サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


アニメ産業レポート2019 【ダウンロード版】

レポート概要

ポイント
前年比100.9%、6年連続で最高値を更新したアニメ産業の2018年市場概況・注目動向
アニメ産業を、テレビ、劇場、パッケージ、配信、商品化、広告、音楽、ライブ、海外、の分野別に動向を解説
2018年公開アニメ作品データ「年間パーフェクト・データ」を収録(※WEB刊行)

一般社団法人日本動画協会では、2008年にデータベースワーキンググループ(以下DBW)を設置し、座長を含め日本動画協会の会員社から名乗りを上げた有志からなる委員に加え、データの客観性の担保、社会的相対化の必要性などから、大学教員、研究者、評論家など外部オブザーバーが参加し、アニメ産業データの調査を行ってきた。
なお、当協会が2016年4月に組織改定を行ったため、DBWは解散となったが、2017年4月より、新たに統計データワーキンググループを立ち上げ、引き続きレポートの作成を行っている。

2018年は9年連続売上増、6年連続最高値更新も達成。しかしながら、これまでの成長の原動力となっていた、2015年から急激に数字を伸ばした海外市場の成長が鈍化した。
中国でのメディア規制の影響により、中国への権利販売ビジネスが大きく減衰したことが影響を与えていると考えられる。一方で、AmazonやNetflixに続き、ディズニー、ワーナー等がグローバル配信プラットフォームに参入をはじめている。こうした世界的な5Gを見据えたメディア戦略の中で、日本のアニメの海外市場での成長には一層の期待が持たれる。また、近年に急成長を遂げている海外でのアニメ由来のネットゲーム売上についても追いかけていきたい。

本書は、アニメ業界の基礎データや現状を知ってもらうために最適な内容を目指しており、これから業界を目指す学生、研究者の方々、またすでに業界で活躍している方に是非見ていただきたい。

なお、2018年公開アニメ作品「年間パーフェクト・データ」は本年度より本書購入者を対象にデータとして提供を行わせていただく。

レポート詳細

セット販売に関しまして

◆ アニメ産業レポート(2018/2019セット版)【ダウンロード版】
http://www.spi-information.com/report/24757.html

※価格はセット版ご案内ページにてご確認ください。

目次

【本編】

はじめに

執筆者一覧

1. 2018年アニメ産業総括
 1-1. 市場動向概観
    -9年連続続伸だが急成長を遂げてきた海外市場の成長鈍化-
 1-2. アニメ企業動向
    -制作現場も製作も大きく変わる2018年アニメ企業動向-

2. 各分野解説
 2-1. アニメ映像流通市場
  (1)総論
    -前年比98.9%、ビデオと配信が遂に逆転-
  (2)テレビアニメ
    -制作分数再び増加、2006年以来の最高水準に-
  (3)劇場アニメ
    -邦画興行収入の3割超、新規参入企業も現れたアニメ映画ビジネス-
  (4)ビデオパッケージ
    -アニメビデオパッケージ市場、前年比23%減少で環境厳しい-
  (5)ネット配信
    -パッケージ市場を上回った配信市場、ビジネスモデルは変革続く-
 2-2. アニメ商品化等二次利用
    -デジタル商材市場の拡大で過渡期を迎える商品化市場-
 2-3. 広告・販促プロモーション
    -様々な工夫が見えるアニメキャラクター活用広告-
 2-4. アニメ音楽
    -デジタル売上加算による上昇-
 2-5. ライブエンタテイメント
    -アニメ産業に波及するライブエンタテイメントの多方面展開-

3. 海外動向
 3-1. 世界の中の日本のアニメ
    -米メディア産業再編のなか、1兆円を超えた日本アニメ海外市場-

4. 特別編
 4-1. 日本のアニメーション制作におけるデジタル化の現状
    -日本のアニメ制作工程の特殊性と作画・管理のデジタル化に向けた取り組み-

【WEB刊行:2018年アニメ全作品年間パーフェクトデータ】

【巻末資料】
 資料① 日本のアニメ市場(業界・産業)の推移
 資料② 日本のアニメ業界・アニメ市場の近年の動向
 資料③ 日本のアニメの海外展開
 資料④ 日本のアニメ制作会社の分布

<アニメ産業レポート2019 本編>

▼執筆者一覧

増田 弘道 アニメ産業研究家
株式会社ビデオマーケット 顧問
数土 直志 ジャーナリスト
日本経済大学大学院エンターテインメントビジネス研究所特任教授
陸川 和男 株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長
一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会 専務理事
森  祐治 株式会社電通コンサルティング代表取締役社長 シニア・ディレクター
亜細亜大学 都市創造学部 特任教授
伊藤 直史 株式会社ADKエモーションズ コンテンツ戦略室
亀山 泰夫 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科研究員
一般社団法人CiP協議会 事務局シニアディレクター
小野打 恵 株式会社ヒューマンメディア 代表取締役社長

▼編集

増田 弘道
(編集統括)
アニメ産業研究家
株式会社ビデオマーケット 顧問
長谷川雅弘 株式会社ヒューマンメディア 事業プロデューサー
芦川美紗子 株式会社ヒューマンメディア

▼資料作成協力

想田  充 アニメーション研究者・キュレーター

▼編集協力

上原 弘子 尚美学園大学大学院 非常勤講師

<アニメ産業レポート2019 年間パーフェクトデータ>

▼資料調査・編集・構成・執筆
リスト制作委員会
 原口正宏 他

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
アニメ産業レポート2019 【書籍版】  
11,000 円 2019/12/09
アニメ産業レポート(2018/2019セット版) 【ダウンロード版】  
16,500 円 2019/12/09
アニメ産業レポート2018 【書籍版】 
11,000 円 2018/12/04
アニメ産業レポート2018 【ダウンロード版】 
11,000 円 2018/12/04
アニメ産業レポート(2017/2018セット版) 【書籍版】 
14,300 円 2018/12/04
アニメ産業レポート(2017/2018セット版) 【ダウンロード版】 
14,300 円 2018/12/04
アニメ産業レポート(2018/2019セット版) 【書籍版】  
16,500 円 2019/12/09

発刊日

2019/12/09

体裁

A4 / 100ページ

販売価格

11,000 円
(本体10,000円 消費税1,000円)

発行

一般社団法人日本動画協会

備考

【年末年始のご対応について】
冬季休業のため、2019年内の納品につきましては、12月26日(木)13:00までにご入金の確認ができました注文分とさせていただきます。
休業期間にいただいたご注文やお問い合わせについては、1月6日(月)より、順次ご回答いたします。

※下記のPaypal決済の「今すぐ購入」ボタンから、決済をお願いします。
※ダウンロードPDFデータに関するメール送信は、手動のため、納品までに2~3営業日かかる場合があります。

関連カテゴリ

デジタルコンテンツ・エンターテインメント

購入・お問い合わせ

▼Paypal決済
Paypalこのレポートを購入
資料のお届けには2~3日かかります

詳細を問い合わせる


PAGE