オリゴ核酸、mRNA、遺伝子用のDDS開発も活発である。
デバイスとの組合せにより、低侵襲や利便性の向上を目指す企業もあり。

レポート概要

DDSの概念が提唱されたのは1970年代です。ALZA社(後にJ & J社に買収された)では、DDSの主要コンポーネントを「薬物、レートコントローラ、エネルギー源を含む薬物送達モジュール」と定義しました。同社は多数のDDS関連特許権を取得し世界中でその技術が利用されています。

DDSの概念が定義されて以降、国内外で様々なDDS製剤が開発されました。近年ではNovo Nordisk A/Sが開発した世界初となる経口GLP-1(glucagon-like peptide-1)アナログ製剤が2019年に米国で承認されて話題となりました。それまでGLP-1アナログ製剤は注射のみであったため、経口剤の登場は多くの糖尿病患者の福音となりました。その翌年には世界初のmRNA製剤となるCOVID-19用ワクチンが承認されましたが、これにもDDS用の脂質ナノ粒子が寄与しています。

本調査レポートでは、DDS技術を開発する世界の82機関(ベンチャー81社、アカデミア1機関)を紹介しています。

レポート詳細

目次

調査概要

Ⅰ章 ドラッグデリバリーシステム(DDS)の概要と変遷
 1.ドラッグデリバリーシステムの概要
  (1)ドラッグデリバリーシステムの目的とメリット
  (2)ドラッグデリバリーシステムの開発
  (3)DDSの種類
 2.医薬品モダリティ別の課題と戦略
  (1)低分子
  (2)ペプチド・タンパク質
  (3)抗体
  (4)オリゴ核酸、mRNA、遺伝子
  (5)細胞
 3.ドラッグデリバリーシステムの変遷

Ⅱ章 ドラッグデリバリーシステムの新規技術
 1.経口投与
  (1)ペプチドの経口投与
  (2)タンパク質、抗体の経口投与
 2.経皮投与
  (1)低分子の経皮投与
  (2)高分子、他の経皮投与
 3.吸入投与
 4.経鼻投与
 5.点眼投与
 6.デバイス
 7.オリゴ核酸
 8.mRNA
 9.遺伝子
 10.その他
  (1)低分子、低分子+高分子
  (2)タンパク質

Ⅲ章 企業個票
 掲載機関(企業81社、アカデミア1機関)の開発パイプライン一覧
 82機関(ベンチャー81社、アカデミア1機関)の個票

この商品のレポートナンバー

0000032974

このカテゴリのレポート

世界の抗老化療法ベンチャー企業総覧

発刊日2021/10/08 価格 198,000 円(税込)

バクテリオファージ技術の現状と将来展望

― バクテリオファージを用いた新規事業の可能性 ―

発刊日2022/11/01 価格 198,000 円(税込)

TOP