サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype - Pipeline Review, H1 2019

プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプ − パイプライン分析(2019年上半期)

レポート概要

本レポートは、プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプ(プロスタノイドEP4受容体 / PTGER4)治療薬のパイプライン展望を明らかにします。

プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプのパイプライン標的は、約14分子から成り、そのうち約13分子が企業によって、残りが大学/研究機関によって開発されています。

プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプは、PTGER4遺伝子によってコード化されるプロスタグランジン受容体です。この受容体の活動は、アデニル酸シクラーゼを刺激するGタンパク質によって仲介され、平滑筋に弛緩作用を及ぼします。この受容体は、腎臓の血行力学、腸上皮の輸送、副腎皮質からのアルドステロン分泌、および子宮機能を調節する際に重要な役割を演じます。

本レポートは、適応症別、開発段階別、投与経路(MoA)別、作用機序(RoA)別、および分子タイプ別の分析による、プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプの標的療法に関する包括的な情報を提供します。

また、開発中、休止中、中止されたプロジェクトの代謝型グルタミン酸受容体3標的療法の開発に関与する主要企業を調査します。企業によって開発されている分子は、フェーズIIに5分子、フェーズIに1分子、前臨床段階に6分子、および創薬段階に1分子が存在します。大学によって開発されている分子は、創薬段階に1分子が存在します。

本レポートは、腫瘍学、中枢神経系、遺伝子障害、免疫学、女性の健康、胃腸、代謝性障害、呼吸器の治療分野(肺癌、乳癌、大腸癌、子宮内膜症、炎症性痛覚、肝癌、疼痛、前立腺癌、アレルギー、関節炎痛、自己免疫不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、結腸直腸癌、食道癌、家族性大腸ポリープ症、胃癌、消化管癌、頭頸部癌、肝細胞癌、遠隔転移を有する大腸癌、非小細胞肺癌、骨関節炎痛、骨形成不全症、骨粗鬆症、手術後の疼痛、直腸癌、慢性関節リウマチ、固形腫瘍、潰瘍性大腸炎など)をカバーします。

注)本レポートの一部のセクションは、該当疾患におけるデータの可用性や妥当性に基づいて、削除または変更される場合があります。

■ 調査範囲

  • プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプの世界的な治療展望のスナップショットを提供します。
  • 企業や業界固有の情報源に基づいた情報に基づいて、企業や大学/研究機関によるプロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプのパイプライン治療薬をレビューします。
  • 申請中から創薬までのいくつかの開発段階と未公開段階に基づいてパイプライン製品をカバーしています。
  • 製品説明、ライセンスおよびコラボレーションの詳細、研究開発の概要、MoAおよびその他の開発活動を含むパイプライン製品の薬物プロファイルを特徴とします。
  • プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプの治療薬に関わる主要企業、主要および副次プロジェクトをすべてレビューします。
  • 作用メカニズム(MoA)、薬物標的、投与経路(RoA)および分子タイプに基づいて、プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプの治療薬を評価します。
  • 休止中および中断中のパイプラインプロジェクトをすべて明らかにします。
  • プロスタグランジンE2受容体EP4サブタイプのパイプライン治療薬に関連する最新のニュースをレビューします。

調査企業

  • エーザイ(Eisai Co Ltd)
  • Eli Lilly and Co
  • GlaxoSmithKline Plc
  • 科研製薬(Kaken Pharmaceutical Co Ltd)
  • 小野薬品工業(Ono Pharmaceutical Co Ltd)
  • RaQualia Pharma Inc
  • Rottapharm Biotech Srl
  • Tempest Therapeutics Inc

レポート詳細

目次

Table of Contents
List of Tables
List of Figures
Introduction
Global Markets Direct Report Coverage
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Overview
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Therapeutics Development
Products under Development by Stage of Development
Products under Development by Therapy Area
Products under Development by Indication
Products under Development by Companies
Products under Development by Universities/Institutes
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Therapeutics Assessment
Assessment by Mechanism of Action
Assessment by Route of Administration
Assessment by Molecule Type
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Companies Involved in Therapeutics Development
Eisai Co Ltd
Eli Lilly and Co
GlaxoSmithKline Plc
Kaken Pharmaceutical Co Ltd
Ono Pharmaceutical Co Ltd
RaQualia Pharma Inc
Rottapharm Biotech Srl
Tempest Therapeutics Inc
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Drug Profiles
AAT-008 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
ARTEP - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
CR-6086 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
E-7046 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
grapiprant - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
GSK-726701A - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
KAG-308 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
ONO-4578 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
P-001 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
RMX-1002 - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
Small Molecule to Agonize EP4 Receptor for Osteoporosis and Osteogenesis Imperfecta - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
Small Molecule to Antagonize EP4 Receptor for Inflammatory Pain - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
Small Molecules to Antagonize EP2 and EP4 Receptor for Oncology - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
Small Molecules to Antagonize Prostanoid EP2 and EP4 Receptors for Endometriosis - Drug Profile
Product Description
Mechanism Of Action
R&D Progress
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Dormant Products
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Discontinued Products
Prostaglandin E2 Receptor EP4 Subtype (Prostanoid EP4 Receptor or PTGER4) - Product Development Milestones
Featured News & Press Releases
May 07, 2019: Kyn Therapeutics strengthens leadership team with key appointments
Dec 20, 2018: Kyn Therapeutics and Merck begin Phase Ib/I trials of ARY-007
Jul 19, 2018: Investigational New Drug (IND) Application for EP4 antagonist AAT-007 for Oncology Is Approved in China
Apr 17, 2018: Japan Patent Office Granted AskAt a Cartilage Disease Use Patent of EP4 Antagonist
Jan 22, 2018: Investigational New Drug (IND) Application for EP4 antagonist AAT-007 for Oncology Filed in China
Jan 22, 2018: Investigational New Drug (IND) Application for EP4 antagonist AAT-007 for Oncology Filed in China
Dec 18, 2017: Investigational new drug application for EP4 antagonist AAT-007 was approved by the National Food and Drug Administration of the People's Republic of China
Sep 01, 2017: Autoimmune disease Use Patent for EP4 antagonist Approved in Korea
Sep 01, 2017: Eisai to Present Abstract on E7046 at ESMO 2017 Congress
Sep 01, 2017: Eisai to Present Abstract on its Oncology Product Candidate E7046 at the ESMO 2017 Congress
Jun 30, 2017: India Patent Office Granted AskAt a Substance Patent of EP4 antagonist(AAT-007)
Apr 25, 2017: Autoimmune disease Use Patent for EP4 antagonist Approved in Japan
Mar 30, 2017: Treatment of Cancer Use Patent for EP4 antagonist Approved in US
Aug 17, 2016: Treatment of Cancer Use Patent for EP4 antagonist Approved in China
Jun 03, 2016: Autoimmune disease Use Patent for EP4 antagonist Approved in Mexico
Appendix
Methodology
Coverage
Secondary Research
Primary Research
Expert Panel Validation
Contact Us
Disclaimer

List of Tables
Number of Products under Development by Stage of Development, H1 2019
Number of Products under Development by Therapy Areas, H1 2019
Number of Products under Development by Indications, H1 2019
Number of Products under Development by Indications, H1 2019 (Contd..1), H1 2019
Number of Products under Development by Companies, H1 2019
Products under Development by Companies, H1 2019
Products under Development by Companies, H1 2019 (Contd..1), H1 2019
Products under Development by Companies, H1 2019 (Contd..2), H1 2019
Number of Products under Investigation by Universities/Institutes, H1 2019
Products under Investigation by Universities/Institutes, H1 2019
Number of Products by Stage and Mechanism of Actions, H1 2019
Number of Products by Stage and Route of Administration, H1 2019
Number of Products by Stage and Molecule Type, H1 2019
Pipeline by Eisai Co Ltd, H1 2019
Pipeline by Eli Lilly and Co, H1 2019
Pipeline by GlaxoSmithKline Plc, H1 2019
Pipeline by Kaken Pharmaceutical Co Ltd, H1 2019
Pipeline by Ono Pharmaceutical Co Ltd, H1 2019
Pipeline by RaQualia Pharma Inc, H1 2019
Pipeline by Rottapharm Biotech Srl, H1 2019
Pipeline by Tempest Therapeutics Inc, H1 2019
Dormant Projects, H1 2019
Discontinued Products, H1 2019
Discontinued Products, H1 2019 (Contd..1), H1 2019

List of Figures
Number of Products under Development by Stage of Development, H1 2019
Number of Products under Development by Therapy Areas, H1 2019
Number of Products under Development by Top 10 Indications, H1 2019
Number of Products by Mechanism of Actions, H1 2019
Number of Products by Stage and Mechanism of Actions, H1 2019
Number of Products by Routes of Administration, H1 2019
Number of Products by Stage and Routes of Administration, H1 2019
Number of Products by Molecule Types, H1 2019
Number of Products by Stage and Top 10 Molecule Types, H1 2019

発刊日

2019/06/10

体裁

PDF / 58ページ

販売価格

3,500USD

発行

Global Markets Direct

備考

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

関連カテゴリ

医薬品原料・製剤 / 創薬一般 / メディカル・バイオ(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE