世界中の市場調査レポートを販売!当社に無いレポートもお探しします。

レポートナンバー 0000027313

2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望

株式会社日本エコノミックセンター

- アフターコロナとエネルギーデバイス 〜 EMCノイズ対策市場実態/予測 -

発刊日 2020/06/19

言語日本語

体裁B5/200ページ

ライセンス/価格200ページ

0000027313

B5版 77,000 円(税込)

※上記価格は「書籍版」か「CDタイプ(PDF)」単独の値段になります。
※書籍版+CDタイプ(PDF):90,000円 / 書籍版+プレミアムCD(PDF+Excel):110,000円 / プレミアムCD:90,000円 他、A4 タイプ、章単位レポートなどニーズに対応した商品を提供しております。
備考欄に記載された価格は全て税抜き価格です。消費税を加えた金額での販売となります。

無料サンプル

  • サンプルはお問い合わせください。

レポート概要

 新型コロナ感染による部品メーカーへの影響が懸念されますが、EMCノイズ対策部品の重要性が高まっています。デジタル機器における高速化、高周波の利用の多様化などで、ノイズが社会的な問題に発展、各国はノイズに関する法規制を強化する一方、業界ではノイズを出さない、ノイズに耐えられる製品の開発が定着化しています。そうした中、自動車は快適、信頼性、安全などをキーワードに社内ネットワークのノイズ対策を強化。スマホでは超小型ノイズ対策部品の開発が活発化しています。自動車向けは電子制御装置(ECU)の搭載点数が増加、機器間を接続するためのインターフェイスにおけるノイズ対策が必要不可欠です。重要性を増しているのは、自動運転に向けたノイズ対策。ADAS(先進運転支援システム)の搭載が本格化しており、カメラ、レーダーなどの誤動作は許されないため強固な対策が求められています。特に車載ネットワークのノイズ対策強化が求められています。スマホ向けは小さなボディに多くの機能が搭載されるようになり、部品の実装密度は高まるばかりです。そのため隣接部品間の電波干渉の対策を施すことが重要です。5Gやマルチバンド化するために利用周波数が複数化することなどから、より高度な対策が必要となっています。産業分野向けはモータ駆動、インバータの普及などによってノイズ対策の重要性が一段と高まっています。

レポート詳細

目次

第Ⅰ章 EMC・ノイズ対策部品市場の動向と展望
 1.EMC・ノイズ対策世界市場の動向と展望
  (1) EMC・ノイズ対策世界市場概況
  (2) EMC・ノイズ対策世界市場推移予測/構成比率
   ①EMC・ノイズ対策世界市場推移予測(数量)
   ②EMC・ノイズ対策世界市場推移予測(金額)
   ③EMC・ノイズ対策市場製品別推移予測(数量)
   ④EMC・ノイズ対策市場製品別推移予測(金額)
   ⑤EMC・ノイズ対策世界市場構成比率(金額)
 2.EMC・ノイズ対策国内市場の動向と展望
  (1) EMC・ノイズ対策国内市場の動向
   ①EMC・ノイズ対策市場推移予測(数量)
   ②EMC・ノイズ対策市場推移予測(金額)
  (2) 各種ノイズの発生源と種類
  (3) EMC・ノイズ対策製品の分類と動向
  (4) メーカー別EMC・ノイズ対策製品一覧(表)
 3.弊社実態調査集計資料(2016~2020年度)
  (1) EMC・ノイズ対策関連メーカー別市場動向
   ①EMC・ノイズ対策市場規模推移予測(表)
   ②EMC・ノイズ対策市場メーカー別シェア
   ③EMC・ノイズ対策市場メーカー別推移予測
   ④EMC・ノイズ対策市場製品別シェア
   ⑤EMC・ノイズ対策市場製品別推移予測
  (2) EMC・ノイズ対策関連製品別市場動向
  (ノイズフィルタ/コイル・インダクタ/フェライトコア/チップビーズ
   (ビーズコア)/サージアブソーバ/バリスタ/ノイズ対策コンデンサ/
   ノイズ抑制(吸収) シート/サーミスタ)
  (3) 製品別・メーカー別ノイズ対策市場推移・予測

第Ⅱ章 受動部品・デバイス市場の動向と展望
 1. 受動部品・デバイスの概要と動向
 2. 電子情報産業の市場概況と動向
  (1) 電子情報産業の世界生産見通し
  (2) 日系企業の世界生産見通し
  (3) 電子工業の国内生産見通し
 3. 日系企業グローバル出荷金額推移・予測
 4. EMC・ノイズ対策デバイス国内統計資料
  (1) ノイズ対策デバイス生産数量・金額推移
  (2) ノイズ対策デバイス輸出入数量・金額推移

第Ⅲ章 EMCノイズ対策技術動向と規格・規制
 1.EMC・ノイズ対策の技術動向
  (1) EMC国際規格の最新動向
  (2) 主要パターン別の技術開発動向
  (3) 測定・評価施設の技術開発動向
  (4) 環境・エネルギー分野でのノイズ対策
 2.新製品開発などの技術開発動向
  (ノイズ対策部品新製品の動向/ケーブルのノイズ対策技術/ノイズ抑制シートの
   技術動向/周波インダクタの技術動向/車載LAN用ノイズ対策について/
   小型の車載パワーチョークコイル/メタル系パワーインダクタの動向/
   車載インフォメーション機器用パワーインダクタ/低価格スマホ向けパワー
   インダクタ/パワーコンディショナ用ノイズフィルタ/ノイズ測定と
   その対策について/MHLの送信側ノイズ対策動向/その他技術)
 3.EMC・ノイズ対策関連国際規格について
 4.EMC指令と関連規格・規制

第Ⅳ章 EMC・ノイズ対策関連市場の動向と展望
 1. EMC・ノイズ対策関連市場の概況と動向
  (1) ノイズ対策関連市場概況と動向
   ①ノイズ対策関連市場推移・予測
   ②用途別ノイズ対策世界市場推移・予測
   ③用途別ノイズ対策世界市場構成比率
   ④用途別ノイズ対策メーカーシェア
 2. スマートフォン市場の動向と展望
  (1) スマートフォン市場概況と動向/市場規模・シェア
 3. タブレット端末市場の動向と展望
  (1) タブレット端末市場概況と動向/市場規模・シェア
 4. 携帯電話市場の動向と展望
  (1) 携帯電話市場概況と動向/市場規模・シェア
 5. ノートブック市場の動向と展望
  (1) ノートブック市場概況と動向/市場規模・シェア
 6.パソコン市場の動向と展望
  (1) パソコン市場概況と動向/市場規模・シェア
 7. デジタルカメラ市場の動向と展望/市場規模・シェア
 8. 薄型テレビ市場の動向と展望
  (1) 薄型テレビ市場概況と動向/市場規模・シェア
 9. 環境対応車市場の動向と展望
  (1) 国内自動車市場概況と動向/市場規模・シェア
 10.カーナビゲーション市場の動向と展望
  (1) カーナビゲーション市場概況と動向/市場規模・シェア
 11.有力EMC・ノイズ対策関連市場の動向と展望
  (1) ウエアラブル機器市場の動向と展望
  (2) パワーコンディショナ市場の動向と展望
  (3) LED照明市場の動向と展望
  (4) 回路保護用部品の動向と展望

第Ⅴ章 EMCノイズ対策関連メーカーの動向と展望
 1.主要関連メーカーの動向と展望(2018~2022年度)
  ※ 調査個票:企業概要、製品別、出荷金額、関連動向・他
  (FDK(株) / 岡谷電機産業(株) / 北川工業(株) / 京セラ(株) /
   コーセル(株) / サガミエレク(株) / スミダコーポレーション(株) /
   星和電機(株) / 双信電機(株) / 太陽誘電(株) / (株) タムラ製作所 /
   TDK(株) / (株) トーキン / 東光 (株) / パナソニック(株) AIS社 /
   日立金属(株) / (株) MARUWA / 三菱マテリアル (株) / (株) 村田製作所)
   ※ 以上、計19社(50音順)

この商品のレポートナンバー

0000027313

このカテゴリのレポート

2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望

− EMC・ノイズ対策市場/実態・関連技術・応用市場 −

スマート・デバイス 〜 Emc・Noise編

発刊日2019/06/21 価格 77,000 円(税込)

2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と来展望

- Withコロナと電子デバイス 〜 コンデンサ・EMC対策部品・抵抗器 -

発刊日2020/07/17 価格 77,000 円(税込)

2021年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望

- Withコロナと電子デバイス 〜 コンデンサ市場実態/予測・技術・応用製品 -

発刊日2020/10/16 価格 77,000 円(税込)

TOP