サイト内検索


登録済み会員ログイン




未登録の方はこちらから登録できます。
新規会員登録


ご利用案内

ご利用案内


連絡先

TEL.03-5812-5270
FAX.03-3831-0495
E-mail:info@spi-information.com


関連サイト・サービス

市場調査のご依頼、専門分野のイベント・フォーラムの開催などは シード・プランニングにて承っております。

シードプランニング

世界の医療・医薬品産業レポートのデータベースサービスは、sekairyo.comにてご利用いただけます。

sekairyo.com

医療従事者へのあらゆる形態の調査は、メドサークルにお任せ下さい。

メドサークル


セキュリティについて

当サイトのコンテンツ利用時に送信される機密情報は、Verisign認証の元暗号化されて送信されます。


スマート水産・漁業の取組みを取材 システム・サービス製品の概要、今後市場性について検証!

スマート水産の現状と将来展望

〜スマート水産・漁業の社会実装動向〜 -2020年版 一次産業IT化シリーズ・レポート-

レポート概要

日本の周辺には豊かな漁場が広がり、漁業・水産業は多種多様な水産物を供給してきました。
人口減少高齢化が進んでいる中、漁業を担う漁業者にも高齢化が進み、漁業者人口の減少が進み漁業生産量はこの30年で約3分の1に減少しています。

また、気候変動等による海洋環境の変化は、水産資源の分布・回遊などにも大きな影響を与えています。周辺海域での外国漁船の操業も活発化し、漁業や漁村を取り巻く環境の変化も大きくなっています。漁業の生産現場では、課題解決に向け様々な取組みが行われています。そうした取り組みの一つとしてICTなどの新技術で、水産資源の確保と漁家の経営安定・収益の増進を図る取り組みがスマート水産の社会実装です。

平成30年度に約70ぶりの漁業法改正を含む水産政策の改革が行われました。水産政策の改革では、目指すべき将来像として「水産資源の適切な管理」と「水産業の成長産業化の両立」を掲げ、漁業者の所得向上、年齢バランスの取れた漁業就業構造の確立とされ、スマート水産の実装を唱っています。

本レポートは、スマート水産の社会実装のロードマップを参考に、漁業IT化、スマート水産の現状を把握、今後の市場成長性、課題等について、参入各社にヒアリングし整理しました。

当該分野において事業展開を図る企業・事業者様、企業の担当者様において、有意な情報として活用頂けましたら幸甚です。

サンプルを見る

レポート詳細

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

https://www.seedplanning.co.jp/press/2020/2020072001.html

スマート水産・漁業の社会実装、レポート掲載企業

■ 水中ドローン/ROV
(株)キュー・アイ、 広和(株)、 (株)スペースワン、 JOHNAN(株)、 (株)FullDepth

■ 漁業水産加工・漁協組合販売管理システム
(株)内田洋行ITソリューションズ、(株)SSP、(株)SJC、(株)東総コンピュータシステム、
日本事務器(株)、林兼コンピュータータ(株)

■ 養殖関連システム(センサ、監視システム、給餌・養殖システム他)
(株)アイエンター、(株)パシフィックシステム、JFEアドバンテック(株)、ウミトロン(株)、
福伸電機(株)、東京産業(株)(AKVA)、日鉄エンジニアリング(株)、アークシステム(株)、
ファーストシーン(株)、マクロネット(株)、日本無線(株)

■ 操業支援(漁獲・海象予測、ICTブイ)
(株)オーシャンアイズ、ライトハウス(株)、一社)漁業情報サービスセンター、
(株)グリーン&ライフ・イノベーション、(株)KDDI総合研究所、NTTドコモ(株)

調査目的

  • 水産・漁業の現状把握
  • スマート水産の社会実装に向けた取組み

調査項目

  • スマート水産・漁業への取組み概要
  • スマート水産での製品・サービス名称、概要
    製品・システム・サービスの価格実体
  • 当該製品・サービスの導入実績、課題
  • 今後の市場性について、トピック実証事例など

目次概要

◇スマート水産・漁業とは
 1.国(行政)の動向
 2.スマート水産の実現に向けた取組み
 3.スマート水産の社会実装に向けた取組み

◇スマート水産の市場動向
 1.スマート水産・漁業システム市場規模推移
 2.分野別の市場動向
  1)水中ドローン
  2)漁業販売管理・水産加工システム
  3)養殖関連システム(センサ、自動給餌、生簀、監視)
  4)操業支援・漁労システム(海象予測、漁獲、ICTブイ)

個別企業編
 1)ドローン参入企業:5社の取組み状況(販売実績・他)
 2)漁業協同組合販売管理システム・水産加工販売管理システムの
   参入企業6社:システム概要(機能、価格、実績、競合製品等)
 3)養殖関係での参入企業11社:取組み概要、製品サービス、
   価格、実績、今後市場性
 4)操業支援・漁労システム参入企業6社:取組み概要、
   サービス製品概要、価格情報、実績、課題など

関連マーケットリサーチレポート

調査資料名 価格 発刊日
農業IT化とスマート農業 現状と将来展望 
2018年版 農業IT化レポート
137,500 円 2018/08/20
2016年版 完全人工光型植物工場の事例データと将来推計 
132,000 円 2016/06/13

発刊日

2020/06/30

体裁

A4 / 190ページ

販売価格

143,000 円
(本体130,000円 消費税13,000円)

発行

株式会社シード・プランニング

備考

※販売価格欄に記載されている金額は「書籍版」または「PDF版(CD-ROM)」単独での価格です。
※書籍版+PDF(CD-ROM)版セット : 160,000円+消費税
※書籍版は受注後に印刷するため、発送まで10営業日程度要します。

関連カテゴリ

インターネット通信インフラeビジネス / 携帯電話モバイル / エレクトロニクス・IT(その他) / エネルギー・環境(その他) / その他

購入・お問い合わせ

このレポートを購入

詳細を問い合わせる


PAGE