サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


将来展望シリーズ 〜 Smart-Energy編

2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望

− 新エネルギーと大型蓄電池  〜 太陽光・風力・燃料電池・バイオマス・水力・地熱・海洋発電 −

レポート概要

 経済産業省は、総合資源エネルギー調査会の分科会を開き、国のエネルギー政策の方針を定めた「エネルギー基本計画」を閣議決定しています。2030年、50年を見据えた新たなエネルギー政策の方向性を示しました。30年に向けた方針としては、エネルギーミックスの確実な実現へ向けた取り組みのさらなる強化を行うことにしました。2014年に決定した現在の計画は、旧政権が掲げた「脱原発」を転換し、原発を安く安定供給できる「ベ−スロード電源」と位置づけました。計画を踏まえ、政府は30年度の電源構成で原発の比率を20~22%にすることを目指しています。しかしながら、原発再稼働は進まず、経済省が分科会で提示した17年度推計の原発比率は2%にとどまっています。分科会では、今後も原発を使用するならば、再稼働と並行して新増設や建て替えの議論をするべきとに意見も出ています。一方で福島第1原発の事故処理費用は膨らむ一方で、原発が経済性に優れた「ベースロード電源」との位置付けに疑義も生じています。そのため、穏やかな依存度減少となっています。
 その一方で、再生可能エネルギー(スマートエネルギー)は、2030年度の電源比率22~24%(18年度推計は16%)を目指しますが、例えば太陽光発電への偏重や電気料金の抑制など課題があります。このようなエネルギー政策をめぐる論点は多いですが、総合エネルギー調査会の分科会での積極的な議論が望まれます。

レポート詳細

目次

第Ⅰ章新エネルギーと大型蓄電池
 1.スマートエネルギーの概要と大別
  (1) わが国のエネルギー事情
 2.再生可能エネルギー(新エネルギー)の動向と展望
  (1) 再生可能エネルギーに係る最新動向
  (2) 再生可能エネルギーの需給見通し
  (3) 固定価格買い取り制度(FIT)の動向
  (4) 固定価格買取価格制度の動向と展望
   ①再生可能エネルギー導入状況
   ②国内電源構成(ベストミックス)
   ③再生可能エネルギー別世界市場推移・予測
  (5) エネルギー力自由化と発電事業について
   ・電力販売電力量シェア(2017~18 年度)
 3.エネルギー基本計画の改正について
  (1) 2050 年電源構成シュミレーション
 4.新エネルギーと大型蓄電池の動向
  (1) エネルギー容量市場の概要と動向
  (2) 人口知能(AI)の概要とその理論
   ・新エネルギー向け大型蓄電池市場推移・予測
 5.原子力発電所の稼動・審査状況(表)

第Ⅱ章太陽光発電市場の動向と展望
 1. 太陽光発電世界市場の動向と実態
  (1) 太陽光発電世界市場の概況と動向
   ①太陽光発電世界市場推移・予測(累計・新設)
   ②太陽電池世界メーカーシェア(2017~18 年度)
   ③太陽光発電地域別シェア(2017~18 年度)
 2. 太陽光発電国内市場の動向と実態
  (1) 太陽光発電国内市場の概況と動向
  (2) 太陽光発電国内市場の業界構造
   ①太陽電池国内出荷量推移・予測(2008~22 年度)
   ②太陽電池用途別出荷量推移・予測(2002~22 年度)
   ③太陽電池用途別出荷量シェア(2017~18 年度)
   ④太陽電池国内向け生産推移・予測(2004~22 年度)
   ⑤太陽電池輸入量推移・予測(2004~22 年度)
   ⑥太陽電池生産量・輸入量推移予測(2004~22 年度)
   ⑦太陽電池輸出量推移・予測(2004~22 年度)
   ⑧太陽電池国内総出荷量推移・予測(2004~22 年度)
   ⑨太陽電池国内総出荷量推移・予測(個別・~22 年度)
   ⑩太陽電池種類別出荷量推移・予測(2004~22 年度)
   ⑪太陽電池種類別出荷量構成比率(2017~18 年度)
   ⑫太陽電池国内企業総出荷量推移・予測(国内・輸出)
   ⑬太陽電池国内企業総出荷量別推移・予測(~22 年度)
   ⑭太陽電池国内企業・海外企業国内出荷量別推移予測(~22 年度)
  (3) 太陽電池の分類と特性について
  (4) 太陽電池セル(モジュール)国内メーカー出荷量推移予測/シェア
   ①太陽電池セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ②太陽電池セル国内メーカーシェア(2017~18 年度)
   ③太陽電池単結晶セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ④太陽電池単結晶セル国内メーカーシェア(2017~18 年度)
   ⑤太陽電池多結晶セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ⑥太陽電池薄膜型セル国内メーカー出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ⑦太陽電池ハイブリッドセル国内メーカー出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ⑧太陽電池ハイブリッドセル国内メーカーシェア(2017~18 年度)
  (5) 国内メーカー別太陽電池セル出荷量推移・予測
   ①メーカー別単結晶セル出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ②メーカー別多結晶セル出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ③メーカー別薄膜型セル出荷量推移・予測(2007~22 年度)
   ④メーカー別ハイブリッドセル出荷量推移・予測(2007~22 年度)
 3. 海外の太陽光発電システムの動向
   ・太陽光発電地域別導入量推移・予測(2008~30 年度)
 4. 太陽光発電ロ-ドマップ(PV2030)
 5. 国内の太陽光発電システムの動向と展望
  (1) システム導入促進への取り組み
  (2) 太陽光発電システムの導入と事例
   ①太陽光発電システム国内市場推移・予測(2004~30 年度)
   ②太陽光発電システム別国内市場推移・予測(2009~30 年度)
   ③太陽光発電システム国内市場推移・予測(2009~30 年度)
   ④太陽光発電システム国内構成比率(2017~18 年度)
 6. 住宅用太陽光発電市場の動向と実態
  (1) 住宅用太陽光発電市場の最新動向
  (2) 住宅用太陽光発電市場の概況と動向
   ①住宅用太陽光発電システム市場推移・予測(2001~30 年度)
   ②住宅用太陽光発電システム市場推移・予測(2001~30 年度)
   ③住宅用太陽光発電システム市場推移・予測(2001~30 年度)
   ④住宅用太陽光発電システム市場シェア(金額)
   ⑤住宅用太陽光発電システム平均価格・推移予測(2001~30 年度)
   ⑥新設住宅着工戸数推移・予測(~2030 年度))
 7. 太陽光発電メーカーの動向と展望
  (1) 京セラ株式会社
  (2) シャープ株式会社
  (3) ソーラーフロンティア株式会社
  (4) パナソニック株式会社
  (5) 三菱電機株式会社
 8. 太陽光発電関連メ-カーの動向と戦略(表)

第Ⅲ章風力発電市場の動向と展望
 1. 洋上風力発電世界市場の動向と実態
  (1) 洋上風力発電世界市場概況と動向
  (2) 洋上風力発電市場の最新動向
  (3) 洋上風力発電の技術概要と動向
   ①洋上風力発電技術概要
   ②洋上風力発電の設置例
  (4) 洋上風力発電の潜在性(2 ページ目・表)
   ①洋上風力発電世界市場推移(年別)
   ②洋上風力発電世界市場推移(累積)
   ③洋上風力発電世界市場地域別推移(累積)
   ④洋上風力発電地域別シェア(容量・単年)
   ⑤洋上風力発電地域別シェア(容量・累積)
   ⑥洋上風力発電機世界シェア(基数・単年)
   ⑦洋上風力発電機世界シェア(容量・単年)
   ⑧洋上風力発電機世界シェア(基数・累積)
   ⑨洋上風力発電機世界シェア(容量・累積)
   ⑩洋上風力発電世界市場長期推移・予測(2001~30 年)
   ⑪洋上風力発電地域別市場長期推移・予測(2001~30 年)
  (5) 着床式洋上風力発電の技術開発動向
   【参考】浮体式洋上風力発電の実証試験(表)
 2. 洋上風力発電国内市場の動向と実態
  (1) 着床式洋上風力発電システム実証研究
   【参考】洋上風力発電等実証研究の概要
  (2) 洋上風力発電国内市場の動向と展望(表)
   【参考】国内の洋上風力発電導入実績(表)
   ①洋上風力発電機国内市場推移・予測(年別・累積)
   ②洋上風力発電国内シェア(基数・容量)累積
   ③洋上風力発電国内市場長期推移・予測(2005~50 年)
 3. 陸上風力発電世界市場の動向と実態
  (1) 世界風力発電市場概況と動向
  (2) 風力発電市場の最新動向(世界/国内)
  (3) 風力発電市場業界図(世界/国内)表
   ①風力発電世界導入基数推移(年別)
   ②風力発電世界導入容量推移(年別)
   ③風力発電世界導入容量推移(累計)
   ④風力発電世界導入容量長期推移・予測
  (4) 国・地域別の導入規模と目標値
   ①風力発電導入基数国別シェア(単年)
   ②風力発電導入容量国別シェア(単年)
   ③風力発電導入容量国別シェア(累計)
  (5) 風力発電機メーカーシェア(世界)
 4. 風力発電国内市場の動向と実態
  (1) 国内風力発電市場概況と動向
  (2) 国内風力発電市場推移・予測(グラフ)
   ①風力発電導入容量(年別)推移(10kW 以上)
   ②風力発電導入基数(年別)推移(10kW 以上)
   ③風力発電導入容量(累積)推移(10kW 以上)
   ④風力発電導入基数(累積)推移(10kW 以上)
   ⑤大型風力発電機導入容量推移(1,501kW~)
   ⑥大型風力発電機導入基数推移(1,501kW~)
   ⑦中型風力発電機導入容量推移(501~1,500kW)
   ⑧中型風力発電機導入基数推移(501~1,500kW)
   ⑨小型風力発電機導入容量推移(10~500kW)
   ⑩小型風力発電機導入基数推移(10~500kW)
   ⑪風力発電国内導入量長期推移予測(容量・2001~30 年度)
   ⑫風力発電国内導入量長期推移予測(基数・2001~30 年度)
  (3) 風力発電機メーカーシェア(~2017 年度)(2~3 頁目・表)
   ①大型~小型風力発電機メーカーシェア(単年)
   ②大型~小型風力発電機メーカーシェア(累積)
   ③大型~小型風力発電事業者国内シェア(累積)
 5. 風力発電関連企業の動向と展望
  (1) エコ・パワー株式会社
  (2) 株式会社日本製鋼所
  (3) 株式会社日立製作所
  (4) 三菱重工業株式会社
  (5) 株式会社ユーラスエナジーホールディングス
 6. 風力発電関連企業・団体の動向と戦略(表)

第Ⅳ章燃料電池市場の動向と展望
 1. 燃料電池世界市場の動向と展望(2010~2020 年度)
  (1) 燃料電池用途別世界市場の概況と動向
  (2) 燃料電池業界図(世界・日本)(表)
   ①燃料電池世界市場推移・予測(全体)(台数・金額)
   ②燃料電池用途別世界市場推移・予測(台数・金額)
   ③家庭用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ④自動車用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤ポータブル燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥産業・業務用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦動力用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑧携帯機器用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑨定置用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑩燃料電池地域別市場推移・予測(金額)
  (3) 燃料電池タイプ別世界市場の概況と動向
   ①燃料電池タイプ別世界市場推移・予測(台数・金額)
   ②固体高分子形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ③固体酸化物形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ④直接メタノール形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤リン酸形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥溶融炭酸塩形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦燃料電池容量別世界市場推移・予測(用途)
   ⑧燃料電池容量別世界市場推移・予測(種類)
 2. 燃料電池国内市場の動向と実態
  (1) 燃料電池国内市場の概況と動向
  (2) 燃料電池市場の最新動向
   ①燃料電池国内市場推移・予測(全体)(台数・金額)
   ②家庭用燃料電池国内メーカーシェア(台数・金額)
   ③家庭用燃料電池国内メーカー別出荷台数・金額推移予測
  (3) 燃料電池用途別国内市場の概況と動向
   ①燃料電池用途別国内市場推移・予測(台数・金額)
   ②家庭用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ③自動車用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ④ポータブル燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤産業・業務用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥動力用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦携帯機器用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑧定置用燃料電池国内市場推移・予測/構成比率(台数・金額)
  (4) 燃料電池タイプ別国内市場の概況と動向
   ①燃料電池タイプ別国内市場推移・予測(台数・金額)
   ②固体高分子形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ③固体酸化物形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ④直接メタノール形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤リン酸形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥溶融炭酸塩形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦燃料電池容量別国内市場推移・予測(用途)
   ⑧燃料電池容量別国内市場推移・予測(種類)
 3. 海外の燃料電池・水素関連動向
 4. 海外燃料電池関連メーカーの動向
 5. 燃料電池を取り巻く背景と助成制度
  (1) 再生可能エネルギーの概要と動向
   【参考】固定価格買い取り制度について(2018 年度)
  (2) 燃料電池に関する助成制度等(平成30 年度)
   【参考】民生用燃料電池導入支援補助金
 6. 燃料電池関連メーカーの動向と実態
  (1) アイシン精機株式会社
  (2) 東京ガス株式会社
  (3) 東芝燃料電池システム株式会社(保守)
  (4) 東邦ガス株式会社
  (5) パナソニック株式会社
 7. 燃料電池関連メーカーの動向と戦略(表)

第Ⅴ章有力新エネルギーの動向と展望
 1. バイオマスエネルギーの動向と展望
  (1) バイオマスエネルギーの概況と背景
  (2) バイオマス発電事業者協会について
  (3) バイオマス発電の設置動向(表・計5 頁)
  (4) 海外の木質バイオマス動向
  (5) 国内の木質バイオマス事例
  (6) バイオマス関連企業の動向と展望(簡易個票)
   (株) IHI / イーレックス(株) / 出光興産(株) / エア・ウォーター(株) /
   (株) エフオン/王子HD(株) / 大阪ガス(株) / 関西電力(株) / JFE エンジ
   ニアリング(株) / 住友林業(株) /(株) ZE エナジー/ (株) タクマ/
    中部電力(株) / (株) 東芝/ パナソニック(株) )
 2.バイオマス燃料の動向と展望
  (1) バイオマス燃料の歴史と特徴
  (2) バイオマス燃料の使用と品質規定
 3. 地熱発電の動向と展望
  (1) 地熱発電の概況と動向
  (2) 地熱発電の現状と展望
  (3) 地熱発電企業の動向と展望(簡易個票)
   (出光興産(株) / JFE エンジニアリング(株) / 富士電機(株) / 丸紅(株) )
 4. 中小水力発電市場の動向と展望
  (1) 水力発電の概況と動向
  (2) 国内外の水力発電の動向
  (3) 中小水力発電の国内事例
  (4) 中小水力発電関連企業の動向よと展望(簡易個票)
   (王子ホールディングス(株) / 川崎重工業(株) / 四国電力(株) / (株) スマート
   エナジー/ 日本工営(株) /フォレストエナジー(株) / 丸紅(株) )/ (株) 明電舎)
 5. 海洋エネルギー発電の動向と展望
  (1) 海洋エネルギー発電の動向
  (2) 日本の海洋エネルギー発電
  (3) 海洋エネルギー関連企業・団体の動向
 6. 太陽熱エネルギーと雪氷熱利用
  (1) 太陽熱エネルギーの利用と動向
  (2) 雪氷熱利用エネルギーの動向
 7. 有力新エネルギー関連企業の動向と戦略(表)

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
2018年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望 
− 再生可能エネルギーと大型蓄電池・系統安定化・仮想発電所 −
75,600 円 2018/09/21
2018年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望 
− 2050年 原発ゼロを目指す社会へ 〜 太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱・海洋発電 −
81,000 円 2018/03/23

発刊日

2019/04/19

体裁

B5/A4 / 250ページ

販売価格

81,000 円
(本体75,000円 消費税6,000円)

発行

株式会社日本エコノミックセンター

備考

※上記価格は「書籍版」か「CDタイプ(PDF)」単独の値段になります。
※書籍版+CDタイプ(PDF):90,000円 その他にプレミアムCD(PDF+Excel):90,000円 などのラインアップを取揃えております。
備考欄に記載された価格は全て税抜き価格です。消費税を加えた金額での販売となります。

関連カテゴリ

バイオ燃料(バイオディーゼル・バイオエタノール) / スマートグリッド・スマートシティ / 太陽光 / 電池・EV / エネルギー・環境(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE