サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


MCI(軽度認知障害)関連サービスの現状と将来展望 2018

― 認知症予備群向け予防・支援サービスに成長の可能性 ―

レポート概要

ポイント
MCI(軽度認知障害)の検査充実により周辺産業が成長
国内・海外のMCI(軽度認知障害)関連サービス参入企業を調査
MCI(軽度認知障害)関連サービスの2025年までの市場を予測

MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)とは、認知症の最も軽い段階であり、厳密に言えば、健常者と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)にあたる症状です。軽度行動障害(MBI:Mild Behavioral Impairment)というMCIの前段階へのアプローチが重要であるという提言が出てくる等、更に予防の重要性が注目されてきています。

健康・予防領域においては、増え続ける医療費抑制のため、生活習慣病の予防策として、生活習慣病予備群に対してのアプローチが国策として提唱されたことにより、経済産業省試算によると健康増進系の市場規模は約5.7兆円の市場となり、現在も成長を続けています。厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち、認知症患者は推計15%で、2012年時点で約462万人にのぼり、さらに認知症になる可能性のある軽度認知障害の高齢者も約400万人と、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくは軽度認知障害と推定しています。また、認知症高齢者数は2002年から2012年の10年で倍増しており、2025年には認知症が人口の4%を占めると推定され、認知症および軽度認知障害に関する早急な対応が求められており、特に、予防の重要性から予備群に対するアプローチを後押しすると考えられ、メタボ対策市場と同様の市場拡大が見込まれます。

シード・プランニングでは2016年11月に「2016年版 認知症ケア支援サービスの現状と今後の方向性」を出版いたしました。その中でMCIやMBIへのサービス提供が重要の調査結果が報告されています。本資料では、その活用範囲である認知症予備群向け予防・支援サービスに注目し、更に掘り下げた調査を実施しました。2025年には、MCI(軽度認知障害)関連サービスはさらに多様な市場が期待されます。

そのような事業環境を踏まえ、『MCI(軽度認知障害)関連サービスの現状と将来展望 2018』では、株式会社スポルツとの共同調査により、MCI(軽度認知障害)関連サービスやMCI(軽度認知障害)関連サービス市場の変化をまとめ、軽度認知障害産業の方向性を考察しました。

サンプルを見る

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2018/2018051501.html

調査方法

ヒアリング調査およびオープンデータ調査

調査内容

【1】MCI(軽度認知障害)関連サービス市場の方向性および展望

【2】MCI(軽度認知障害)に対する国・行政の取組み

【3】MCI(軽度認知障害)関連サービスのビジネストレンド

【4】国内・海外のMCI(軽度認知障害)関連サービス参入企業調査

国内サービス(取材個票)
株式会社エス・エム・エス、株式会社エストコーポレーション、総合メディカル株式会社、ティーペック株式会社、医療法人社団 創知会メモリークリニックお茶の水、株式会社ルネサンス
国内サービス(オープンデータ個票) 15社
海外サービス(オープンデータ個票) 5社

目次

はじめに

調査概要

第1章 総括
 1.MCI(軽度認知障害)関連サービスの現状と今後の展望
 2.日本における認知症対策の必要性と軽度認知障害(MCI)
 3.認知症とMCI(軽度認知障害)
 4.軽度認知障害(MCI)の現状と課題
 5.本調査におけるMCI(軽度認知障害)のカバー範囲

第2章 MCI(軽度認知障害)に対する国・行政の取組み
 1.国・行政における認知症への取組み
 2.国・行政におけるMCI(軽度認知障害)への取組み

第3章 MCI(軽度認知障害)関連サービス市場の方向性および展望
 1.MCI(軽度認知障害)関連サービス市場
 2.MCI(軽度認知障害)関連サービスのビジネストレンド

第4章 国内・海外のMCI(軽度認知障害)関連サービス参入企業調査
 1.国内サービス(取材個票)
  (1)株式会社エス・エム・エス
  (2)株式会社エストコーポレーション
  (3)総合メディカル株式会社
  (4)ティーペック株式会社
  (5)医療法人社団 創知会 メモリークリニックお茶の水
  (6)株式会社ルネサンス
 2.国内サービス(公開情報個票)
  (1)株式会社 MCBI(Molecular and Clinical Bioinformatics)
  (2)NPO 法人オレンジアクト
  (3)株式会社キャピタルメディカ
  (4)九州大学
  (5)クラブツーリズム株式会社
  (6)株式会社グローカル・アイ
  (7)株式会社グローバルエンジニアリングアリング
  (8)株式会社 コペル
  (9)シスメックス株式会社
  (10)ソフトバンク・テクノロジー株式会社
  (11)ナゴヤダンスアカデミー
  (12)パラマウントベッド株式会社
  (13)株式会社日立製作所
  (14)長野県松本市 健康福祉部 高齢福祉課
  (15)社会福祉法人 聖隷福祉事業団 保健事業部
 3.海外サービス(公開情報個票)
  (1)NeuroGrow Brain Fitness Center
  (2)Quest Diagnostics Incorporated
  (3)Food for the Brain
  (4)BAYCREST HEALTH SCIENCES
  (5)VAYA Pharma Inc

第5章 保健・医療・介護分野 統計データ集

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
2016年版 認知症ケア支援サービスの現状と今後の方向性 
172,800 円 2016/11/04

発刊日

2018/03/30

体裁

A4 / 197ページ

販売価格

129,600 円
(本体120,000円 消費税9,600円)

発行

株式会社シード・プランニング

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版(CD-ROM)」単独での価格です。
※書籍版・PDF版同時購入の場合 販売価格:150,000円+消費税

関連カテゴリ

診断・検査薬 / 介護福祉 / 健康・健康食品・特定保健用食品 / 健康食事指導 / 健康保険 / ウエルネス(その他) / 医療IT

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE