サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


Female Infertility: Epidemiology Forecast to 2028

女性の不妊症:2028年までの疫学予測

レポート概要

不妊症とは一般に、1年間妊娠を試みた後に妊娠することが困難であることを指しますが、繁殖力の低下には、妊娠または満期までの妊娠の問題が含まれます(Chandra, Copen and Stephen, 2013)。不妊症および生殖能力障害の主な原因因子は、卵管機能障害、月経障害、性的障害、加齢、およびごく一部の患者では卵巣不全です。

本レポートは、査読済みの記事から得られた過去のデータと人口ベースの研究を利用して、7MMの女性の不妊症の総有病者数の予測を構築しました。また、上記のソースから各国の人口に引き出された女性の不妊症の有病率を適用して、女性の不妊症の推定総有病者数と病因因子による追加のセグメンテーションを計算しました。

以下のデータは、女性の不妊症の疫学について説明しています。本レポートでは、予測期間中に0.31%の負の年間成長率(AGR)で、総有病者数は2018年の13,840,680人から2028年には13,407,257人への減少を予測しています。米国では、7MMの中で女性の不妊症の総有病者数が最も多く、スペインが最も少なくなります。

■調査範囲

  • 7MM(米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)における女性の不妊症のリスクファクター、および世界的動向の概要を説明しています。
  • これらの市場の年齢(15〜44歳)でセグメント化された女性の不妊症の総有病者数の10年疫学予測が含まれています。女性の不妊症の総有病者数は、主要な病因因子(排卵機能障害、子宮内膜症、卵管異常、子宮異常、原因不明の病因)によってさらに細分化されています。
  • 本レポートは、修士および博士レベルの疫学者によって書かれています。
  • 本レポートは、主要7市場における同疾患の動向に対する専門家の分析に基づく、詳細・高品質・明確な市場主導型のレポートです。

レポート詳細

目次

1 Table of Contents
1.1 List of Tables
1.2 List of Figures

2 Female Infertility: Executive Summary
2.1 Related Reports
2.2 Upcoming Reports

3 Epidemiology
3.1 Disease Background
3.2 Risk Factors and Comorbidities
3.3 Global and Historical Trends
3.4 Forecast Methodology
3.4.1 Sources
3.4.2 Forecast Assumptions and Methods: Total Prevalent Cases of Female Infertility and Impaired Fecundity
3.4.3 Forecast Assumptions and Methods: Total Prevalence of Female Infertility by Major Etiological Factors
3.5 Epidemiological Forecast for Female Infertility and Impaired Fecundity (2018-2028)
3.5.1 Total Prevalent Cases of Female Infertility
3.5.2 Total Prevalent Cases of Impaired Fecundity
3.5.3 Age-Specific Total Prevalent Cases of Female Infertility
3.5.4 Age-Specific Total Prevalent Cases of Impaired Fecundity
3.5.5 Total Prevalent Cases of Female Infertility by Major Etiological Factors
3.6 Discussion
3.6.1 Epidemiological Forecast Insight
3.6.2 Limitations of the Analysis
3.6.3 Strengths of the Analysis

4 Appendix
4.1 Bibliography
4.2 About the Authors
4.2.1 Epidemiologist
4.2.2 Reviewers
4.2.3 Global Director of Therapy Analysis and Epidemiology
4.2.4 Global Head and EVP of Healthcare Operations and Strategy
4.3 About GlobalData
4.4 Contact Us
4.5 Disclaimer

1.1 List of Tables
Table 1: Risk Factors and Comorbid Conditions Associated with Female Infertility

1.2 List of Figures
Figure 1: 7MM, Total Prevalent Cases of Female Infertility (N), Ages 15-44 Years, 2018 and 2028
Figure 2: 7MM, Total Prevalent Cases of Impaired Fecundity (N), Women, Ages 15-44 Years, 2018 and 2028
Figure 3: 7MM, Total Prevalence of Female Infertility (%), Ages 15-44 Years, 2018
Figure 4: 7MM, Total Prevalence of Impaired Fecundity (%), Ages 15-44 Years, 2018
Figure 5: 7MM, Sources Used and Not Used to Forecast the Total Prevalent Cases of Female Infertility
Figure 6: 7MM, Sources Used and Not Used to Forecast the Total Prevalent Cases of Impaired Fecundity
Figure 7: 7MM, Sources Used and Not Used to Forecast the Total Prevalent Cases of Female Infertility by Major Etiological Factors
Figure 8: 7MM, Total Prevalent Cases of Female Infertility, N, Ages 15-44 Years, 2018
Figure 9: 7MM, Total Prevalent Cases of Impaired Fecundity, N, Ages 15-44 Years , 2018
Figure 10: 7MM, Age-Specific Total Prevalent Cases of Female Infertility, N, Ages 15-44 Years , 2018
Figure 11: 7MM, Age-Specific Total Prevalent Cases of Impaired Fecundity, N, Women, Ages 15-44 Years, 2018
Figure 12: 7MM, Total Prevalent Cases of Female Infertility by Major Etiological Factors, N, Ages 15-44 Years, 2018

発刊日

2019/07/16

体裁

PDF / 29ページ

販売価格

3,995USD

発行

GlobalData

備考

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

関連カテゴリ

疾病別治療・領域別治療 / 健康・健康食品・特定保健用食品

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE