サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


スマートエネルギー 〜 Fuel Cell編

2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望

− 水素エネルギー社会・燃料電池市場実態/予測 −

レポート概要

 水素社会の実現に向けた取り組みが加速しています。環境負荷低減の手法として水素の活用を視野に入れるとともに、地域振興の起爆剤として水素・燃料電池の活用、関連技術の開発を促す動きを強めています。
 その先頭を行くのが東京都です。都は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、水素エネルギーを活用した環境先進都市のモデル地区を構築し、国内外にPRすることを計画しています。また、2017年4月に東京オリンピック・パラリンピック開催後の選手村地区(東京都中央区晴海)での街づくりの将来像やエネルギー関連施策の方向性をまとめた「選手村地区エネルギー整備計画」を策定しました。水素ステーション(ST)や30~40kW級の純水素型燃料電池5基を設置すること、水素STで燃料電池自動車(FCV)や燃料電池(FC)バスに水素供給すること、管径150mm×約1.2Kmの水素導管を整備して水素STから導菅で燃料電池に水素を供給することなどを盛り込んでいます。
 その一方、業務・産業用燃料電池では、数社が固体酸化物形燃料電池(SOFC)の市場投入を開始しています。市場投入したメーカー以外では、「水素・燃料電池戦略ロードマップ」に基づいて、2017~18年度以降の市場投入を目指しメーカー数社が業務用・産業用の開発を進めています。

レポート詳細

目次

序章燃料電池市場と水素エネルギー
 1.水素エネルギーの全体像
 2.水素製造技術について
 3.水素の輸送・貯蔵技術
 4.燃料電池の特徴と種類
 5.水素社会における燃料電池の将来
 6.水素・燃料電池戦略ロードマップ
 7.燃料電池車と水素ステーション普及
 8.東京オリンピックへの水素導入
 9.水素基本戦略について(概要)

第Ⅰ章燃料電池国内外市場の動向と展望
 1. 燃料電池世界市場の動向と展望
  (1) 燃料電池用途別世界市場の概況と動向
  (2) 燃料電池業界図(世界・日本)
   ①燃料電池世界市場推移・予測(全体)(台数・金額)
   ②燃料電池用途別世界市場推移・予測(台数・金額)
   ③家庭用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ④自動車用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤ポータブル燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥産業・業務用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦動力用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑧携帯機器用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑨定置用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑩燃料電池地域別市場推移・予測(金額)
  (3) 燃料電池タイプ別世界市場の概況と動向
   ①燃料電池タイプ別世界市場推移・予測(台数・金額)
   ②固体高分子形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ③固体酸化物形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ④直接メタノール形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤リン酸形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥溶融炭酸塩形燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦燃料電池容量別世界市場推移・予測(用途)
   ⑧燃料電池容量別世界市場推移・予測(種類)
 2. 燃料電池国内市場の動向と実態
  (1) 燃料電池国内市場の概況と動向
  (2) 燃料電池市場の最新動向
   ①燃料電池国内市場推移・予測(全体)(台数・金額)
   ②家庭用燃料電池国内メーカーシェア(台数・金額)
   ③家庭用燃料電池国内メーカー別出荷台数・金額推移予測
  (3) 燃料電池用途別国内市場の概況と動向
   ①燃料電池用途別国内市場推移・予測(台数・金額)
   ②家庭用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ③自動車用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ④ポータブル燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤産業・業務用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥動力用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦携帯機器用燃料電池世界市場推移・予測(台数・金額)
   ⑧定置用燃料電池国内市場推移・予測/構成比率(台数・金額)
  (4) 燃料電池タイプ別国内市場の概況と動向
   ①燃料電池タイプ別国内市場推移・予測(台数・金額)
   ②固体高分子形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ③固体酸化物形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ④直接メタノール形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑤リン酸形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑥溶融炭酸塩形燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ⑦燃料電池容量別国内市場推移・予測(用途)
   ⑧燃料電池容量別国内市場推移・予測(種類)
 3. 海外の燃料電池・水素関連動向
 4. 海外燃料電池関連メーカーの動向
 5. 燃料電池を取り巻く背景と助成制度
  (1) 再生可能エネルギーの概要と動向
   【参考】固定価格買い取り制度の経緯
  (2) 燃料電池に関する助成制度等(令和元年度)
  (3) 民生用燃料電池導入支援補助金
   【参考】燃料電池関連団体概要(FCA/ACEJ)

第Ⅱ章家庭用燃料電池市場の動向と展望
 1. 家庭用燃料電池市場の動向と実態
  (1) 家庭用燃料電池市場の最新動向
  (2) 家庭用燃料電池市場の概要と動向
   ①家庭用燃料電池国内市場推移・予測(台数・金額)
   ②家庭用燃料電池販売会社シェア(台数・金額)
   ③家庭用燃料電池販売会社別販売台数推移・予測
   ④家庭用燃料電池別販売台数推移・予測
   ⑤家庭用燃料電池別累計台数推移・予測
   ⑥家庭用燃料電池累計台数/価格推移予測
 2. 家庭用燃料電池関連メーカーの動向と展望
  (1) アイシン精機株式会社
  (2) アストモスエネルギー株式会社
  (3) JXTG エネルギー株式会社
  (4) 静岡ガス株式会社
  (5) 西部ガス株式会社
  (6) 東京ガス株式会社
  (7) 東邦ガス株式会社
  (8) パナソニック株式会社
   【参考】家庭用燃料電池導入支援補助金(交付台数)

第Ⅲ章産業・業務用燃料電池市場の動向と展望
 1. 産業・業務用燃料電池市場の動向と実態
  (1) 産業・業務用燃料電池市場の最新動向
 2. 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の動向と展望
  (1) 固体酸化物形燃料電池市場の最新動向
 3. 固体酸化物形燃料電池関連メーカーの動向と展望
  (1) 関西電力株式会社
  (2) 京セラ株式会社
  (3) JXTG エネルギー株式会社
  (4) 東京ガス株式会社
  (5) 東邦ガス株式会社
  (6) 日本ガイシ株式会社
  (7) 株式会社日本触媒
  (8) 日立金属株式会社
  (9) ホソカワミクロン株式会社
  (10) 三菱重工業株式会社
 4. リン酸形燃料電池(PAFC)の動向と展望
  (1) リン酸形燃料電池の現状と動向
  (2) リン酸形燃料電池関連メーカーの動向と展望
 5. 溶融炭酸塩形燃料電池(MCFC)の動向と展望
  (1) 溶融炭酸塩形燃料電池の現状と展望
 6. ポータブル燃料電池の動向と実態
  (1) ポータブル燃料電池の最新動向
  (2) ポータブル燃料電池の今後と展望
  (3) リチウムイオン電池(LiB)との比較
 7. ポータブル燃料電池関連の技術開発動向
  (九州大学/静岡大学創造科学技術大学院/東京大学/物質・材料研究機構)
 8. ポータブル燃料電池関連メーカーの動向と展望
  (1) アクアフェアリー株式会社
  (2) パナソニック株式会社
  (3) 株式会社日立製作所
 9. ポータブル燃料電池部材関連メーカーの動向と展望
  (1) 株式会社クラレ
  (2) 東洋紡株式会社
  (3) 東レ株式会社
  (4) 日立金属株式会社

第Ⅳ章燃料電池自動車市場の動向と展望
 1. 燃料電池自動車(FCV)の動向と実態
  (1) 燃料電池自動車市場の最新動向
  (2) 燃料電池自動車の課題と展望
  (3) 環境対応車の現状と動向
  (4) 燃料電池自動車の提携関係
   ①燃料電池車世界市場推移・予測(2010~30 年度)
   ②地域別燃料電池車市場推移・予測(2010~30 年度)
   ③車種別燃料電池車世界市場推移・予測(2010~30 年度)
   ④燃料電池車国内市場推移・予測(2010~30 年度・累計)
 2. 燃料電池自動車関連国内メーカーの動向と展望
  (1) トヨタ自動車株式会社
  (2) 日産自動車株式会社
  (3) 本田技研工業株式会社
 3. 燃料電池自動車関連海外メーカーの動向と展望
 4. 水素ステーションの動向と展望
  (1) 水素ステーションの最新動向
  (2) 水素燃料の概要と市場動向
  (3) 水素燃料ビジネスの概要と展望
  (4) 水素燃料ビジネスの関連動向
  (5) 水素ステーション関連の補助金
  (6) 水素ステーションの課題と検討
   ①水素ステーション世界市場推移予測/地域別構成比率
   ②水素ステーション国内市場推移・予測(拠点・金額)
 5. 水素ステーション関連メーカーの動向と展望
  (1) 出光興産株式会社
  (2) 岩谷産業株式会社
  (3) エア・ウォーター株式会社
  (4) JXTG エネルギー株式会社
  (5) 大陽日酸株式会社
  (6) 東京ガス株式会社
  (7) 東邦ガス株式会社
  (8) 三菱化工機株式会社
 6. 水素ステーション設置動向(表)

第Ⅴ章燃料電池関連部材・技術の動向と展望
 1. 燃料電池部材市場の動向と実態
  (1) 燃料電池部材市場の最新動向
   ①燃料電池関連部材市場推移・予測(燃料電池別・金額)
   ②燃料電池関連部材構成比率(燃料電池別・金額)
 2. 固体高分子膜と電極材の動向と展望
  (1) 固体高分子膜・電極材の技術動向
  (2) 固体高分子膜世界市場推移予測/シェア
 3. 高分子膜・電極材関連メーカーの動向と展望
  (1) AGC 株式会社
  (2) 株式会社 GSI クレオス
  (3) 住友化学株式会社
  (4) 田中貴金属工業株式会社
  (5) デュポン株式会社
  (6) 戸田工業株式会社
  (7) 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
  (8) 株式会社フルヤ金属
  (9) ホソカワミクロン株式会社
 4. 燃料電池セパレータの動向と技術
 5. 燃料電池用セパレータ関連メーカーの動向と展望
  (1) NOK 株式会社
  (2) 山陽特殊製鋼株式会社
  (3) 昭和電工株式会社
  (4) 信越ポリマー株式会社
  (5) 大同特殊鋼株式会社
  (6) 東海カーボン株式会社
  (7) 日清紡ホールディングス株式会社
  (8) 日本製鉄 株式会社
  (9) 日立金属株式会社
 6. 燃料電池関連部材有力メーカーの動向と展望
  (1) オムロン株式会社
  (2) オリジン電気株式会社
  (3) 栗田工業株式会社
  (4) 帝人株式会社
  (5) 三菱ケミカル株式会社
 7. 燃料電池計測・評価装置関連メーカーの動向と展望
  (1) 株式会社エヌエフ回路設計ブロック
  (2) 菊水電子工業株式会社
  (3) 株式会社島津製作所
  (4) 株式会社チノー
  (5) 株式会社東陽テクニカ
  (6) 日置電機株式会社
  (7) 株式会社日立ハイテクノロジーズ
  (8) 横河電機株式会社
   ・電気計測器国内市場推移・予測
 8. 定置用燃料電池関連の技術開発動向
  (九州大学/京都大学/産業技術総合研究所/東京工業大学/東京都市大学/
   東京理科大学/(財) ファインセラミックスセンター/北海道大学/
   山梨大学/横浜国立大学/理化学研究所)
 9. 燃料電池関連メーカーの動向と戦略(表)

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望 
− エネルギーデバイス〜 車載用LiB・リチウムイオン電池市場実態・関連部材/技術−
77,000 円 2019/08/23
2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望 
- 全固体電池・蓄電デバイス(二次電池$&キャパシタ)市場実態/予測 -
77,000 円 2019/05/24
2019年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望 
− 次世代二次電池・二次電池市場実態/予測・関連部材・応用製品 −
77,000 円 2019/03/22
2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望 
− 次世代電池・大容量二次電池&キャパシタ市場実態・予測・部材 −
77,000 円 2019/02/22
2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望 
− 卒FIT・2050年予測・自家消費・ソーラー発電市場実態/予測・関連部材 −
77,000 円 2020/01/24
2020年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望 
− 次世代電池展望・二次電池市場実態/予測・関連部材 -
77,000 円 2020/02/21

発刊日

2019/11/15

体裁

B5 / 220ページ

販売価格

77,000 円
(本体70,000円 消費税7,000円)

発行

株式会社日本エコノミックセンター

備考

※上記価格は「書籍版」か「CDタイプ(PDF)」単独の値段になります。
※書籍版+CDタイプ(PDF):90,000円 その他にプレミアムCD(PDF+Excel):90,000円 などのラインアップを取揃えております。
備考欄に記載された価格は全て税抜き価格です。消費税を加えた金額での販売となります。

関連カテゴリ

電池・EV

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE