サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


2020年版 対話AIビジネスの現状と将来展望

〜日・米・中の最新市場動向〜

レポート概要

  • 対話AI先進国 米国、中国の最新ビジネス動向を把握
  • 国内の対話AIビジネスは順調に伸長。2025年に7,000億円の市場成長予測
  • 国内主要企業26社に業界アンケート・ヒアリングを実施 市場のリアルな現状がわかる
  • 参入企業のサービス内容を整理した詳細個票 国内100社
  • 対話AIビジネス カオスマップ 170社掲載

対話AIとは、人間が用いる自然言語(言葉、文字、文章)を自然言語処理技術や音声認識技術を用いてコンピュータに理解させる人工知能を指します。チャットボットやスマートスピーカー、コミュニケーションロボットなどのサービス・デバイスの発展を支えており、企業や自治体の業務効率化だけでなく、ユーザエクスペリエンスの向上に役立っています。
シード・プランニングでは、2018年から継続して対話AIビジネスに関する市場調査レポートを発刊しています。最新刊の2020年版では、日本の市場動向にくわえ対話AIビジネスで先行している米国、中国の最新ビジネス動向を明らかにしています。
また、日本国内の主要企業を対象としたアンケート・ヒアリングを実施し、市場環境や顧客傾向、課題、今後の成長予測を把握しました。対話AIビジネスは競争激化や顧客のAIの能力への過大な認識があるものの、着実に拡大しており、2025年には7000億円の市場規模に成長すると予測しました。Google、Amazon、NTTドコモ、LINE、バイドゥ、アリババ等のプラットフォーム企業17社を含め、参入企業167社の詳細ビジネスを整理することで、日・米・中の対話AIビジネスを網羅的にとらえています。

サンプルを見る

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

https://www.seedplanning.co.jp/press/2019/2019121101.html

著者

山口真吾(慶應義塾大学環境情報学部准教授)

目次

【現状と将来予測編】

調査概要

国内対話AI ビジネスの最新動向

米・中の対話AI ビジネスと日本市場

1 総括 対話AI ビジネスの日米中の最新市場動向
 (1)調査対象の市場セグメント
 (2)総括 日本・米国・中国の国際比較等
  ①プラットフォーム企業の戦略に関する国際比較(日・米・中)
  ②対話AI デバイスの市場発展状況の国際比較(日・米・中)
  ③スマートスピーカーの国内スキル数の推移(各社別)
  ④国内スマートスピーカースキルの分類と提供状況

2 世界・日本のスマートスピーカー市場
 (1)世界の市場動向
 (2)米国の市場動向
 (3)日本の市場動向
 (4)中国の市場動向

3 世界・日本のチャットボット市場
 (1)世界の市場動向
 (2)チャットボット導入に動く海外の産業セグメント、導入効果
 (3)米国のチャットボットベンダー
 (4)高度化する米国チャットボットサービスの特徴
 (5)日本の市場動向

4 世界・日本のコミュニケーションロボット市場
 (1)世界の市場動向
 (2)日本の市場動向
 (3)中国の市場動向

5 国内企業のヒアリング・アンケート結果
 (1)調査方法
 (2)結果のサマリー
 (3)調査結果(詳細)
  ①顧客企業やユーザーにおける対話AI 製品・サービスの用途利用
  ②対話AI 製品・サービスの主な顧客層
  ③今後の顧客層のターゲット
  ④顧客企業が対話AI 製品・サービスに対して期待すること
  ⑤自社が対話AI ビジネスを展開する上の課題
  ⑥国内の対話AI ビジネスの市場全体について、短期(3 年後の2022 年頃まで)
   のトレンド予測
  ⑦国内の対話AI ビジネスの市場全体について、中長期(6 年後の2025 年頃まで)
   のトレンド予測
  ⑧自社が期待する関連ビジネスの発展促進要因

6 業界の概況と将来予測
 (1)対話AIビジネス業界の俯瞰図(カオスマップ)
 (2)スマートスピーカー業界の将来予測
  ①クラウドプラットフォーム提供企業(Amazon、Google、LINE、NTTドコモ)
  ②スキル開発&ソリューションベンダー
  ③デバイスメーカー
 (3)チャットボット業界の将来予測
  ①ソリューションベンダー
 (4)コミュニケーションロボット業界の将来予測
 (5)将来の国内市場 規模予測(市場別、金額ベース、台数ベース)

7 国内プラットフォーム企業の動向
 (1)NTTドコモ
  ①NTT ドコモの対話AI ビジネス戦略
  ②AI エージェントサービス my daiz
  ③自然な対話を実現できる自然対話プラットフォーム
  ④ビジネスユース向けのFAQ チャットボット機能
  ⑤ロボット・玩具向けに重点化した「おしゃべりロボット for Biz」
  ⑥対話AI システム構築のためのAPI 提供 「docomo Developer support」
  ⑦多目的対話ができるプロ向けのAI エージェント基盤 project: SEBASTIEN
  ⑧モビリティに新たな価値を創出するAI インフォテイメントサービス
  ⑨自然対話が可能なAI 案内サービス「おしゃべり案内板」
 (2)LINE
  ①LINE の対話AI ビジネス戦略
  ②LINE のチャットボット推進策
  ③クラウドAI プラットフォーム Clova
  ④スマートスピーカーのラインナップ
  ⑤注目されるClova の家電対応
  ⑥車とClova を連携させる「Clova Auto」
  ⑦対話AI ビジネスへの発展可能性を秘めたCSR 活動
  ⑧AI 電話応対サービス(LINE AiCall)
 (3)ソフトバンク
  ①対話型コミュニケーションロボットPepper
  ②提供数が伸び悩むロボアプリのトレンド
  ③ロボアプリの開発環境と認定パートナー企業
  ④Pepper 関連事業と将来展望

8 グローバルプラットフォーム企業の動向
 (1)グーグル(Google)
  ①Google の対話AI ビジネス戦略
  ②Google Assistant の普及状況(世界、国内)
  ③国内アプリケーションと日米比較
  ④最近のGoogle Assistant の注目サービス事例
  ⑤Actions on Google によるアプリ開発促進策
  ⑥AI スマートスピーカー Google Home の動向
  ⑦今年発表されたGoogle Assistant 対応の新デバイス一覧
  ⑧スマートホームデバイス全38 種類
  ⑨レストラン予約を自動化するGoogle Duplex の最新動向
 (2)アマゾン(Amazon)
  ①Amazon の対話AI ビジネス戦略
  ②Alexa に関するビジネスモデルの特徴
  ③Amazon Alexa の普及状況(世界、日本)
  ④急成長する国内スキルの動向、カテゴリ傾向
  ⑤Amazon のスキル高度化戦略一覧
  ⑥今年発表されたAlexa 対応の新デバイス一覧
  ⑦Amazon が提供する魅力的な開発環境(SDK、API 等)
  ⑧任意のアプリケーションに対話型インターフェースを構築できるAmazon Lex
  ⑨利用シーン拡大戦略(家、車内、職場、ホテル、病院、大学、銀行)
  ⑩マルチモーダル化(音声と視覚の連携)への取組
  ⑪Alexa の健康医療分野への応用例
 (3)マイクロソフト(Microsoft)
  ①パーソナルアシスタントCortana
  ②Microsoft Azure を用いたCortana の開発環境
  ③Cortana のデバイス・スキルの開発促進策
  ④会話チャットボット 女子高生AI りんな、小冰、Tay
 (4)アップル(Apple)
  ①音声認識アシスタント機能Siri の概要
  ②日本でも販売開始されたAI 音声スマートスピーカー HomePod
  ③外部開発者へ更改されているSiri 機能
 (5)IBM
  ①外部向け自然言語処理機能が最も充実しているIBM Watson
  ②対話アプリケーション開発プラットフォーム Watson Assistant (旧Conversation)
 (6)フェイスブック(Facebook)

9 米国チャットボット主要企業の動向
 (1)Nuance Communications
  ①企業概要
  ②カスタマー・エンゲージメント・ソリューションの提供
  ③インテリジェントな自動バーチャルアシスタントテクノロジー:Nina
  ④自動車向け対話AI イノベーション
 (2)IPsoft
  ①企業概要
  ②知的仮想エージェントのAmelia
 (3)[24]7.ai
  ①企業概要
  ②AI 仮想エージェント「AIVA」
  ③[24]7ai が提唱するチャットボットの導入メリット
  ④大手企業に対するチャットボットの導入事例

10 中国プラットフォーム企業の動向
 (1)Baidu(百度、バイドゥ)
  ①対話式AI アシスタント Duer(度秘)
  ②アプリ開発のためのDuerOS オープンプラットフォーム
  ③DuerOS オープンプラットフォーム
  ④AI スマートスピーカー 「小度シリーズ」
  ⑤次世代新機能
 (2)Xiaomi(小米科技、シャオミ)
  ①音声AI アシスタント Xiao AI
  ②Xiaomi スマートスピーカー
  ③アプリ開発のためのXiaoAI オープンプラットフォーム
  ④開発者激励計画
  ⑤xiaoAi アプリ
  ⑥その他XiaoAI スピーカーシリーズ
 (3)京東(Jing dong ジンドン)
  ①Dingdong スマートスピーカー A1
  ②Dingdong スマートスピーカーファミリー
  ③JingdongIOT 戦略について
  ④「Little Jingyu」
 (4)Alibaba(アリババ)
  ①AliGenie 開発プラットフォーム
  ②TmallGenie(X1)
  ③TmallGenie(Fire Eye)
  ④TmallGenie そのほかのシリーズ
  ⑤AIiGenie シリーズ
 (5)騰訊(Tencent:テンセント)
  ①音声AI アシスタント Tencent jingle(腾讯叮当)
  ②Tencent jingle 搭載商品(一部)

付録1 本調査分析で取り扱う市場セグメントの説明

付録2 対話AI のビジネス年表

付録3 スマートスピーカーの普及予測等に関する調査報告書リスト
 1.スマートスピーカーに関する調査
 2.チャットボットに関する調査
 3.音声サービス・仮想アシスタントに関する調査
 4.その他

付録4 対話AI 国内事業者アンケート調査票

【個別企業編】
 個票の見方について
 ヒアリング結果
 事業者オープンデータ個票
 対話AI関連事業者のサービス一覧

個別企業編目次

個票の見方について

ヒアリング結果
【001】 hachidori 株式会社 [B-1]
【002】 株式会社エーアイスクエア [B-1]
【003】 株式会社オウケイウェイヴ [B-1]
【004】 トランスコスモス株式会社 [B-1]
【005】 株式会社空色 [B-1]
【006】 株式会社野村総合研究所
【007】 富士ソフト株式会社 [C-1]
【008】 株式会社三菱総合研究所 [B-1]

事業者オープンデータ個票
【009】 AI CROSS 株式会社 [B-1]
【010】 株式会社AI Shift [B-1]
【011】 株式会社ALBERT(アルベルト) [B-1]
【012】 Automagi(オートマギ)株式会社 [B-1, B-3]
【013】 株式会社Empath [B-2, B-3]
【014】 Fairy Devices(フェアリーデバイセズ)株式会社 [C-2]
【015】 株式会社FRONTEO [B-3,C-3]
【016】 Gatebox 株式会社 [A-3,C-3]
【017】 株式会社GoQSystem [B-1]
【018】 株式会社ISAO [B-2]
【019】 Jetrun テクノロジ株式会社 [B-1, B-3]
【020】 KDDI 株式会社 [A-1]
【021】 株式会社KDDI エボルバ [B-1]
【022】 株式会社KDDI 総合研究所 [B-1, B-2, B-3]
【023】 株式会社L is B [B-1]
【024】 株式会社MJI [C-3]
【025】 株式会社N2i [B-1]
【026】 NDI ソリューションズ株式会社 [B-1]
【027】 株式会社Nextremer(ネクストリーマー) [B-1, B-3]
【028】 NTT コミュニケーションズ株式会社 [B-1, B-3]
【029】 NTT コムウェア株式会社 [B-1]
【030】 株式会社NTT データ [B-1, B-3]
【031】 NTT レゾナント株式会社 [B-1, B-3]
【032】 株式会社PKSHA Technology [B-1]
【033】 株式会社PROFESSY [B-1]
【034】 SCSK 株式会社 [B-1]
【035】 株式会社Spectee [B-1, B-3]
【036】 株式会社Studio Ousia [B-1]
【037】 TIS 株式会社 [B-1]
【038】 株式会社TOKAI コミュニケーションズ [B-2]
【039】 tripla 株式会社 [B-1]
【040】 株式会社U-NEXT マーケティング [B-1]
【041】 株式会社WHITE [A-2,B-2]
【042】 株式会社Works Human Intelligence [B-1]
【043】 株式会社Zeals [B-1]
【044】 株式会社アイリッジ [A-1,B-1]
【045】 株式会社アドバンスト・メディア [B-1, B-2, B-3]
【046】 株式会社アプリックス [B-2,C-2]
【047】 イナゴ株式会社 [B-1, B-3]
【048】 ヴイストン株式会社 [C-3]
【049】 株式会社エーアイ [A-3,B-3]
【050】 エクスウェア株式会社 [B-1]
【051】 株式会社オトナル [B-2]
【052】 株式会社オプティム [B-1]
【053】 オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社 [C-3]
【054】 カラクリ株式会社 [B-1]
【055】 株式会社ギブリー [B-1]
【056】 クラスメソッド株式会社 [B-2]
【057】 株式会社グルーヴノーツ [B-1, B-2]
【058】 株式会社こころみ [B-2]
【059】 株式会社コトバデザイン [B-1,B-2,B-3]
【060】 株式会社コンシェルジュ [B-1]
【061】 株式会社サイバード [A-2,B-2]
【062】 株式会社ジェナ [B-1, B-2, B-3]
【063】 シャープ株式会社 [A-1, C-3]
【064】 ジョイズ株式会社 [A-1]
【065】 セイコーソリューションズ株式会社 [B-2]
【066】 株式会社ゼンリン [B-3]
【067】 ソニー株式会社 [C-2, C-3]
【068】 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 [A-3,C-3]
【069】 株式会社タレントアンドアセスメント [B-1, B-3]
【070】 株式会社チャットブック [B-1]
【071】 チャットプラス株式会社 [B-1]
【072】 株式会社ティファナ・ドットコム [B-1]
【073】 株式会社テスティー [B-1]
【074】 デフィデ株式会社 [B-1]
【075】 ドーナッツ ロボティクス株式会社 [B-3,C-3]
【076】 株式会社バイタリフィ [B-1]
【077】 株式会社ハタプロ [C-3]
【078】 パナソニック株式会社 [A-1, C-2]
【079】 株式会社ヘッドウォータース [B-1, B-2, B-3]
【080】 ベルズシステム株式会社 [B-1]
【081】 株式会社マックスマウス [B-1]
【082】 株式会社ミツエーリンクス [B-2]
【083】 株式会社ミライエ [B-2]
【084】 メディアリンク株式会社 [B-1]
【085】 株式会社ユーザーローカル [B-1]
【086】 ユカイ工学株式会社 [C-3]
【087】 ユニロボット株式会社 [C-3]
【088】 株式会社ラクス [B-1]
【089】 りらいあコミュニケーションズ株式会社 [B-1,B-2]
【090】 沖電気工業株式会社 [B-1]
【091】 九州電力株式会社 [A-2]
【092】 西日本電信電話株式会社 [A-1]
【093】 株式会社大塚商会 [B-1]
【094】 大日本印刷株式会社 [B-1, B-2, B-3]
【095】 凸版印刷株式会社 [B-1,B-3]
【096】 日本ユニシス株式会社 [A-1, A-3, C-3]
【097】 日本電気株式会社 [B-1,B-3]
【098】 株式会社日立製作所 [C-3]
【099】 富士通株式会社 [B-1, B-3]
【100】 株式会社富士通エフサス [B-1]

対話AI 関連事業者のサービス一覧

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
2019年版 対話AIビジネスの現状と将来展望 【PDF版】 
〜スマートスピーカー、チャットボット、ロボットが実現するコミュニケーション知能化の最新トレンドと個別事例〜
198,000 円 2018/11/27
2018年版 対話AIビジネスの現状と将来展望 
198,000 円 2017/11/10

発刊日

2019/12/03

体裁

A4 / 496ページ

販売価格

220,000 円
(本体200,000円 消費税20,000円)

発行

株式会社シード・プランニング

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版」単独での価格です。
※書籍版・PDF版同時購入の場合 230,000円 + 消費税
※【現状と将来予測(1〜6章)・個別企業編】PDF版のみ180,000円 + 消費税
※【主要プラットフォーム企業17社の動向編】(7章〜10章)PDF版のみ50,000円 + 消費税もございます。お問い合わせ下さい。

関連カテゴリ

インターネット通信インフラeビジネス / 携帯電話モバイル / ホームネットワーク情報家電AV / エレクトロニクス・IT(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE