サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


衛星測位システム受信機総覧2018

〜 測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧 〜

レポート概要

ポイント
高精度衛星測位サービス利用促進協議会(QBIC)では、衛星測位分野の標準規格を補完しつつ、新しい技術に対応するためQBIC規格を創設した。
衛星測位サービスに欠かせない受信機の概要をQBIC規格に準じ整理。
準天頂衛星の信号に対応した測位端末の種類・用途、現状上市されている受信機(チップ・モジュール製品など)の対応信号や用途、価格状況等がこの1冊でわかる。

◆上市されている衛星測位の端末・受信機概要についての総覧資料

現在、カーナビゲーションシステムをはじめとして、測量、時刻管理、交通管制など様々な分野において、衛星測位システムは活用されており、社会生活に欠かせないものになっています。

衛星測位システムは、米国GPS(Global Positioning System)や、ロシアGLONASS(Global Navigation Satellite System)がよく知られています。現在、中国BeiDou、欧州Galileo、インドNAVICと独自に測位衛星システムの構築を進めています。わが国では、日本をはじめアジア・オセアニア地域での利用を想定した準天頂衛星システムQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)の運用が2018年11月から4機体制で開始されます。なお、独自の自立測位を可能とする7機体制の構築は2023年での実現に向け研究されています。

QZSSは、日本上空において少なくとも1機はほぼ天頂に位置するような地球周回軌道を構築しているため高層ビル等の間でも受信できるだけでなく、他の衛星システムと異なり測位信号に加え高精度測位を実現する補強情報を合わせて送信するためユーザに利用しやすい環境を実現します。

QZSSを利用した事業ビジョンが、防災・災害対応機能、パーソナルナビ、カーナビ、ITS、IT施工(i-Construction)、IT精密農業、測量、交通運行管理、トレーサビリティ等幅広い分野で検討されています。今後はG空間社会(地理空間情報高度利用社会)と表現される、生活環境等の分野に進化して行くものと思われます。

このレポートは、衛星測位チップ/モジュール/受信機メーカ33社の協力を頂き、各企業の衛星測位システムへの取組み、今後の準天頂衛星に係る取り組み、代表的製品について纏めた資料です。

衛星測位分野でサービス提供などを検討されている企業様や団体・機関様など、受信機選定の際の一資料としてご活用頂けましたら幸いです。

サンプルを見る

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2018/2018060401.html

編集協力

一般財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)

目次概要

第1 章 測位衛星端末の全般概要
 1. 測位端末の分類について
 2. 測位衛星・受信機製品一覧
 3. 受信機動向について
 4. 準天頂衛星QZS 信号利用について
 5. 新たな市場創造 ~海外トピック事項~
 6. 準天頂衛星システム・受信機市場規模

第2 章 個別企業製品概要
 1 株式会社アカサテック
 2 株式会社アムテックス
 3 株式会社コア
 4 株式会社コヴィア
 5 株式会社小泉測機製作所
 6 株式会社光電製作所
 7 ジオサーフ株式会社
 8 スペースリンク株式会社
 9 セイコーエプソン株式会社
 10 株式会社センサコム
 11 株式会社ZMP
 12 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
 13 測位衛星技術株式会社
 14 株式会社トプコン
 15 東京航空計器株式会社
 16 TI アサヒ株式会社
 17 長田電機株式会社
 18 株式会社ニコン・トリンブル
 19 日本無線株式会社
 20 日立造船株式会社
 21 古野電気株式会社
 22 株式会社ヘミスフィア
 23 パナソニック株式会社
 24 三菱電機株式会社
 25 マゼランシステムズジャパン株式会社
 26 ライカジオシステムズ株式会社
 27 セプテントリオ
 28 ジャバドGNSS
 29 NavCom Technology, Inc
 30 Broadcom Limited
 31 MediaTek Inc
 32 Qualcomm, Inc
 33 u-blox Ltd

参考
準天頂衛星を用いた測位端末の分類コード 利用ガイダンス(ドラフト版)

表紙画像

表紙画像

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
衛星測位システムの受信機総覧2017 
- 測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧 V.1 -
22,000 円 2017/01/11
衛星測位システムと関連事業の将来分析 
- 準天頂衛星システムを利用したビジネス展望 -
165,000 円 2016/07/27
準天頂衛星システムと関連事業の将来分析 
―有望アプリケーション総覧―
132,000 円 2012/09/12
衛星測位システム受信機総覧2019 
〜測位衛星の測距/補強/調時信号受信機製品一覧〜
22,000 円 2019/08/09

発刊日

2018/05/25

体裁

A4 / 180ページ

販売価格

22,000 円
(本体20,000円 消費税2,000円)

発行

株式会社シード・プランニング

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版(CD-ROM)」単独での価格です。
※書籍版・PDF版同時購入の場合 販売価格:35,000円+消費税

関連カテゴリ

インターネット通信インフラeビジネス / 携帯電話モバイル / カーエレクトロニクス・ITS / ホームネットワーク情報家電AV / エレクトロニクス・IT(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE