サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


Hodgkin Lymphoma - Epidemiology Forecast to 2029

非ホジキンリンパ腫:2029年までの疫学予測

レポート概要

本調査では、年齢と性別の診断発症率と有病率を使用して、年齢とHL発症率の有意な関係を考慮して、診断発症者数と有病者数を予測しました。推定診断発症者数を取得するために、可能な場合は常に、各国固有のHL発症率を適用しました。

HLはリンパ系に影響を与える癌性の状態であり、子供と大人の両方で発症します。 HLは、リンパ球と呼ばれる白血球の異常な成長から始まり、その後リンパ系を超えて広がり、体の免疫系を損なうまれな疾患です。HLは、cHLとNLPHLの2つの主要なグループに分類されます。cHLはさらにサブタイプ、すなわち結節性硬化症、混合細胞性、リンパ球豊富、およびリンパ球枯渇に分類されます。古典的形態は最も頻繁に発症するHLであり、HL症例のほぼ95%がcHLタイプに属しています。

2019年には、主要8市場(8 MM)でHLの診断発症者数は24,885人でした。これは、2029年までに27,134人に増加し、年間成長率(AGR)が0.90%になる見込みです。この増加は、それぞれの市場における根本的な人口動態の変化と相まって、8MMでの発症率の緩やかな上昇傾向に一部起因します。8 MMでは、cHLの診断発症者数は、AGRが0.88%で、2019年の22,815人から2029年の24,820人に増加し、NLPHLの診断発症者数は、2019年の2,074人からAGR 1.18%で2029年に2,314人に増加するでしょう。特に高齢患者のためのより効果的な治療法の開発は、HLからの生存を改善するでしょう。

■調査範囲

  • 8MM(米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本、中国都市部)におけるホジキンリンパ腫(HL)のリスクファクター、および世界的動向の概要を説明しています。
  • 8 MMのすべての年齢層における次のセグメンテーションの10年疫学予測も含まれています。
    ➣ HLの、古典的HL(cHL)、結節性リンパ球優位HL(NLPHL)の診断発症者数。
    ➣ 0歳から85歳以上までの10歳ごとの年齢層および性別で区分されたcHLの診断発症者数
    ➣ cHLの5年診断有病者数
    ➣ がんの病期分類(ステージI〜IV)によるcHLの診断発症者数
    ➣ サブタイプごとのcHL診断発症者数(結節性硬化症、混合細胞性、リンパ球豊富、およびリンパ球枯渇)。
  • 本レポートは、修士および博士レベルの疫学者によって書かれています。
  • 本レポートは、主要8市場における同疾患の動向に対する専門家の分析に基づく、詳細・高品質・明確な市場主導型のレポートです。

レポート詳細

目次

1 Table of Contents
1.1 List of Tables
1.2 List of Figures

2 Hodgkin Lymphoma: Executive Summary
2.1 Catalyst
2.2 Related Reports
2.3 Upcoming Reports

3 Epidemiology
3.1 Disease Background
3.2 Risk Factors and Comorbidities
3.3 Global and Historical Trends
3.4 Forecast Methodology
3.4.1 Sources
3.4.2 Sources Not Used
3.4.3 Forecast Assumptions and Methods
3.5 Epidemiological Forecast for Hodgkin Lymphoma (2019-2029)
3.5.1 Diagnosed Incident Cases of Hodgkin Lymphoma
3.5.2 Diagnosed Incident Cases of Classical Hodgkin Lymphoma
3.5.3 Age-Specific Diagnosed Incident Cases of Classical Hodgkin Lymphoma
3.5.4 Sex-Specific Diagnosed Incident Cases of Classical Hodgkin Lymphoma
3.5.5 Diagnosed Incident Cases of Classical Hodgkin Lymphoma by Cancer Stage
3.5.6 Diagnosed Incident Cases of Classical Hodgkin Lymphoma by Cancer Subtypes
3.5.7 Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of Classical Hodgkin Lymphoma
3.5.8 Diagnosed Incident Cases of Nodular Lymphocyte Predominant Hodgkin Lymphoma
3.6 Discussion
3.6.1 Epidemiological Forecast Insight
3.6.2 COVID-19 Impact
3.6.3 Limitations of Analysis
3.6.4 Strengths of Analysis

4 Appendix
4.1 Bibliography
4.2 About the Authors
4.2.1 Epidemiologist
4.2.2 Reviewers
4.2.3 Global Director of Therapy Analysis and Epidemiology
4.2.4 Global Head and EVP of Healthcare Operations and Strategy
4.3 About GlobalData
4.4 Contact Us
4.5 Disclaimer

List of Tables
Table 1: Summary of Newly Added Data Types and Countries
Table 2: Summary of Updated Data Types
Table 3: HL Cancer Stages
Table 4: Risk Factors and Comorbidities for HL

List of Figures
Figure 1: 8MM, Diagnosed Incident Cases of cHL, Both Sexes, All Ages, 2019 and 2029
Figure 2: 8MM, Diagnosed Incidence Rates of cHL, All Ages, Both Sexes, Cases per 100,000 Population, 2009‒2029
Figure 3: Sources Used for Diagnosed Incident Cases of HL, cHL, and NLPHL
Figure 4: Sources Used for Diagnosed Incident Cases of cHL by Stage
Figure 5: Sources Used for Diagnosed Incident Cases of cHL Subtypes
Figure 6: Sources Used for Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of cHL
Figure 7: 8MM, Diagnosed Incident Cases of HL, Both Sexes, All Ages, N, 2019
Figure 8: 8MM, Diagnosed Incident Cases of cHL, Both Sexes, All Ages, N, 2019
Figure 9: 8MM, Age-Specific Diagnosed Incident Cases of cHL, Both Sexes, N, 2019
Figure 10: 8MM, Sex-Specific Diagnosed Incident Cases of cHL, All Ages, N, 2019
Figure 11: 8MM, Diagnosed Incident Cases of cHL by Cancer Stage at Diagnosis, Both Sexes, All Ages, N, 2019
Figure 12: 8MM, Diagnosed Incident Cases of cHL by Cancer Subtypes, Both Sexes, All Ages, N, 2019
Figure 13: 8MM, Five-Year Diagnosed Prevalent Cases of cHL, Both Sexes, All Ages, N, 2019 and 2029
Figure 14: 8MM, Diagnosed Incident Cases of NLPHL, Both Sexes, All Ages, N, 2019

発刊日

2020/06/15

体裁

PDF / 44ページ

販売価格

3,995USD

発行

GlobalData

備考

※ご請求は、お申込日のTTSレートで円換算し、消費税を加えた金額になります。
※販売価格はシングルユーザーライセンスのものとなります。他のライセンス形態・価格に関しましてはご相談下さい。
※本レポートは、英文です。PDF(電子媒体)での納品となります。
※本レポートは取り寄せとなりますので、申し込みからお届けまで、多少時間が掛かる場合がございます。

関連カテゴリ

疾病別治療・領域別治療 / メディカル・バイオ(その他)

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE